カテゴリ:2016年カナダ( 9 )

2016年カナダ カナダのお土産

今回のカナダ旅行のおみやげです。

左上:カナダと言えばメープルシロップですね。ケベックで購入。
カナダ南東部からアメリカ北東部にかけて生産されるサトウカエデの樹液を加熱濃縮させた甘味料です。100%純粋なものだけをメープルシロップ
このサイトを見ても分かるように健康にいいのですね。
右上:シンブル
右下:メープルシロップとメープルのキャンディ
左下:メープルクッキーとメープルチョコ

b0120541_11292567.jpg


左上:ネットで美味しいと載っていて、ウオールマートでちょうどセールをやっていたので買ったら固めのクッキーだけれど夫が気に入って「止まらない」との事でした。
右上:スタバの瓶アイスコーヒー。サラサラ感満載ですっごく薄い!リピなしです。
右下:カナダ産ではないけれど、大好きなリンツのチョコ。この板チョコは初めて食べたけれど激うまでした。バラのチョコは量り売り。
左下:これまたカナダ産ではないけれどチョコ(汗)

b0120541_11302454.jpg


上:ハンドソープ
右下:デンタルフロスなど

b0120541_113159100.jpg


右:グレードが違うのかな?アイスワインは日本で買った方が安かったみたい。。。
左上:メモ帳
左下:ナイアガラの滝のカレンダー

b0120541_11321923.jpg


長女から 左上:ホールフーズの大きな保冷バッグ
右上:キルト雑誌
左下:大好きなスタバ瓶コーヒー。左端はNEW!「Tramisu」ちょっと癖ありの風味。
やっぱり甘いけれど「Coffee」が一番好き。
右下:使いやすい大きさ(A4サイズの一回り大きいサイズ)のホールフーズのエコバッグ。

b0120541_11324618.jpg


これまた長女から
上:「ミニオンズ」ファンの次女にはグッズや化粧品、エコバッグなど。
右下:夫へ。
左下:アウトレットで買ってくれた野菜の水切り。

b0120541_11332526.jpg


長女から
上:夫にアメリカの新聞。

b0120541_11343392.jpg


長女はロザンナさんにもお土産を用意してくれていました。
ロザンナさんが見せてくれましたよ。

b0120541_11345278.jpg



カナダは23キロまでのトランク2個までOKですが、私は大きなトランク一つと大きなバッグの手荷物で行きました。
見た目はトランク二つと同じくらい。
行きもトランクは重さがギリギリ。
帰りは2キロ以上オーバーしていましたが「Heavy」のタグを付けられただけでした(*^^)v
海外はスーパーが楽しいのに今回のツアーでは連れて行ってもらえなかったので、私もロザンナさんも長女たちに感謝です。

世界的に治安が悪くなって心配していた夫や姉にも心配をかけてしまったけれど、無事に帰国で来て良かったです。
みんなに感謝です。







やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン


More
[PR]

by anello63 | 2016-11-08 11:45 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(6)

2016年カナダ 7日目ナイアガラオンザレイク、8日目帰国


2016年10月19日(水) 晴れ

朝陽が昇って来ました。
綺麗に空を染めていました。


朝食を済ませて部屋に戻ると、大変な事に!
滝に火が付いたようになっていました。

b0120541_9535039.jpg


もう、爆発状態(笑)

b0120541_9581074.jpg


朝食は昨日と同じレストラン。
カジュアルなレストランですが店員さんのサービスも比例していました。
昨日と同じくテーブルにポンポンとプレートを置いて行きます。

パンケーキとカリカリベーコン、オレンジ、コーヒー。
メープルシロップもプレートに乗っていました。
本当はペープルシロップの匂いも味も苦手なんです(#^^#)

b0120541_9583679.jpg



名残惜しいナイアガラの滝を後にします。
滝の水蒸気が見えます。

b0120541_9592553.jpg



最後の観光はナイアガラ・オン・ザ・レイクへ。
19世紀のイギリス風の可愛い小さな街並みです。
旅行会社から頂いた手書きの地図を片手にフリータイムスタートです。
まずは五大湖のひとつオンタリオ湖へ。五大湖の中で
いちばん小さいと言いながら、四国がまるごと入る大きさの湖です。

