2009年 トルコのお土産

2009年 トルコ旅行記は左側のカテゴリ、またはタグの
「2009年トルコ」よりご覧ください。

トルコのことを「トルコ」と呼ぶのは日本人くらいだそうで
地図などはみんな「Turkey(ターキー)」となっています。

でも英語の七面鳥(ターキー)と同音なのでトルコの人たちは
トルコ語の「トルコ」はTurkiye (トゥルキエ)なので
そう呼んで欲しいらしいですね。

ライン

2009年1月30日~2月6日に行ったトルコのお土産♪

壁掛け

上:バクル・タバック(銅皿)実は数年前にフリマーで買ったもの!
このお皿の裏を見るとちゃんと「Turkey」と書いてありました。
その時はトルコ=Turkeyとは知らなかったものね。
ただ綺麗だから買っておいたのでした。
これより下は全て現地トルコで本当に買ったもの(#^.^#)

下:手書きのお皿。
2日目カッパドキアの地下都市カイマクルの出口付近に
ずらりと並んだお土産やさん日本円で1000円で購入。
オフシーズで閉まっている所もあったけれど冷やかしのつもりで
覘いているうちに好きな色と絵柄に出会って。
チューリップの絵柄のプリントものの壁掛けも
おまけに付けてくれましたが、これはいらなかったね。



6日目グランドバザールで柄違いの小皿を買いました♪
値切りました!16トルコリラ。
安いんだか高いんだかよくわからないけれど・・・

小皿表

裏も柄違いです。

小皿裏

グランドバザールは時間が少なくてほんの入り口付近しか
行くことができなかったけれど、いろいろなものが天井いっぱいに
ディスプレイされていて見ているだけでワクワクしました。
もっとゆっくり見たかったけれど雰囲気もたっぷりと楽しめたし、
今思うとこれはこれでよかったのかも・・・


帰りのイスタンブールの空港のお店で小さな銅製のフライパン購入♪
フライパン


次女にいつも頼まれるマスカラ。
成田空港で買ってしまいました。

マスカラ


トルコはオリーブの生産量も多いということでオリーブ石鹸。
パッケージの違いにお気づきでしょうか?
私もこれを書いていて初めて気が付きました(^^ゞ
左端は英語で書かれていて、他の二つはたぶんトルコ語でしょうね。
5日目チャナッカレのショッピングセンターにて。

オリーブ石鹸


クッションカバー
トイレ休憩で立ち寄ったお土産屋さんにて。

クッションカバー


カッパドキアの洞窟住居に住む一般家庭を訪れた時に購入。
そこのお嫁さんの作った作品。縁取りのオヤがかわいい。

スカーフ


トルコのお土産食べ物

右上:乾燥いちじく
右中:蜂の巣入り蜂蜜、濃厚で美味しい
右下:チャイ トルコでは気に行ってよく飲んでいましたが
日本で飲んだら普通の紅茶の味と大して変わらず・・・

左上:ラク(ラキとも言う)です。ぶどうの蒸留酒。
アルコール度は45度。独特の癖のあるお酒。
夫はアルコールが大好きでお酒なら何でも飲みますが、
珍しくこのラクにはお手上げだったようです。
左下:チャナッカレノショッピングセンターで買ったお菓子など。
左下のグリーンの小袋はアップルチャイ。お砂糖入りの粉末で1杯分。



トルコのお土産小物

右上:シンブル 手描き
イズミールの「PRINCESS HOTEL」内の小さなショップで4トルコリラ
右中:ナザール・ボンジュの付いたマグネット 1トルコリラ
右下:この丸い目玉のようなものがトルコのお守りと言われる
ナザール・ボンジュ。グランドバザールで2.5トルコリラ

左上:トルコ石の指輪 きっと日本だったら目もくれないと思うけれど。
トルコ石はあまり好きではないけれど、「旅のお守り」に心動いて(*^_^*)
デザインも引っ掛かりやすいけれどサイズ的にこれしか無かった(^^ゞ
左下:ルームシューズ すごーく履きづらい。。。
グランドバザールで高いと思ったのでダメもとで
言い値の半額を言ったら、やっぱり無理と言われたので
帰ろうとしたらあわてて「OK!」だそうで・・・20トルコリラで。


他にもちょっと買ったものもありますが・・・


◆驚いたこと
海外は有料トイレが多いけれどトルコはお釣りをくれるんです。
0.5トルコリラ~1トルコリラ
他の国はお釣りは出ません。

◆カード引き落し 2009年2月 1ニュートルコリラ 54円~56円
イスタンブール到着時 空港内で両替 1ニュートルコリラ 約60円(10,000円→168.5トルコリラ)

◆イスタンブールの空港はユーロとトルコリラで表示してありました。


トルコはお土産を探すのも魅力的な国でした♪

[PR]

by anello63 | 2009-05-06 13:30 | 2009年トルコ | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : https://anello63.exblog.jp/tb/10886742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ビビアン at 2009-05-06 21:04 x
imaさんのトルコ旅行記をいつも楽しみに見せていただいてます♪
お土産の数々はどれも魅力的。
で、トルコブルーっていうのはこのことだったんだって
今 気がつきました。。(・_・;)
好きです~ あのお皿たち!
何を盛りつけようか・・と考えているだけでも楽しいし
まずは飾っておきたいですね。
トルコのオリーブオイルっていうのをお土産にいただいたことがあるけど
とっても美味しかったのを覚えてます。
なんだか行ってみたい国になりました。



