<   2011年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

お祭りなのに雨なんて・・・


2011年7月30日(土)

きょうは町内会のあちこちでお祭りがありました。
雨が降りそうだったので主人が仕事帰りに迎えに迎えに来てくれました。

こちらは5時を少し回った頃、貯水池脇のお祭り会場。
太鼓の音が聞こえます。
浴衣を着た中学生3人組にもすれ違いました。
これからどんどん集まってくるのでしょうが・・・
あ~、空はドンドン暗くなっていました。
お祭り会場1


子どもたちも小さい頃は近くの公園や商店街の夏まつりには
よく行っていましたが、中学生くらいからは行かなくなりましたね。
お祭り会場2


コンデジでズームしてみました。
テントの所にたくさん置いてあった大きな太鼓。
ここで太鼓を鳴らして出番待ちなのでしょうか?

案の定、30分くらいしたらいきなりザーザー大雨と雷。
太鼓

夜遅くまで雷と激しい雨でした。



[PR]

by anello63 | 2011-07-31 16:14 | Trackback | Comments(2)

高円寺でお茶するなら 「ジークレフ」


2011年7月29日(金)

高円寺まで姪のベリーダンスの発表会を観に行って来ました。
このステージが姪の最後のステージ。
2時間休憩なしで25曲、キラキラ光る衣装に眼が痛くなるほどでした。

写真は初心者から先生までフィナーレのステージ。
左から3番目の方のダンスが素晴らしかったです。
ベリーダンス


高円寺駅北口駅前から延びている高円寺純情商店街
姪へのお花を探していたらちょうど入口付近にありました。
中野サンロードをイメージしていたら全然違う佇まい。
純情商店街は昔風?小さなお店がずらーりと並んでいました。
脇道もまたお店がズラーリ。迷子になりそう(^^ゞ
特に物珍しいお店があるわけでもなく昔からあるような商店街です。
純情商店街


きあたりを左に曲がり右に曲がって庚申通り商店街に出ました。
お花を作ってもらっている間に軽く「ジークレフ」で夕食。
チキンといろいろなお豆のワッフルサンド。
紅茶といいワッフルサンドも姉の好みそのもの。
紅茶専門店なのでさすがにコーヒーはありません。
どう見ても姉のロイヤルミルクティーと私のルイボス・クラシックは同じに見えます。
私の知っているルイボスよりもずっと飲みやすくて薄かった(笑)。
ワッフルは途中でホイップクリームが欲しくなりました。
夕食


通りの名前にもなっている庚申塔がありました。
庚申塚


『本尊は青面金剛で多くは不見・不聞・不言の三猿が刻まれています。
正徳六年(1716)高円寺村の講中六人が悪病退散・村民安全祈願として建立したものです。』と書かれた看板が立っていました。
b0120541_14411288.jpg


高円寺と言えば東京阿波踊りです。 
2011年8月27日(土)、28日(日)今年は午後3時から6時に開催。
私は中央線は高校生の頃から利用していたけれど、
阿波踊りはおろか高円寺に来たのは初めてでした。

高円寺駅南口方面に通勤している長女はベリーダンス後半、
姪の出番の少し前に到着。月末でやはり忙しい次女はその頃まだ会社でした。

[PR]

by anello63 | 2011-07-31 14:59 | グルメ | Comments(4)

聖蹟桜ヶ丘でお茶するなら 「エスプレッソ・アメリカーノ」


2011年7月28日(木)

風邪でキョンちゃんお休みのため、3人の洋裁の日でした。

A:洋裁やっているの?
Q:今は長期休業中、名前だけが残っています(^^ゞ


りりーさんの初孫がおととい誕生しました。おめでとう!
女の子が欲しかったけれど自分の子どもは男の子3人。
孫とは言え、憧れの女の子。
出産前は入院したり大変でしたが五体満足普通分娩だったそうです。

