カテゴリ:2017年 福島( 2 )

2017年 福島2日目 天鏡閣、鶴ヶ城、大内宿

2017年9月21日(木)

一瞬晴れ間も出たのですが、あっという間に曇り空。
いつも朝はゆっくりのロザンナさんチーム。
実際はリリーさんは朝は早いけれど、ゆっくり寝ていたいロザンナさんに合わせベッドの中でじっとしているらしい(笑)

朝、6時半から7時までホテル側の催しのストレッチに参加。
この日に限って私たちよりも早く起きて迎えに来てくれました。
女性のみ全員で10人ほどの参加でしたが、
目の前のゲレンデの緑とゆったりとした音楽の中でのストレッチは気持ちがよかったです。
目覚め直後にストレッチはなかなか無いのと、久々にヨガのようなポーズもあり体がカチンカチンになっているのを実感。

体を動かした後の朝食は、夕べあんなに食べたのに美味しくて・・・汗
朝ラーメンというのを食べました。喜多方ラーメン?
太麺の縮れ麺というのが私の超お気に入りです。お出しも美味しい!
生クリームを付けて食べるあげ饅頭はこしあんで軽い感じで(カロリーは高そう!)ぺろりと胃の中へ。
揚げたてなのに油っこさは無くてみんなでおかわりしました。

b0120541_12584969.jpg


朝、9時とゆっくりの出発です。

猪苗代湖近くの 旧有栖川宮威仁親王の別邸「天鏡閣」へ。
国の重要文化財。
マントルピースのタイルに描かれた手書きの模様は各部屋ごとに違っていました。
どの部屋も日当たりが良くて住みやすそうです。
庭には有栖川宮威仁親王の銅像も。


b0120541_12590612.jpg

b0120541_12592847.jpg


猪苗代湖

b0120541_12595271.jpg



鶴ヶ城(若松城)
ロザンナさんとリリーさんはそれぞれ来たことがあるとのことでキョンちゃんと一緒に見学しました。
歴史に詳しいキョンちゃん。
授業中はバリアーを張っていた私は歴史もさっぱりです(汗)
鶴ヶ城・・・城内は郷土博物館でした。。。
現在の天守閣は昭和40年に鉄筋コンクリートで復元されたものだそうです。
下から見上げると小規模ながら風格があります。

b0120541_13000538.jpg


b0120541_13004077.jpg



戊辰戦争では役1か月に及ぶ攻防戦に耐え抜き、難攻不落の名城とうたわれるようになる。
1、南走長屋(敵が本丸に侵入するのを防ぐために作られた)
2、天守閣からは360度の展望。飯盛山も見えました。
3、鶴ヶ城のポスター
4、南走長屋、鉄門(柱や扉がすべて鉄)、干飯櫓(食料の備蓄庫)
5、枡形 
6、天守閣の赤瓦(2011年に幕末当時のひび割れ防止に鉄分の多い釉薬を使った赤瓦に葺き替えられた)
7、武者走り(石垣に作られたV字型の石段は左から上り右から下がる決まりがあり大勢の人がぶつからず済んだ)

b0120541_13010086.jpg



お城の中をゆっくり見ていたら1時間があっという間に経ってしまい、昼食時間になってダッシュしました。
ランチは鶴ヶ城会館でわっぱめし。
お蕎麦も付いていて食べきれませんでした。


b0120541_13012179.jpg



戊辰戦争の時に白虎隊がここから炎を見て城が陥落したと錯覚して自決し、今は白虎隊十九士の墓のある飯盛山。
来年(2018年)は戊辰150周年。

ここまで来たのに、飯盛山やさざえ堂に行けなかったのが残念!




b0120541_13020623.jpg


白虎隊の悲しい思いに駆られながら、次にバスが着いたのは大内宿です。
到着したとたんにまた雲行きが怪しくなりました。

五色沼を案内していただいたワンちゃんとガイドさんがまたこちらでも案内してくださいました。

大内宿は会津城下と下野の国(現在の日光市今市)を結ぶ街道にあった宿場町。
江戸時代は参勤交代の大名行列で賑わったとか。


上:大内宿町並み展示館(大名の宿として利用されていた本陣を復元)
右:クロッカスかと思ったら「コロチカム」というかわいい花でした。
左:火の見やぐら

b0120541_13030260.jpg



築400年の家。

b0120541_13032079.jpg



途中、ザーっと雨に降られました。。。

ほとんどの家が軒先でお土産を打っていたり、お蕎麦屋さんだったり・・・
満腹状態だったので名物のねぎそばもしんごろうもおなかに入りませんでした。

b0120541_13042915.jpg



町並みを俯瞰できるところまで行きます。
1、家並みの突き当りまで行き右側の急な階段と左側のなだらかな坂と両方から行けますが(距離はたいして変わらない)・・・
2、近道の階段を上ります。
3、階段の突き当りのお堂。この右側へ・・・
4、4のマークがある辺りから町並みが見えます。