b0120541_1002317.jpg


湖に行く途中素敵な家がたくさん並んでいました。
個人のお宅と言うよりもB.B(朝食付き宿泊施設)が多いみたいです。

b0120541_1012186.jpg


この街は時計台を中心に一年中クリスマスグッズを売っているショップや人気のジャムやさん、可愛い雑貨屋さんなど見ているだけで楽しいです。開店前のお店もあってガラス窓におでこを付けるようにして覗いてみました。
広い静かな公園には栃の実が落ちていました。
リスもいっぱい元気よく走り回っていましたよ。

b0120541_102018.jpg



空港へ向かう車窓からは広大なぶどう畑やワイナリーがたくさん並んで見えました。
到着した時と同じトロント・ピアソン国際空港。
出国手続きは厳しい2回の荷物検査を通りましたが、空いていたのであっという間に。
機内食まではちょっと時間があるので軽くスタバでラテとレモンケーキ(これ美味しくて好き)を。
空港は広いように見えたけれどショップが少ない?
売店で売っているサンドイッチの値段10.49ドルにビックリ。

b0120541_104586.jpg


あー、そろそろ搭乗ゲートに行かなくては・・・???
あれ?まだ出国手続きして無い?パスポートにスタンプ押してもらって無いし。
そう言えば添乗員さんは「荷物チェックを終えたらそれで終了」と言っていたのは、そういうこと?
そういう事でした(笑)。出国のスタンプはありませーん。
ちょっと寂しい。


トロント AC005 13:35発 

機内食は3回。行きのお粥が美味しかったので期待したけれど、帰りは×でした。
映画は観ようとすると瞼が閉じてしまいます。
疲れが出て来たようです。

b0120541_1052322.jpg



2016年10月20日(木)
羽田空港 15:35着

羽田の往復直行便はやっぱりとても便利だし楽です。
メープル街道の紅葉も見られたし、長女にも会えてとっても楽しいカナダ旅行でした。





やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-11-08 10:09 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(0)

2016年カナダ 6日目ナイアガラクルーズ

2016年10月18日(火) 晴れ

窓から見える朝陽♪
いいお天気の予感!

b0120541_21322011.jpg


朝食はホテルの駐車場脇のレストラン「Applebee's」
ドサッとテーブルに置かれたプレート(笑)
良く焼けたウインナーとスクランブルエッグ、フライドポテト、オレンジがトーストパンの下に隠れています。

b0120541_21332663.jpg


インクライン・レイルウエイ
地図を見るとホテルの真下がテーブルロックでしたが、そのまま徒歩で降りる事は出来なくて、ぐるっと遠回りするかインクライン・レイルウエイと言う小さく短距離のモノレールのような物に乗るかです。

b0120541_21344483.jpg


午前中の観光はテーブルロック展望台とホーンブロワー・ナイアガラ・クルーズ(旧:霧の乙女号)乗船です。
まずはインクライン・レイルウエイに乗ってホテルの真下に当たるテーブルロック展望台へ。
この建物、テーブル・ロック・ウェルカムセンターの中を通って展望台に進みます。

b0120541_21342023.jpg




テーブル・ロック1
部屋から見ていた景色を間近に見る感じ。
やっぱり迫力が違います。
滝のしぶきがミスト状になって時々こちらまで来ます。

アメリカ滝、レインボーブリッジが見えますよ。

b0120541_21371893.jpg


テーブルロック2
右上:カナダ滝
右下:カナダ滝
左上:テーブルロック、後ろはカジノやホテル。
左下:アメリカ滝とカナダ側のクルーズ船乗り場。

b0120541_2139963.jpg


テーブルロックからカナダ滝の眺め
直ぐ下にカナダ滝。そのまま吸い込まれそうな感覚。
流れ落ちる水量はかなりなもの。
2011年に手すりにまたがっていた日本人の女性が転落死した事故も記憶に新しく、滝を前にすると改めてそれは自殺行為の何物でもない気がします。
b0120541_214066.jpg


