2018年 02月 27日 ( 1 )

楽しませてくれた2018年平昌オリンピック

気が付けば1週間、ブログも放置していました('◇')ゞ
楽しませてくれた平昌(ピョンチャン)オリンピックも終わってしまいました。
ハーゲンダッツの華もち「栗あずき」(期間限定)。
小豆が好きだけれどこれはちょっと甘すぎませんか?

b0120541_23421963.jpg

一番の感動はスピードスケート500mでの小平奈緒選手。

オリンピックレコードで金メダルを取った後のウイニングランで、3連覇を逃した韓国の李相花選手に国旗で肩を覆うように抱き寄せて労いとリスペクトしていると話しかけたという場面でした。

金を取った瞬間よりも感動!ウルウル。


今年からの新種目、女子マススタートの決勝もあの小さな体で最後のカーブで膨らんだ先頭選手の内側からすり抜けて堂々の金メダルを獲得した高木菜那選手。これで少しは妹さんに対するライバル心も和らぐでしょうかね。



同じく高木姉妹を含む3人で滑るパシュート。

マススタートもパシュートも知りませんでした。

パシュートはスタート位置が半周ずれているので、どちらが先行しているのかわかりやすくて抜きつ抜かれてドキドキ感がたまらなかったです。金メダルも嬉しかったですね。


女子カーリングの3位決定戦。

10エンドの最後の最後でイギリスのミスによってイギリスのストーンがはじき出されて日本のストーンがスッとハウスに滑り込んで止まった瞬間。

もう負けたと思ったのに大逆転。もうびっくり。何と言う幸運。銅メダル獲得でした。


金メダルも期待されていた渡部暁斗選手、ワックスが剥がれちゃったのかな?とか心配していたけれどまさか直前に左肋骨を折っていたとは。

全3種目に出場、個人ノーマルヒルで銀メダルを取ったし痛い顔一つせずストックを着いていましたよ。

どれだけの精神力の持ち主なんざんしょ。



ジャンプで夜中に雪がちらつく中、ジャンプ台の上で待たされている選手たちがかわいそうでした。

こんな夜中に競技をしなくてはならないなんて、どこかの大スポンサーのせいらしいらしいけれどあまりにも選手に過酷すぎですよー!


競技以外でも、ある海外の選手の50代のご両親がスイスから自転車で1年かけて試合を観に来たって話もあちこちの番組で放送していました。すごいご夫婦です!

  

チェコのエステル・レデツカ選手はスノーボードの選手でスノーボードパラレル大回転で

金メダルを取り、その後借り物のスキー板で臨んだアルペン女子スーパー大回転も金メダルをゲットしました!

すでに前にゴールした選手の優勝と誰もが思っていたところに本人もびっくりの結果。

インタビューもまさか金を取るなんて思っていなかったのでノーメークだからと大きなゴーグルをかけたまま。


何が起こるかわからない、そこがとても面白い。

・・・と言うかそちらの方が面白い。

韓国と北朝鮮の合同の女子ホッケーでどうなってしまうの?と思いながら始まった2018年韓国平昌オリンピック。朝から晩まで楽しませて頂きました。

次は39日(金)から始まるパラリンピックも応援しなくちゃ♪





HOTな食べ物教えて!



[PR]

by anello63 | 2018-02-27 23:41 | スポーツ | Trackback | Comments(2)

« home---