b0120541_13033222.jpg



江戸時代に迷い込んでしまったような・・・いい景色♪
時代劇ファンの夫が行きたがりそうです。


b0120541_13022485.jpg



湯野上温泉駅
帰りバスの中から見えた国内唯一の茅葺屋根の駅舎。

b0120541_13035863.jpg


行きも帰りも道路が空いていたので8時15分くらいに町田に到着です。

お土産編

右上:外せない「ままどおる」(5個入り435円)
右中:起き上がり小法師(金324円、黄色185円)
右下:御用邸の月と栗饅頭(これ美味しい)
左上:喜多方ラーメン(やっぱり美味しい!840円)、カレー焼きそば(面が太すぎておうどんみたいでした。リピなしです1080円)、牛タン味の柿の種(432円)。
左下:天鏡閣の売店で「いもくり佐太郎」(720円)絶品でした。

b0120541_13044831.jpg


鶴ヶ城会館のお土産売り場で私好みの色のシルクのスカーフ(1320円)がありました。

b0120541_01413409.jpg

まずまずのお天気で福島を楽しめました。






More
[PR]

by anello63 | 2017-09-26 12:30 | 2017年 福島 | Trackback | Comments(6)

2017年 福島1日目 五色沼


2017年9月20日(水)~21日(木)1泊で福島へバスツアーに行って来ました。

JR町田駅ターミナル7時出発です。
今回は横浜から乗り込んだ人たちも入れて21名でした。

途中、首都高速中央環状線の山手トンネル(全長18.2㎞で日本一の長さ)は14分かけて通り抜けましたが、事故があったら怖いです。


小雨が降ったり晴れてみたり・・・
車窓からはそろそろ刈入れ時の田園風景が続いていました。
昼食はバスの中でのお弁当。
開けてビックリ&がっかり(#^^#)

b0120541_22503771.jpg


猪苗代湖ビール館では小さなグラスの地ビールのサービスがありました。
とっても飲みやすいビールでお酒に弱いリリーさんでも飲めました。

b0120541_22511608.jpg

同じ敷地内にある「世界のガラス館」
小さい物から大きな物まで。目の保養になりました。

b0120541_22524657.jpg


さすがに福島までバスだと乗りでがあります。

いよいよ五色沼に到着です。私は初めてなので
綺麗なエメラルド色や青白色しているという青沼、瑠璃沼、弁天沼なども見てみたいけれど今回は五色沼最大の毘沙門沼のみの観光です。

可愛いワンちゃんと一緒のガイドさんに案内して頂きました。
五色沼は磐梯山の噴火により出来た約3.6キロに点在する湖沼群との事です。
毘沙門沼の奥にあるのが磐梯山。
(毘沙門沼をバックに団体写真の撮影がありました)
曇り空にも関わらず、深い色。神秘的で静かな湖でした。

b0120541_22534653.jpg

毘沙門沼を半周する形で回りました。
木々の間からも青白色の湖水がちらちら見えましたよ。
大きな鯉の群れがいるところのあり、午前中には赤いハートマークの模様の鯉も見られたそうです。

b0120541_22544925.jpg


噴火によって大きな岩がゴロゴロ流出されて遊歩道は木道もありますが、足場の悪いところも。
ユースホステルやバンガローもありますが、震災以降海外からの観光客で大賑わいだったのがウソのようにぱったりと途絶えてしまったそうです。

遊歩道には大きなアカマツや増えて困ってしまう白柳の木やオオシダなどジャングル状態。
ドングリや珍しいウバユリ(もう花は終わっていました)など自然がいっぱいでした。

b0120541_22553760.jpg



バスは予定通り午後4時にホテルに到着です。
ゲレンデやゴルフ場がありますが他には何もありません!
仕方がないのでホテルの庭を散策。
もう秋まっただ中♪

b0120541_22571297.jpg


案の定、雨が降り出しホテルの「磐梯星あるき」というアクティビティも中止になり、更に長い夜になりました。
ホテル内の売店も5分で見終わり、ロビーの「Books&Cafe」で夕食の時間までおしゃべりタイムです。
カフェと言っても、端っこにセルフの無料のコーヒーセットが置いてあり、本は読み物は少ないし、興味深い本も・・・
ただのロビーのような感じですね。

8時からそこで五色沼のスライドがありました。

唯一の楽しみ(?)の夕食は、ビュッフェスタイル。
わっぱごはんや福島牛のステーキなど種類が多く、全員食べすぎでした。
サクサクのてんぷらが美味しかったですよ。

b0120541_22574578.jpg



今日のお宿は磐梯山温泉ホテル。
大きな窓からはゲレンデが見えました。
部屋は比較的広めです。内風呂がありましたが、地下1階の温泉に入りました。

夜遅くになっても窓を打つ雨音が止むことはありませんでした。

b0120541_22581557.jpg





[PR]

by anello63 | 2017-09-25 23:00 | 2017年 福島 | Trackback | Comments(2)

« home---