さっそくケータイに入れたお孫ちゃんの写真を見せてもらいました。
う、う・・・かわええ~!
ティータイム


マンゴーのケーキはたくさん食べていますが、
初めて食べたこのカフェのケーキ、最高でした。
コーヒーの量が多いのもいいですね。

「エスプレッソ・アメリカーノ」

聖蹟桜ヶ丘京王 B館2階


7月限定 マンゴー・レアチーズ
マンゴー


丹沢大山五右衛門の竹笊たけざる
木綿豆腐の笊入り。(お醤油と塩付き)
木綿豆腐は好きだけれど味が濃厚すぎて・・・
賞味期限が間近かで全部で500円。

豆腐など


群馬の木の急須。
茶渋が付きにくく冷めにくいとか。
急須は好きですが、これも毎日は使えそうにないです。
木の急須


[PR]

by anello63 | 2011-07-31 14:00 | グルメ | Comments(0)

サンダル買いました。


町田に行く途中、薬師池公園の大賀ハスを観てきました。
その時間、10分強(^^ゞ

お昼ちょっと前でしたがカメラを持った人たちがたくさん。
まだ、ほとんどが蕾です。
◆観蓮会は、2011年8月7日(日曜日)午前6時より午前7時の開催予定

ハス



入口付近の紫陽花はまだとっても綺麗でした。

ミスヘップバーン(西洋アジサイ)
紫陽花1


テネシークローン(アメリカ種)
紫陽花2


墨田の花火(これはハス田の脇にありました)
紫陽花3""

ライン


甲と足首の両方がベルトになっていて、
クッションが良いものが欲しい。
甲の部分が痛めている親指の付け根あたりのギブス替わりになってくれます。いいろいろ試した結果、ベルトになっているのがベストです。

今、履いているサンダルがすごく良いので、
色違いを買いに行ったけれどLサイズは無いと言うことでした(泣)
町田には「カムイ」を扱っているのは小田急百貨店だけみたいです。


似たようなものでビューフォートのダブルベルトサンダルを買いました。
(色はもっとゴールドっぽい)



ライン

久々の「ジョニー」。今度は枝豆らしいです。
う、忘れていました。。。
やはりネッチョリでしたが味は悪くありません。

豆腐

今日もドンヨリした日でしたが非常に蒸し暑い一日でした。
ひとりの時はエアコンを入れずに運転していますが、
風は意外と涼しくて気持ちいいけれど信号待ちは、チト辛い。
去年までは家の中も車もエアコンガンガン付けていたけれど、
やれば出来るもんだと実感中♪


[PR]

by anello63 | 2011-07-28 01:15 | 買い物 | Comments(8)

怖かったことや、あぁやっぱりと思ったこと


◆2011年7月18日(月) 行きは良い良い、帰りは怖い!

実家の両親と5月に亡くなった伯母のお墓参りに行って来ました。

伯母の菩提寺の金剛寺は東国花の寺百ヵ寺のひとつ、枝垂桜が有名ですが青梅おうめの由来であるその梅もまた有名とのこと。ちょうどハスの花も綺麗に咲いていましたが全国的にはどうなんでしょう?
同じ沿線に実家がありましたがこの日ここに来て初めて知りました(爆

寺
「金剛寺の青梅は平安時代に活躍した平将門の伝説を持つ古木であるが、現在では完全に老衰期にあり、季節が過ぎても黄色にならず、実が落ちるまで青く、このため『青梅(あおうめ)』と称せられ、 青梅市おうめしの名称もこれによって付けられたといい、いわば青梅市の象徴でもあります。」の説明書きがある通り、青々した梅が成っていました。」(立て看板の説明)

でもお墓の方は自由気ままに造られたようで迷路のようでした。
伯母と母はあちらの世界でも変わらず仲良くしているかな?


帰る時は違う道を通って・・・
青梅駅前からのこの通りには赤塚不二夫会館や
レトロな建物がたくさんあって楽しい。
姉が助手席で撮ってくれましたが、あっという間に通り過ぎる~
もう行ったのずい分前に行った時の記事
青梅レトロ


お昼ごはんも兄と姉と3人で食べに行き・・・
テニスで真っ黒に日焼けして甘いものはあまり食べない兄はデザートにメロンを注文。
珍しく姉がボリュームたっぷりのパフェを注文。私は心臓が痛くなるくらい冷たかったかき氷の小豆ミルク。
ランチ


その後、姉と私はいつもの瑞穂のモールでショッピング。
朝出かけるときはカンカン照りだったのでサングラスをかけての運転でした。
とうとうメガネは出てこなかったんです(泣)
サングラスは度付きなので日差しの強い日は必需品です。
・・・が、いつものようにおしゃべりしたり買い物をしたりで、
帰りは駐車場に行った時は辺りは薄暗くなっていました。
そこでハッと気がついたんですが。気がつくのが遅い!

