世田谷観音 豪徳寺の招き猫

2018年2月4日(日)

夫と世田谷観音と豪徳寺へ行って来ました。

小田急線からの乗換駅、世田谷線山下駅で招き猫電車を発見!
私たちは三軒茶屋に向かいます。

b0120541_12001511.jpg



三軒茶屋駅そばのキャロットタワー26階でランチです。
26階には無料の展望台とカフェとレストランがあります。

レストランの11時オープン同時に入店だったので窓際の席でした(*^^)v
お天気が良くて遠くまで見渡せます。東京タワーとスカイツリーも見えます。

夫はセレクトランチセット(B)中華ですね。1600円
私はキャロットワンプレート(カニクリームコロッケ、ローストポークなど、スープ付)1600円
コーヒーは300円。全て税込。

コーヒーのお代わりは?と聞かれ頂きました。
お食事も美味しかったし、お勧めです。

b0120541_12011372.jpg

b0120541_12012696.jpg



世田谷観音

地図を見て行ったのでこちらの入口が近いと思ったのですが、裏門のようでした(汗)

b0120541_12070722.jpg

仁王門
天井には鳴龍があり両手をパンパンと叩くと・・・
ここの狛犬は鉄製?初めて見たような。
b0120541_12015741.jpg


六角堂(不動堂)
b0120541_12023067.jpg


阿弥陀堂(韋駄天)
阿弥陀如来、五百羅漢九体、韋駄天神などが安置されています。

b0120541_12030086.jpg


もう紅梅が咲いていましたよ。

b0120541_12031803.jpg



いろいろな像が・・・

b0120541_12034860.jpg



さざれ石

b0120541_12054809.jpg



正面は観音堂(本堂)
左の建物は特攻観音堂。世界平和を願う碑なども。

b0120541_12060553.jpg



観音堂の右手に水屋と三鈷の松。
今回、この世田谷観音に来た目的はこの三鈷の松の落ち葉を拾いに来ることでした。
去年、永観堂に行った時に見た三鈷の松。
帰ってからネットで見たら世田谷観音にもあるのを知りました。

b0120541_12064018.jpg


三鈷の松(さんこのまつ)の葉。
この葉を持っていると良いことがあるかも。

b0120541_12065485.jpg

この日は、若い人も含めてお参りに来ている人が結構いました。
近くて好きな場所でよく来られるという若い女性はこの松の事は初めて聞いたとのことでした。
想像以上に楽しめた世田谷観音でした。


世田谷観音裏門のすぐそばにバス停があります。本数も結構あり。
行きは歩きましたが帰りはバスで三軒茶屋駅まで帰りました。


b0120541_12072882.jpg




次は豪徳寺に向かいます。
世田谷線宮の坂駅で下車。ホームの下に電車が。
休憩所?お弁当を食べている人がいましたよ。

b0120541_12080555.jpg



豪徳寺は井伊直弼のお墓があるお寺(彦根藩井伊家の菩提寺)としても有名ですが、招き猫の観音堂が海外の人や観光客にも人気のようです。
私も今日はネコちゃん目当てです。

仏殿

b0120541_12083968.jpg



三重塔

b0120541_12085596.jpg



コの字型に大小の招き猫がい~っぱい!
かわいいかと言うとそうでもない。
これだけ並ぶと妙に怖さを感じます。人がたくさんいて救われました(汗)

b0120541_12092633.jpg



揃って右手を挙げて福を呼んでいます。

b0120541_12094387.jpg



彦根藩主井伊直孝が猫の手招きで門内行ってみると、その直後さっきまで雨宿りしていた木に雷が落ちた。雷雨を避けれた上に和尚の法談を聞くことが出来大いに喜び、後に井伊家の菩提寺にしたらしいです。

この言い伝えから招猫観音を祀り、招き猫(豪徳寺では“まねぎねこ”と呼ぶ)を授与するようになったとか。
彦根のゆるきゃらのひこにゃんもこのことから来ているようですよ。

b0120541_12100062.jpg



灯篭の中にもちゃっかり♪
今の時期が一番数が多いみたいです。

b0120541_12102177.jpg



山門の前に松並木の参道がありました(こちらは通りませんでした)

b0120541_12103727.jpg



小田急線の豪徳寺駅までは歩いて10分くらい。
てくてく商店街を通って行きました。

新宿駅地下にある「墨繪 (スミノエ)」のパン屋さんが商店街に出来ていました。
さっそく購入♪
チョコ入りのパン。もっちりして美味しい。
右のカレーパン。ちょっと油ギトギトだけれどビーフがゴロゴロ入っていました。
二つともとっても美味しいです。

