恐るべし!

夫に届いた義父からのメール。
簡単な操作方法だけ夫は教えたのです。
メールを使うとは思わなかった、って・・・
だからメールは独学です。
遠くに住む小学校低学年のひ孫がメル友!

絵文字もちゃんと入っているし・・・
恐るべし、91歳!

91歳からのメール

[PR]

# by anello63 | 2008-06-16 21:01 | 健康 | Comments(6)

加藤登紀子コンサート 2008年


加藤登紀子のコンサートに行ってきました。

2008年6月15日(日) 16:30~
於:神奈川県民大ホール

横浜

会場の神奈川県民ホールは山下公園が目の前です。
お天気もよかったのでとてもたくさんの人たちがいました。
わんちゃんもワンサカ!
日差しは強いけれど吹く風がさわやか~♪

向かって左側の「HAPPY LAWSON」には
横浜限定のビールや赤い靴グッズのおみやげもあり、
見るだけでも楽しいですね。



加藤登紀子のコンサートは・・・
出だしから大丈夫?と、
聴いていた方全員が心配したほど声が出ていなくて、
声もかすれて、こちらも歌を楽しむどころではありません。

本人はMCではコロコロと、よく笑い中島みゆきとの
出会いの話などをされていて元気いっぱい風。

ちょうど2年前聴きに行った時
とは、大違いでとっても残念。

それでも15分の休憩のあとの2部では、
特に「愛の賛歌」が大迫力。
1部のことがうそのよう。

SONGS 歌が街に流れていた

1部
I LOVE YOU
狂った果実
わが人生に悔いなし
難破船
この空を飛べたら
わかれうた
時代おくれの酒場
悲しくてやりきれない
夜空ノムコウ

2部
夜のプラットホーム
フランチェスカの鐘
みだれ髪
愛燦燦
愛の賛歌
LOVELOVELOVE
蒼空

アンコール
?(題名忘れました)
百万本のバラ
飾りじゃないのよ涙は




夫もこの日、近くで用事があったのでコンサート前に合流。
終わったあとでそのまま中華街聘珍樓(ヘイチンロウ)で夕食。
メニューの「ホリデーコース」は
いつも中華ランチで出てくるメニューと同じ?(涙)
デザートも「どうかマンゴープリンでありますように!」
と言う私のささやかな願いも空しくやっぱり杏仁豆腐。
まぁ、いいけれど・・・
お味は普通です。

日曜日の7時半ごろだから空いていると思ったら
あれよあれよと言う間に満席。

このお店の何がいいかって・・・
帰るとき希望すれば無料で
横浜駅東口まで車で送ってくれることです。


父の日のプレゼント・・・
長女からは四輪の横長のキャリーバック。
夫が探していたものだけれどちょっと大きくない?

次女からはビルケンシュトックのサンダル。
また白。
自分で選んだらこの色は選ばないわよね。

でもいいんです。夫は喜んでいました。

父の日のプレゼント

[PR]

# by anello63 | 2008-06-15 23:48 | 音楽 | Comments(4)

2008年 韓国旅行記 1日目①


5月に韓国のソウルへ3泊4日で
お友だち(キョンちゃん)とふたりで行ってきました。
今回もツアーですが、全てフリーです♪

機内食

2008年5月11日(日)

天気予報では旅行中ソウルはずっと雨が付いていました。
しかもこんな時期に何故か台風が近づいている模様(涙)!

そんな時は開き直りが必要です。
きっと、大丈夫じゃない?
前も台風の時に飛行機は飛んだし、
雨でもソウルの地下街は商店がたくさんあるから便利だし。
(多少の強がりはあったにせよ・・・)

最寄の駅までキョンちゃんのご主人の車で
送ってもらう頃には小雨になっていました。



連休明けの成田空港はガラガラ。
いつものメンバーで行くときは集合時間ぎりぎりに行くけれど、
今回はかなり早めに行ったら手続きもあっという間に終わり、
成田空港限定の「ようじや」のグッズなども試用したり・・・
時間がたっぷり、余裕、余裕♪

キョンちゃんがまだ朝ごはんを食べていなかったと言うので
マックでコーヒーとハンバーガーを・・・つられて私も(汗)。
両方で200円ってお値段は嬉しい。味は二の次、三の次ということで。

えー?
まだ時間があるの?
行ってみる?


窓の外には小雨に煙る搭乗を待つ飛行機。
誰もいない搭乗口付近の10分200円の
マッサージチェアでリラックス!
ふ~、極楽極楽♪

教訓その① 
あまり早く成田に着いてしまうのも、
ダレテしまうものでございます。(ポリポリ)



それでも乗り込んだ飛行機の席は、
不思議なことにほぼ埋まっていました。
さぁー、2005年9月以来の韓国、楽しみです♪



ラマダホテル&スイートソウルセントラル

[PR]

# by anello63 | 2008-06-15 01:41 | 2008年韓国

« home---