濃い方のサングラスをかけてきたので掛けると暗い(当たり前!)
サングラスを外すと良く見えない(泣
前は裸眼で0.03ぐらいだったのが老眼が進んでその分近視が良くなったと言っても0.3。

駐車場を出る段階で出口を通り過ぎてしまったり・・・
3連休の最後の日だったので横田基地脇を通る東京環状線はちょっと暗くて車も多く(更に泣)、新奥多摩街道は車線は細い3車線の所が何箇所もありドキドキしながらの運転。

サングラスを外したり掛けたり、手には汗がジワジワと・・・

怖いですよ~。
街灯の無い真っ暗な道を高速で走る方がまだマシです。
「行きは良い良い、帰りは怖い」ってこのことですかね?
まぁ、事故らず無事に着いたから良かったですが。

ライン

◆2011年7月19日(火) 何ということ!
仕事が終わってからメガネとサングラスが出来あがったので
夫に一緒に取りに行ってみらいました。

その夜のこと、新聞のストック袋に新聞がてんこ盛りになっていたので夫が整理していると・・・出てきたんですねぇ。
私が置いたと思っていた棚から下にあった新聞ストック袋に滑り落ちたようです。
見なかったですね。その後ろとか周りは見たのに・・・大爆笑でした(汗
すぐに陽水の歌がよぎりました。


ライン

◆2011年7月20日(木)

友人たちに今年は義父の新盆と言うことで
お線香と絵入りのロウソクを頂きました。
ありがとう♪
お線香

ライン

◆2011年7月21日(木)

右足の親指の付け根あたりを痛めたのは5月21日でした。
あれから2カ月経ってもいっこうに痛みが取れず、腫れも引かず・・・
今は痛み止めの塗り薬と週に2回の遠赤外線治療に通っています。

今更ながらですがもう一つの整形外科に行ってみました。
レントゲンも撮って頂きましたが、やはりスジを痛めたのには変わりなく、
どうしても体重の掛る所なので治りが遅いということでした。

体重、重いしね・・・
歩いちゃうしね・・・

「遠赤外線を掛ける治療もあるけれど、いらないでしょう」と言われました。
確かに遠赤外線をかけても逆にちょっと痛い。止めましょう♪


ギブス代わりにもなっていそうな去年買ったこのサンダルが今、一番楽です。
底がしっかりしているのがいいようです。
そう言えば・・・あんなに痛く辛かった足底腱膜炎はウソのように落ち着いています。
内臓関係では病院にかかったことが無いのに、整形外科にはしょっちゅうお世話になっていますね。しかも右足で。

薬


ライン

リタイアしたご主人が作った野菜を友人から頂きました。
この時期、姉やご近所さんからもゴウヤの差し入れがありました。
ありがとう~♪
野菜


[PR]

by anello63 | 2011-07-26 01:13 | Comments(8)

「東北六魂祭と平泉・松島」 2日目祭りのあとで

2011年7月17日(日)

暑さの中・・・松島と東北六魂祭会場で見かけた「伊達さん」

伊達さん




東北六魂祭、念願の竿灯まつりも観られたし会場から撤収。
1時半を過ぎていたのでまだ大丈夫かなと思いきや、チェックしてきたお店はみんな行列が出来ている状態。
牛タン、牛タン♪仕方が無いのでフラフラとお店探し。

エアコンがガンガン効いているしすんなり入れた良さ気なお店。
よくわからないけれど「炭火焼牛タン定食200g」と「特別定食牛タン極厚4枚」と言うのを注文しました。
散々待たされた挙句、違った物が来たりしてお腹もすいていたのでちょっとイラっと来たけれど、食べたらもっと・・・か、かたーい!ボリュームがすごいけれど噛み切れないしアゴは疲れるし。
・・・ショックでした。
牛タンはやはり薄くスライスしたものに限るなり!