b0120541_12104977.jpg

この日は寒さも少し緩んで歩くのも苦になりませんでした。



[PR]

by anello63 | 2018-02-06 12:02 | 国内・お出かけ | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : https://anello63.exblog.jp/tb/28078124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yasukon20 at 2018-02-06 13:46
この招き猫ちゃんたち ブロ友さんがよくアップされているのと同じかな?
世田谷には間違いないのですが・・。
>これだけ並ぶと妙に怖さを感じます。人がたくさんいて救われました・・・って 私もきっとそこへ行けば同じことを思うかも知れないと思いました(笑)
 ランチもお手頃価格で美味しそうですね。
Commented by 2005-1127 at 2018-02-06 16:54
こんにちは♪
眺めのいいレストランですね!
お天気が良くて空もきれいです。
梅が咲いてるのを見ると、ホッとします。
Commented by yattokamedagaya at 2018-02-06 19:38
井伊家のルーツが故郷の近くだということは
去年の大河ドラマを観るまで知りませんでした(笑)。
豪徳寺の招き猫は、目に光がなくて無表情だから
恐いんじゃないでしょうかね。あと白さかな。
日が沈む頃に見ると、何か違う世界に
引きづり込まれるような気がします。
Commented by htokuyama3 at 2018-02-06 21:19
見どころ満載ですね ランチもグーですね 流石に旅の達人だと感服しています
行ってみたいな~~
Commented by banban0501 at 2018-02-06 21:53
凄い数の招き猫ですね

壮観ですね!

豊川稲荷の 狐塚のようです

これからも増えていきそう!
Commented by anello63 at 2018-02-06 23:48
☆yasukonさん、
噂どおりの招き猫のオンパレードでした。
多分、世田谷だったらこの豪徳寺に間違いないと思います。
次から次へと観光客と思しき人々がカメラを向けていました。
サイズは2cmから30cmまであるそうですよ。
もうちょっと顔が可愛ければ怖くないかもしれませんね。
Commented by anello63 at 2018-02-06 23:58
☆モンスーンさん、
この日はレストランからの眺めも最高でずーっと遠くまで見えましたよ。
夜はもっと綺麗ですよ♪
やっぱり窓際の席はゆっくり出来るしいいですね。
Commented by anello63 at 2018-02-07 00:03
☆やっとかめさん、
大河ドラマ全然見ていません。
故郷が近いとなるとぐっと親近感が湧きますね。
確かにここの招き猫の表情がイマイチですね。
猫とか狐は特に怖いんですよ~!
・・・それなのに、観に行ってきました(#^^#)
Commented by anello63 at 2018-02-07 00:27
☆美波さん、
そちらは今大雪で大変な事になっているそうですね。
外になかなか出られない時期、やっぱりチクチクですかね(*^^)v
レストラン、出る頃には行列でした。

Commented by anello63 at 2018-02-07 00:34
☆banbanさん、
豊川稲荷は行ったことが無いけれど、ネットで見たらお狐様が・・・遥かにこわいです!
去年主人が豊川稲荷に初めて行きましたが、着いて行けば良かったと後悔しています。
今度機会があれば行ってみたいです。
Commented by 讃岐おばさん at 2018-02-07 10:25 x
世田谷の桜新町にペンフレンドがいます。
中学生の時に漫画本を通じて文通をしていました。
お互いに絵を描くのが好きでした。
新婚旅行には讃岐に来られて、私は間もなく長女が産まれるという大きなお腹で栗林公園を案内しました。
東京へ行くことは滅多にないのですが、必ずホテルまで来てくれたり一緒に食事をしたり、今でも続いています。
そうそう、私の会社の本社研修で千歳船橋へ行った時もご主人と一緒に来てくれたり。
今は研修所も千葉ニュータウンに移転しています。
世田谷って聞くと懐かしいです。
Commented by anello63 at 2018-02-07 13:00
☆讃岐さん、
「ペンフレンド」懐かしい!
そうそう雑誌でペンフレンド募集!なんて言うのがたくさんありましたね。
全く知らない人との共通の趣味で手紙のやり取りが楽しかったです。
私も数人と文通していましたがもう今は・・・今は手紙を書くことさえ少なくなってしまいました。
今も続いているなんて人との繋がりを大切にしている讃岐さんらしいです。
名前
URL
削除用パスワード

« home--- << なぜ、こうなるの? 魅惑のドルチェバー マンゴー >>