テーブルロックからの眺め
もっと先まで行くと思っていたら船はこの辺りでUターン。

b0120541_21404558.jpg


アメリカ滝とブライダルベール滝(赤い矢印)
カナダ滝と比べると大人しい(笑)
滝の下は大きな岩がゴロゴロ。

b0120541_0382566.jpg


いよいよナイアガラクルーズ乗船です。
チケットと赤いビニールのポンチョをもらって列に並んでいるうちに100均で買って来たレインコートのズボンと靴カバーを装着。
以前は「霧の乙女号」今は「ホーンブロワー・ナイアガラ・クルーズ」と言うらしい。
この辺りまでデジカメで撮っていたけれど、霧というか水しぶきが物凄くなって来たので断念。

b0120541_21423576.jpg


ナイアガラクルーズ
モチロン私たちは2階のデッキへ直行!(濡れたくない人は1階の室内)
アメリカ滝の前のロザンナさん。
防水カメラ以外はロザンナさんのような薄いファスナー付きのビニール袋に入れて撮った方がいいみたい。
撮ってはすぐにしまいの繰り返し。
でもほとんど人がそのままで撮っていたので大丈夫だったか心配。

b0120541_21493917.jpg


ナイアガラクルーズ2
振り返ると虹が出ていました。ロザンナさんが撮ってくれました。
風もすごいのでポンチョは、まくれ上がってそのまま脱げちゃいそうに。。。
同じツアーの人はトランクのベルトをウエストに巻いたという人もいました。
そこまでは気が付かなかった!

ロザンナさんがポンチョの下に着ていたのはコストコでリリーさんとロザンナさんと私でお揃いで購入したレインコートと思い込んでいたコート。
「レインコート風」であって実際には防水では無かったようで腰の辺りまでびっしょりになってしまいました。
私は防水のコートを着ていたので全く濡れませんでした。
顔だけは出ていたので、まるでシャワーを前面から浴びたようにびしょ濡れ。

あっという間に終わってしまったけれど・・・思いのほか迫力があって楽しかったです♪
暖かい日だったのであっという間に乾きましたよ。

b0120541_21432261.jpg



ランチ
一番目立つ所にドーンと立っているシェラトン・オン・ザ・フォールズホテルの13階、滝の見えるレストラン「Fallsview Buffet」
窓からは両方の滝が見えます!
昼食後は夕食までフリータイムです。
食後、希望者は添乗員さんが国境があるレインボーブリッジまで案内してくれます。
多分ほとんどの人たちが行かれたと思います。

b0120541_21443948.jpg


レインボーブリッジ1
私とロザンナさんは早めに食事を切り上げて、みなさんが行かれる前にレインボーブリッジに行って来ました。
左上:このドアから入り・・・
右上:25セントコイン2枚を投入して・・・(この段階ではパスポートは不要)
右下:もうひとつのドアを出ると・・・
左下:レインボーブリッジの全景。もうカナダを出たことになります。
橋を渡りきると、あちらはアメリカです。

b0120541_21451771.jpg


レインボーブリッジ2
この日は特に風の強い日で瞼がめくり上がりそうな強風が吹き渡っていました。
上:見えるのはカナダ側。両国の国旗の間の街灯の有る辺りが国境でしょう。
左下:双眼鏡
右下:国境のプレート。ここで記念写真を撮っていた男性の帽子が手を離した一瞬で車道の方に飛んで行きました。

b0120541_2146771.jpg


レインボーブリッジ3
右がカナダ、左がアメリカ。
橋の上の国境線から眺めた手前のアメリカ滝と奥はカナダ滝。
アメリカへのドアの手前で引き返してきました。
帰りはカナダへの入国審査があり、パスポート提出しますがスタンプは押されません。