牛タン昼食



東北六魂祭初日気温34℃にもなる中、熱中症で救急車に運ばれたり倒れた人は70人くらいいたらしいです。
添乗員さんはさかんに暑さ対策に気を配るようにと注意してくれました。
エアコンの効いたビルなどに入る。
首の後ろを冷やす。
タオルもお水に濡らした方が効果的。
凍らせたペットボトルも効果的。
のどが渇いたと思う前に水分を補給する。
お茶よりもお水。お水よりもスポーツ飲料が早く体に行きわたる。

前に買った冷却用の首を冷やす物は幅が広すぎたり冷すのに時間がかかるので出発前に買い換えようと思っていたら・・・
色など気にせずに上野駅で買っておけばよかった・・・

もうどこに行ってもこのタイプの物は売っていませんでした(泣)
結局見つけて買ったのはお祭を観た後。仙台駅前のロフトにたくさん売っていました。。。
使い心地満点。ヒエヒエ感最高♪

しろくまのきもち ネッククールバンダナ(735円)

首ひんやり




地上があまり暑いので地下道を通って駅方面に。
楽しいイラストの広告発見♪

地下鉄のCM




集合時間まで駅でお土産などを物色。
みどりの窓口に入ってみたら(エアコンがすごく効いていたので(^^ゞ)
もう最終まで新幹線のチケットは無いらしい。

お土産


右上:前回買い忘れた「甘ったれうどん」
ふたり用(200g)の乾麺が3袋とタレ付き。
おうどんはもっちりして美味しかったけれどタレは・・・
「甘ったれんなうどん」の方がよかったかな?
左上:南部せんべい10種類入っている
右下:ままどおる
中:エピの麦花ラスク(バターシュガー)←美味しい
左下:イーグルスマヨおかき(牛タン塩マヨネーズ味)シール付き


笹かまぼこ  阿部蒲鉾店「千代」
(クリックすると中味、手ぬぐいは東北祭り)




福島キャラクター「ももりん」

ももりん



帰りの新幹線は仙台17:41発MAXやまびこ264号
2階建の車輛で眺めの良い2階はグリーン車ですって・・・
私たちは1階のホームと顔の位置が同じで車窓の景色が走行中は空のみという悲惨さ。
評判悪いのでしょうね。2階建でスピードも出ないと言うことで2016年で2階建の新幹線は廃止になる予定だそうです。

MAXやまびこ


東京駅に無事19:56着

夜中は女子サッカーの決勝戦だけれど、翌日も出かけるので早めに就寝することにしました。
[PR]

by anello63 | 2011-07-24 15:31 | 2011年東北旅行 | Comments(6)

「東北六魂祭と平泉・松島」 2日目東北六魂祭

2011年7月17日(日) 晴れ

ホテルの部屋の窓からの景色。
昨日は34℃位になったらしい。

ホテルの窓から



朝からモリモリ食欲満点。
朝食




初めて東北六県の夏のお祭りが一堂に会する「東北六魂祭」
青森県ねぶた祭り、秋田県竿灯まつり、岩手県盛岡さんさ踊り、山形花笠踊り、福島わらじまつり、宮城仙台七夕まつりが仙台に大集結。

初日は中止になったねぶた祭りと竿灯まつりが今日は行われるらしい♪
昨日は5万人と予想した来場者が13万人と多く交通整理などが対応しきれないということで危険が予測されたためにねぶた祭りと竿灯まつりが中止になってしまったらしいのです。

蔵王のホテルから仙台の会場の勾当台公園こうとうだいこうえんまでは高速道路に乗っても通常1時間半くらいかかるけれど、大変な渋滞が予想される。
ドライバーさんがバンバン飛ばしてくれる。地元の方だったので高速道路を途中で降りて、近道を通り予定通り10時半に会場に到着できました。素晴らしい!

会場の勾当台公園は既に人で溢れかえっていました!
勾当台公園



今回の食の目標は「牛タンを食べる!」です(^^ゞ
会場内に入ってすぐに炭焼きの牛タンを発見したので速攻で頂きました。
香辛料で濃い味付けだったけれど柔らかくて美味しい♪
(画像にマウスを置いて、「出来あがり!」)
仙台七夕まつりの吹き流し。
これは仙台市役所に飾られていたもの。
和紙で出来ていて手が込んでいて綺麗でした。高価なものらしい。
メインステージで踊りを終えた、さんさ踊りの方がたも汗だくで控室に。
b0120541_1283879.jpg