Commented by harunoyokihi06 at 2009-05-07 00:06
トルコの旅たっぷり楽しませていただきました。

でもこのお土産編が一番楽しみでした。
imaさんの正直なコメントがおもしろかったです。
このトルコ石の指輪いいですね。
ルームシューズ、きれいだけどはきづらいの?
小皿も素敵ですね。
イチジクは有名ですよね。
いってみたい国のひとつになりました。

Commented by anello63 at 2009-05-07 00:28
☆ビビアンさん、
旅行記見ていただいてありがとうございます。
トルコは物価が安くて購買意欲が湧きますよ♪
絵皿は色も形もものすごい量があって迷ってなかなか決めらなくて困りました。
大きい方の絵皿は壁掛け用で小さい方は取り皿に使っています。
アイディア豊富でお料理上手なビビアンさんなら何を乗せるんでしょうね?
広大なオリーブ畑を通ったけれど世界で4番目の生産高だそうでオリーブオイルも美味しいわけですね。
トルコは強引に誘われなかったら行かなかったかもしれない国だったけれど、まさに食わず嫌いというもので行ってみたらとても魅力的な国でした。
機会があったら行ってみて欲しいです。
Commented by anello63 at 2009-05-07 16:26
☆momoさん、
旅行記見ていただいてありがとうございます。
やっぱり人の買ったお土産って気になりますよね。
指輪は高さがあるので洋服を脱ぎ着するたびに引っ掛かるのぉ~。
ルームシューズもフローリングの上を歩くたびにカタカタ音がして・・でも履いています♪
イチジクは確か生産高は世界一とか言っていました。
実家に2本あったけれどイチジクって好きじゃないの(^^ゞ
ドライは口の中でツブツブが気になるけれど、叶姉妹も絶賛するほどで女性は食べた方がいいんですってよ。
トルコ料理は違和感なく食べられる国ですよ。
Commented by 雀屋 at 2009-05-07 22:21 x
お皿いい色ですね!
こういう色、好きだあ。
トルコ産ドライイチジクも好き。フィグログ作るのにピッタリ。
フレッシュなイチジクは苦手だけど、ドライは好き。へん?(笑)
Commented by anello63 at 2009-05-07 23:28
☆ちゅんのすけさん、
この色のお皿は一目ぼれです。
でもこのての色はお料理を乗せてもどうもパッとしなのですよ。
壁掛け用として買いました。
トルコ産のドライイチジクは4~5㎝と大きい物もありました。
「フィグログ」って、なぁに?と思って検索してみました。
どこかで私、きっと食べていると思います(^^ゞ
>フレッシュなイチジクは苦手だけど、ドライは好き。へん?
変じゃないですよ。私もチーズは苦手だけれどピザやグラタンのチーズは大好き♪それと一緒ですよね(*^_^*)
Commented by yoshio at 2009-05-08 17:44 x
anello63さん、連休中は貴ブログもお休みだったので、愛読者にとっては毎週末の女子プロゴルフトーナメントを待つぐらい待ち遠しかったですゥ。^0^
お土産もっと買っておけばよかったとおっしゃているわりには結構買ってきていますね。写真写りも最高!!私も仕事でオーストラリアのパースに行ったとき絵皿を買ってきたのですが、どうも色合いやら作風が似ているので最近調べたらやはりturkeyと書いてありました。(驚) 私もお菓子類は中にチョコが入ったりしていてとてもおいしかったのでたくさん買ってきたのですが、なかでも「わたあめ」風のお菓子は家内にも好評でしたよ。
Commented by anello63 at 2009-05-08 22:25
☆yoshioさん、
ありがとうございます♪
お待たせしてすみませんでした。
yoshioさんのように高額商品には手が出ませんので
他にも少し買っていますがまだまだこれくらいでは満足できません。
(おそろしいやぁ~笑)
トルコ製品もいろいろよその国に出ているんですね。
それにしても奥様は残念なことをしましたね。
ご夫婦参加がとても多かったので。
次回はぜひおふたりで♪

Commented by mayukuro at 2009-05-08 22:44
imaさんのおかげで、トルコ、今回は本当に身近に感じる事ができました。
行ってもいないのに何だか不思議~~^^
ブルーのお皿や器、ほんとに素敵ね。
こういうおみやげは使うたびに思い出されていいですね。

友人にあのスカーフ見せたら、感激されました。
オヤの繊細さにビックリしてたわ。
マイブームのオヤはまだまだ続きます。
ほんとに('-'*)アリガト♪
Commented by anello63 at 2009-05-09 00:52
☆mayukuroさん、
今回も素敵なオヤができましたね♪
トルコに行く前にmayukuroさんのところでオヤの紹介がなかったら、
帰って来てきっと私は後悔していたでしょうね。
こちらこそありがとう~。

お皿とかガラス物は手持ちで帰ってくるけれど、
おっちょこちょいなので何気なく置いて、ガチャなんて音がして
飛び上がることがしばしばです。
トランクに入れてギュウギュウ押して割れていたこともあるし・・・
家に帰って来て開けるまでがドキドキ。
今回もびくびくしたけれどご覧のとおり無事でした(*^_^*)

名前
URL
削除用パスワード

« home--- << 香ころん 鶴見川泳げ鯉のぼり >>