b0120541_2146495.jpg



先ほどランチをとったシェラトンの1階ロビーで1時半に長女と待ち合わせをしていました。
ホテル前にむこ殿が待っていてくれてそのまま4人で2014年にオープンしたアウトレット・ショッピングモールOutlet Collection at Niagara
ウォルマートへ。
むこ殿にはアッシー君(もはや死語?)をお願いしてしまいました。
左下のむこ殿の車には明治神宮の交通安全のステッカーが貼ってありました(*^^)v

b0120541_21535728.jpg

ウォルマートは今まで行った中で一番巨大でした。
ロザンナさんはネコちゃんの餌までお買い上げ(笑)。

アウトレットはホテルから30分くらいと近かったので、夕食の集合時間の30分前にはホテルに戻りトランクの半分を占めていた物と手持ちのバッグに入れて来たモロモロを長女たちへ。
これでトランクが空くと思っていたら、長女たちからもお土産をもらって荷物が全然減らない!
私たちの部屋の眺めに長女たちも「すごい!」と感激していました。
アメリカ滝の横に見えるアメリカの高いビルはカジノですが上の方はホテルになっています。
そして長女たちが結婚式の時に泊まったホテルでした。

長女たちとはほんの短い時間、しかもショッピング・・・汗
6時少し前になったので夕食会場のレストランに向かうので、下の駐車場で長女たちとはしばしのお別れです。またいつでも会えるものね。
ツアーのついでに会えただけでもラッキーでした。
元気そうで安心したし。
今回は涙は無しよ。


初めは洋裁仲間4人で行く予定だったので、この日午後がフリーだったので私だけ抜けて長女と会う予定でした。
それが急にロザンナさんと二人になってしまったのでどうしよう?と思いロザンナさんに聞くと一人でも大丈夫と言ってくれました。
でも以前リリーさんとロザンナさんとで台湾に行く時にリリーさんがパスポートを忘れて、急遽一人で行くことになった時、食事や買い物に行く時ひとりだと寂しかったとかひとりじゃつまらないと何度か聞いたことがあるので一緒に行動することにしました。
アウトレットもウォルマートもロザンナさんは喜んでくれたからよかったけれど。

ツアーの夕食もキャンセルして美味しいステーキ屋さんがあるというのでそこに案内してもらうつもりだったけれど、ロザンナさんは夕食はツアーに付いているので絶対無駄にはしないし(涙)。

ツアーのディナーもステーキでした。
お肉は案の定いまいちのお味。。。
パンが美味しかったですよ。
今回ツアーの人たちもいい人ばかりで会話が弾みましたが・・・

b0120541_21544115.jpg


夕食の後はホテルが近いので自由解散。
明るいいイルミネーションの方に行くとカジノでした。
カジノはやらないけれどぐるっと回って疲れて来たのでホテルに戻りました。

b0120541_21553734.jpg



夜中3時ごろ、チョンチョロリーンと私のケータイが何度か鳴ったらしい。
私は爆睡中で全く気が付かず、ロザンナさんの声で起こされる。

見たら日本にいるキョンちゃんとリリーさんがお出かけの打ち合わせを、洋裁グループのラインで通話中。
時差はマイナス13時間。日本では19日のお昼過ぎあたり。

前の晩はロザンナさんのケータイが鳴ったので、すぐにマナーモードにしたらしい。
私はマナーモードにしないで音を消していただけなので(大汗)。

朝起きてから同じことを5,6回言われて、さすがにちょっとこちらも嫌気がさしてきたので「前の晩はロザンナさんのケータイが鳴ったから、あいこだね」と大人げないことを言ってしまい、一瞬シラッとなったけれどそれでもう言わなくなったのでお互いにそれですっきり(*^^)v


レインボーブリッジの境界線のプレートの前で撮影の順番待ちをしている時の私たち。
ちょうど車で通りかかった長女がケータイで撮っていました。
ドンピシャでした(*^^)v

b0120541_124269.jpg











やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-11-08 00:53 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(6)