市民広場のメインステージ近く。
左上:福島の被災地からは「わらじまつり」。ミスマッチな感じもするけれど、元気いっぱいにヒップホップダンスを踊ってくれたお嬢さんたち。
b0120541_109458.jpg


メインステージ上では花笠おどりの最中。
他にさんさ踊りやわらじ祭りの紹介やヒップポップのダンスも汗を拭き拭き背伸びしながら観たりして・・・
花笠



市役所前にはねぶたと竿灯の展示がありました。
これらは12時からのパレードに出ました。
b0120541_10114423.jpg


ねぶたの裏側
ねぶた裏



東京ドームで展示された物は見たことがあるけれど、人が担ぐのを目の前で観るのは初めて。
竿灯



いよいよ12時から開始!
待っている間に既に暑さでクラクラ。
パレードの予定だったけれど昨日の混乱から、定禅寺通をステージとしてその場で行うことになりました。
私たちがやっと観ることが出来たのは定禅寺通の南側、右側に道路を挟んで三越がある所。正面奥に市役所が見えます。
身動きできない・・・
目の前はなんとラッキーなことに竿灯まつり。
やはりこれが一番観たかったものでした。

b0120541_1013745.jpg

竿灯祭りは10分間ほどでしたが迫力があって素晴らしかったです。
腰や肩や額であんなに重そうな竿灯を担ぎ、竿を徐々に足していくのですが、風もあったために竿がしなり、
おっとっとっと・・・
担ぎ手は何人かでリレー形式で引き継ぐのですが
1基が倒れたと思ったら次々ぶつかって倒れてしまいました。
どうなるんだろうと思ったら次々にまた立ち上げて続けました。
これぞ東北の粘り強さ、頑張りですね。歓声と拍手の嵐。
もう、ただただ感動!
竿灯まつり2



竿灯まつり以外は音のみ(^^ゞ 
先ほどメインステージで観たからいいですかね?
時々吹いてくる風は涼しいのですが余りの暑さと身動きできない混雑で全身汗だく。竿灯まつりが終わったらお昼にしようとそこを出ようとしても同じ考えを持つ人も多く満員電車よりもすごい人の流れでなかなか出ることが出来なかったです。

さてどこで食べましょうか?
[PR]

by anello63 | 2011-07-24 10:15 | 2011年東北旅行 | Comments(6)

「東北六魂祭と平泉・松島」 1日目平泉

2011年7月16日(土) 晴れ

松島の次に訪れたのは世界遺産に登録されたばかりの平泉の中尊寺。

平安時代末期の約1世紀にわたり栄華を極めた奥州藤原氏の平泉は金を初め膨大な財力に支えられた東日本最大の仏教都市だったそうです。中尊寺、毛越寺もうつうじを中心に2011年6月26日、平泉が世界文化遺産に登録が決定されました。

初めて東北を訪れたのは去年の11月でした。
その時は世界遺産に登録中ではあったけれど、中尊寺もかなりの観光客でにぎわっていました。
いくら震災後と言っても世界遺産に登録されたのだから金色堂なんかも見学客で押せや押せやの大混雑じゃない?近くで観られるかしら?

・・・そんな心配は一気に吹き飛んでしまいました。
確かに観光客はそれなりにいましたが、やはり11月の方が多かったような気がします。
海外からの観光客は韓国からと思われる女の子二人組だけしか会いませんでしたね。
ちょっと寂しい。
ゆっくりと最前列でテープの説明を聴き、キンキラキンに輝く阿弥陀堂を拝むことが出来ました。
やはり前回は国宝なのにね、と言いつつ見学すること無く通り過ぎたのは、今回来ることが初めから決まっていたかのようで不思議。

b0120541_14522019.jpg

上:金色堂
左下:紫陽花が満開、この紫陽花がとても綺麗でした
右下:中尊寺ハス 我が家の近くの薬師池公園の大賀ハスと同じ800年前の種から開花したものだそうです。