2016年カナダ 5日目ガナノクエ~トロント~ナイアガラ



2016年10月17日(月) 曇り

昨夜泊ったのはオンタリオ州キングストン近く、「ガナノクエ」と言う所にあるホテルでした。
朝ゆっくり9時の出発なので朝ごはんの後、外の空気を吸いに出ました。
変った色のメープルの葉っぱの木が通りの向こうにありましたよ。

b0120541_21442154.jpg


オムレツ(チーズ入り)と薄いハンバーグのような物と、今日も生野菜はありません。
まぁ、あまり食欲は無いのでこんなもので充分でした。

b0120541_21533168.jpg



セント・ローレンス川のロックポートサウザンド・アイランドのクルージング。
パッとしない曇り空の中、1時間大小1800以上もある小島を眺めながら船は進みました。
風が強くて寒かったけれど甲板に出ました。
中国語を話す団体と一緒の乗船でした。
後で食事も一緒でしたが大声で騒ぐ人も無く、割り込む人もない所を見ると台湾の人たち?
英語、日本語、中国語の順番に音声ガイドが流れたのには添乗員さんが大満足のようでした。
中国よりも先に日本語が流れたのが嬉しかったそうです(笑)。
右下:乗っていた船

b0120541_2201846.jpg


大小の島々にはコテージや別荘が立っていましたが、ひときわ目立つ島が!
ハート・アイランドにあるポルト城。
ニューヨークの名門ホテルのオーナーが愛妻に送ったサマーハウスだそうです。
凄いですね~。でも建築中に奥さまが亡くなってしまったそうです。。。

b0120541_2202657.jpg



下船したらそのまま乗り場に併設されたレストランでランチです。
先ほどの中国語を話すツアー客と一緒です。
サラダ山盛り(*^^)v
サウザンド・アイランズ・ドレッシングを掛けました!
右下はレストランに貼ってあった晴れた時のサウザンド・アイラン。

b0120541_221197.jpg


乗船前と出発前に周りの素敵な家や景色をパチリンコ。

b0120541_21584274.jpg



ランチの後はトロントへ。
トイレ休憩&ちょっぴりお土産タイムに寄ってくれた「BIG APPLE」
店内はリンゴがいっぱい!食べ物やグッズもあって楽しい!
ゆっくり観る時間は無かったので手作りの板チョコのみ購入。

b0120541_2224533.jpg


走り出してしばらくすると濃霧が発生。
一時真っ白になってしまう場面も。

b0120541_22336.jpg


トロント市内観光はバスから降りる事なく、車窓からのみ。
まだ高層ビルの頭の方は霧の中。
トロントのランドマークタワーのCNタワーも霧でその姿が見えません。

トロント州議事堂前に立つ銅像はカナダの初代首相ジョン・マクドナルド。

b0120541_23455625.jpg


色々な方向から見えるようにグルグル回るバス(笑)。
ユニークな形の市庁舎。

b0120541_2346220.jpg


1周している間に霧の隙間からCNタワーが現れました。

トロントは羽田からの玄関口ですが降りてゆっくりの観光が無かったので記憶に残らないかも。

b0120541_23461115.jpg


ムネリンが活躍していたトロントブルージェイズの球場も最後にそばを通り、
あっという間にトロントを後にしてナイアガラに向かいます。

ナイアガラのホテルの窓から夕陽が見えました。
ナイアガラの滝の反対側。

b0120541_0193216.jpg


私たちの8階からの部屋からは真下にカナダ滝が見えました。
同じツアーで3階、4階、8階に別れてしまい、窓から滝が見えたのは8階からの数組だけで申し訳ない気がしました。
3階と4階からは木が邪魔で観えなかったみたいです。
滝の音は聞えません。

b0120541_021144.jpg


夕食は近くのレストラン「Remingtons of Niagara」へ歩いて行きました。
大好きなロブスターです♪
テーブルにスタッフが一人一人食べやすいように手でカットしてくれます。
自分でやろうものなら叱られます。
でも噂どおり顎が痛くなるほど噛みごたえのあるロブスターでしたよ(笑)

初めてアイスワインに挑戦。
物凄く甘いです。ウィーンの富貴ワインと同じ感じでしょうかね。
口当たりがとてもいいので飲みやすいです。
小さなグラス1杯で20ドル!

b0120541_0264354.jpg


14階には無料の展望フロアーがあります。
滝のライトアップ。時々色が変わるみたいだけど色が薄いです。

ナイアガラには2泊連泊です。
Oakes Hotel Overlooking the Falls(オークス ホテル オーバールッキング ザ フォールズ)

このホテルもwi-fiフリーでした。
泊ったカナダのホテル、全てトイレにはウォシュレットが付いていませんでした。
欲しいよね~、ウォシュレット。

b0120541_1103010.jpg


ベッドから滝を観られるなんて最高♪






やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-11-05 01:15 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(4)

2016年カナダ 4日目ケベックからモントリオール

2016年10月16日(日) 雨時々曇り

朝、陽が昇る前にロザンナさんと城壁の上を散歩。
・・・と言っても7時ちょっと前。
まだ歩いている人もいない。
いくつかある門のうち、私たちは西側にあるカン門から上っていきました。

b0120541_2244586.jpg


城壁の上からの眺め。

誰もいないと思っていたら先客あり。
同じツアーのアクティブなご夫婦が・・・
昨日の湖畔でもツアーの中で唯一このご夫婦が散歩されていました。

b0120541_22443196.jpg


しばらくして明るくなって来たので、昨日行った所もあちこち時間ぎりぎりまで歩きまわりました。

b0120541_22455955.jpg

左上:市庁舎に庭のハローウィンの飾り付け。
右上:どこかで見かけたもの
右下:カナダのポスト
左下:街のシンボル的なホテル「シャトー・フロントナック」の窓飾り


ホテルの窓からも見えたノートルダム聖堂。
時間があったら行こうと思っていたのに前を通ったのに入るのを忘れちゃいました。

b0120541_22473326.jpg


戻ってホテルのレストランで朝食。
クロワッサンが美味しいけれど、生野菜が欲しいです。

b0120541_23182483.jpg


部屋からの景色も名残惜しい。

b0120541_23194197.jpg



ケベックからモントリオールに向かいます。
途中、トイレ休憩に寄った所にあったマック。
カナダのマックのマークには小さなカエデ(メープル)が書いてあります。
美味しそうなパンもありました。

b0120541_23235145.jpg



途中から激しい雨が降り出して・・・雨のモントリオール。
ランチは中華。
「Mr.ma」
大きな大好きなホタテ、プリプリのえびちゃん、カニの爪いいじゃないですか♪
ところが残念なお味のチャーハン。
フォーチュンクッキーとスティックのチョコが付きました。
チャーハンさえ美味しければ大満足だったかも。

b0120541_23293941.jpg


ノートルダム大聖堂
ネットで観て楽しみにしていた所です。
本当にブルーのライトの大聖堂なんて初めてです。
後ろのパイプオルガンも大迫力でした。

b0120541_2327404.jpg


雨の中、傘をさして現地ガイドさんについてジャックカルティエ広場、市庁舎、旧市街などを観光したけれど後ろの方になってしまいほとんど下ばっかり見ていた気が・・・汗

b0120541_23264714.jpg



モントリオールを後に南ローレンシャンオカ州立公園へ。
林の中は霧が立ち込め、幻想的な雰囲気でした。
林を抜けると大きな湖。
この時はほとんど傘を差さずにすみました。

ここでツアーの人にアクシデントが。
右上の濡れた橋の上で滑って転んだ拍子に靴先が板と板の間に挟まってしまったとか。
怪我は無かったようですが、後で知り見たら革靴の先が透明テープでグルグル巻きになっていました。
危ない、危ない、気を付けましょう。

b0120541_23451981.jpg


夕食は大きな切り身のサーモンとこれまた大きなグリルしたポテト。
どこでもそうですがポテトの美味しいことったら!
しっとりとして甘いのです。

b0120541_00881.jpg


今夜のホテルはガナノクエのホリディイン エクスプレス

部屋は狭いです。 wi-fiフリーです♪

b0120541_23591647.jpg







やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-10-30 00:16 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(4)