金色堂も訪れたと言う松尾芭蕉の句碑も近くにありました。
「五月雨の 降り残してや 光堂」


b0120541_15515875.jpg

峯薬師堂

右下:峯薬師堂の池には、天然記念物のモリアオ蛙が生息しているそうですが・・・「無事かえる」の意味もあるのでしょう。
左下:「め」の絵馬はわかりやすくユニーク。
ここだけに目の絵馬やお札が売られているらしい。
最近老眼が出て来たために近視が良くなったみたいですが、これ以上悪くならないようにお願いしてきました。


b0120541_15553714.jpg

左上:中尊寺本堂
右上:脇に根の張った坂道などもあり・・・
右下:長い、長い急坂の月見坂。ロープもある通り。観光バスは金色堂近く中尊寺ハスのある辺りまで行ってくれるけれど個人の車などはこの坂の下の駐車場から歩くことになる(恐怖)。
左下:「奥の細道」の松尾芭蕉像


お仏壇の灰「仏金砂」
これは去年の11月に来た時に本堂の前の売店で買いました。
固くならず水洗い可能、汚れなくていいのですが・・・
我が家の場合お線香は立てるのではなく横に寝かすのです。
すぐに火が消えちゃうんです(泣)


弁慶堂
ここにも地震の傷跡が・・・
コンクリートの鳥居があったのですが全て横に片付けられていました。
b0120541_15565111.jpg



その夜、テレビで私たちが翌日行く予定の「東北六魂祭」のニュースが流れていました。
予想の人出を上回り、安全が確保できないと言うことでねぶたと竿灯まつりが中止になったと言うこと。
はぁ~、私もこの二つは是非観たいと思っていたのに・・・
とにかく凄い人出らしい。二つの会場もどのくらい広いのかわからないけれど人が入りきる?
なかなか寝られなくて1時近くまでテレビを観ていました。

テレビ



私たちが泊まったホテルは遠刈田温泉とおかったおんせん宮城蔵王ロイヤルホテル

宮城蔵王ロイヤルホテル


[PR]

by anello63 | 2011-07-23 18:25 | 2011年東北旅行 | Trackback | Comments(2)

「東北六魂祭と平泉・松島」 1日目松島

台風6号もあちこちに深い傷跡を残し
関東から遠のいた昨日、今日のこの涼しさ。
この涼しさはいったい何でしょう?
ありえないけれど個人的にはずっとこの位の涼しさであって欲しい。
                              
ライン

2011年7月16日(土) 晴れ
気が付けば今まで行ったことが無かった東北も5月から数えて3度目の旅行。

今回は「東北6大祭り競演と平泉・松島2日間」
(東京9:16発)上野9:22発やまびこ357号ー仙台11:52着

朝6時に目が覚めたけれどまだ眠い。
もうひと眠り・・・

はっ!気が付くと時計の針は8時を指していました。

上野駅からの乗車組は入場券で入り、
直接新幹線「やまびこ357号」に乗ればいい。
駅はホテルの目の前。
しかも東北新幹線のホームは一番ホテル寄り。
こんなにゆっくり出来るのも前泊ならではのこと。
私は前泊は初めてでした。

新幹線
上野駅東北新幹線のホームは右から左から
いろいろなタイプの新幹線が引っ切り無しにやって来る。
私たちの乗る新幹線「やまびこ357号」は8号車。
東京駅から8輛で来て上野駅で連結して16輛編成で北へ向かいます。


朝食
ホテルは朝食なしだったので上野駅の「THE GARDEN」で物色。
お弁当の種類が多くて選ぶのが大変だけれど楽しい。

夫は「富山ますのすし」(1300円)
私はチキンハム黒ゴマサンド(380円)←美味しい♪
日向夏ゼリー(198円)は期待に反してぬるくて、薄い味でした!


車窓では郡山付近からポツポツ屋根に
ブルーシートを掛けた家が目に付いてきました。
4ヶ月経っても修理する職人さんも瓦も少ないので遅々として進まないようです。
これから台風の季節が心配です。


初めて仙台駅に降りました。
あ、暑い!気温34℃の予想は当たりそうです。
え~、こんなに大きなビルがたくさん建っているの?
なんて地元の人が聞いたら怒りそうですが内心びっくり。
仙台は大都市でした!
「東北六魂祭」の影響もあり、駅の中もこの人の多さ。
大丈夫かな?会場に人が入りきれるかな?
でも皆さん同じ気持ちでここにいるのでしょうね。
仙台駅


私たちが「東北六魂祭」を見学するのは翌日の日曜日。
今日は仙台駅前からバスに乗り松島へと向います。

車窓は綺麗な緑が続いていたけれど途中、道路の方もまだ工事中。
瓦礫の山もあったけれどこれでも随分片付いた方とガイドさんが話されていました。
この2日間着いてくれたバスガイドさんは若くて愛嬌があってとっても可愛くて人気者でした。
ガレキ


松島は多くの島のお陰で津波からも難が逃れたけれど、
やはり震災後は観光客がパタリと途絶えたそうです。
久々の大賑わいになりそうです。
松島も初めてです。
大小260の島からなる日本三景のひとつ松島。
(あとふたつは天橋立、安芸の宮島)
松島キティ


松尾芭蕉のあまりにも有名な句
「松島や ああ松島や 松島や」
30分ほどのミニクルージングを楽しみました。
名前の通りどの島にも松の木が。
思ったよりも島と島の間隔が広いですね。
松島
右下:五大明王を安置した事から五大堂と呼ばれている。
伊達正宗が再建し、松島のシンボルになっている国重要文化財
左下:後方のクルーズ船に乗りました


えびせん目当てに追いかけてくるウミネコ。
翼を広げると1m近くになり、
その目がかわいくな~い(^^ゞ
ほとんどの人がウミネコがたくさん寄ってきたため景色そっちのけでウミネコに興じていたので「島の方も観てくださ~い」と思わず声がかかり皆さん苦笑い。
ウミネコ


中を見学する時間も無いので国宝の瑞巌寺の参道を歩いてみました。
瑞巌寺は奥州随一の禅寺、伊達政宗公の菩提寺。
汗が吹き出しそうな暑さの中、両側の杉の木立の間を吹き抜ける風のなんと爽やかなこと。
b0120541_121417.jpg



では、次は中尊寺に参りましょう♪


[PR]

by anello63 | 2011-07-23 02:23 | 2011年東北旅行 | Comments(2)

三井ガーデンホテル上野


本当は8月のねぶたと竿灯まつりとおまけに角館まで行っちゃうという2泊3日のツアーを申し込んでいたのですが、往復バスだったんですね。激安でしたから(^^ゞ
私は激安ツアーにしか魅力を感じません、と言うかそれしか行けません(笑)
5月に行った南三陸町の夜行バスが結構しんどかった記憶がどうしても拭い切れずに、やはり仙台までのバスは辛かろうと8月のそのツアーはパスしました。

その後に見つけたのが「東北六魂祭」でした♪

その週は月曜日から金曜日まで都内で夜8時帰宅の6連勤の夫。
ツアーに申し込んだ段階では集合時間は下手をすると朝6時頃家を出なくてはいけないので前泊することにしました。
最終日程表が来てみれば東京駅朝9時16分発と前泊しなくても良かったような・・・
しかも予約した後にポンパレかどこかでこのホテルのクーポンが出たし・・・(涙)

私も5時まで仕事だったので一旦、帰宅してから出かけました。

ライン

2011年7月15日(金) 晴れ

何故上野のホテルにしたの?って聞かれたけれど・・・
キャンセルしたツアーの集合場所が上野だったので勘違いしただけです。
相当ボケましたね、私(^^ゞ

b0120541_23393892.jpg

上:上野駅構内は迷路としか思えない。
ホテルのある「浅草口」に行くのに案内を見ながらウロウロ。
左下:翌日朝とお昼のお弁当などを買った「THE GARDEN 上野店」
上野動物園にパンダが来たので店内もパンダにあやかった物がたくさん。
右下:山積みされたパンダヒレかつバーガーは、見ただけ(^^ゞ


2010年9月上野駅前に出来たばかりの「三井ガーデンホテル上野」
部屋は狭いけれどベットは手前の方が更に幅広いです。
ナノケアは蒸気が暑すぎて夏には向かない?
ワッフルのパジャマも設定温度28度の部屋では暑くて・・・
ホテル1

ズボンプレッサーや空気清浄機などもあるのは嬉しい♪
ロビーではパンダさんが出迎えてくれました。
ホテル2


夕食はアトレ上野レトロ館2階の「妻家房」

石焼ビビンバ・パチヂミセット
パチヂミの量がすごくて、美味しい!
また来てもいいね、っていうお店でした。
夕食


[PR]

by anello63 | 2011-07-21 02:05 | 2011年東北旅行 | Comments(8)

« home---