カナダ 3日目 ローレンシャン高原からケベック

2015年10月15日(土) 晴れ

朝、窓から差し込む柔らかな日差しで晴れと知る。
ローレンシャン高原の朝は空気も澄み切ってとても気持ちがいいです。

ホテルのレストランでの朝食は野菜不足。
今朝も美味しいヨーグルトを食べる。

b0120541_0162247.jpg


10時の集合時間までフリータイム。
・・・と言っても、お店はまだオープンしていないし、ホテルの前から乗車できる無料のゴンドラは10時から運転開始とか。

b0120541_0164138.jpg


山の頂上までのゴンドラに乗った人たちは辺り一面の紅葉に大満足のようでした。
遠くまで綺麗に見えたそうですが山の上はやはり寒かったそうですよ。

ロザンナさんと湖の方に散歩に行きました。
風もないので湖面に樹々が映り込んて感動!

b0120541_0162897.jpg


しかも道路わきの草むらに親子らしい野生のシカも発見。
愛くるしい目が印象的でした。こんなに近くで野生のシカを見るなんて初めて。
目が合っても逃げることは無いので慣れているらしい。
ゴンドラで山に登った人たちも4匹発見したそうです。
綺麗に色づいた赤や黄色のカエデの葉っぱを拾って歩きました。

b0120541_016327.jpg


まだ時間があったのでトレンブランビレッジを散策。

b0120541_0164138.jpg



ローレンシャン高原を後にまた紅葉が続く道をバスはひたすら走り、ランチへ。
Chez Dany
b0120541_0164796.jpg


すぐお隣の小屋でメープルの採取方法や工程の展示があったり、外で
b0120541_0165417.jpg

メープルタフィーを味見しました。
氷の上にメープルをたらし、木のスプーンに巻き付けて食べます。
想像通り激甘です。


次の目的地、メープル街道の東の端、ケベックに到着。
ここはフランス圏、表示も言語もフランス語。
まぁ、特に私たちが話せるのは・・・
「ボンジュール!」「メルシィー」ぐらい(笑)

ダムル広場(右上)やプチシャンブランを日本人のガイドさんについて回りました。
日本人のツアーの観光客多し!
有名な壁画や首折れ階段などをフリータイムにバシバシ激写。

b0120541_017980.jpg


夕食は宿泊ホテルから歩いて行きました。
Le Cavour
薄~いポークステーキ。
一番美味しかったのはポテトです。
b0120541_0172028.jpg



帰りは自由なのでロザンナさんとフニキュレールと言うアッパータウンとロウアータウンを結ぶケーブルカーに乗ってみました。
降りるとそこはダムル広場でホテルからも直線で近いです。

奥に見えるのがそれ。短い距離で一瞬で上り下りします。
ロウアータウンからは小さな店内の奥に上り口がありレジのようなところで料金は片道2ドル25セントと安くはありません。

b0120541_1061063.jpg


ホテル前を通り過ぎる馬車はたくさん見かけました。
奥の建物は市庁舎。

b0120541_106493.jpg



ホテルはホテル クラレンドン
城壁の中にあるホテルで6階の部屋の丸窓から向かいの市庁舎や海のように広いセントローレンス川が見渡せ、夜景が綺麗でした。
部屋は狭いです。

b0120541_0172510.jpg


b0120541_017124.jpg


このホテルもwi-fiフリーでした。







やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-10-28 01:12 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(6)

カナダ 2日目アルゴンキン州立公園、オタワ

2016年10月14日(金) 雨のち晴れ

朝、目が覚めて外を覗くと地面が濡れていました。
まさかの雨。。。昨日の晴れ渡った空と変えて欲しい!

朝食はホテルのレストラン。
生野菜が無いのが寂しい。
ビックリしたのはゆで卵の殻をむいてあったこと。ちょっと手が出ませんでした。
挽肉や野菜が詰めてあるオムレツがと~っても美味しい。
久々にヨーグルトを食べたら、やっぱり美味しい!
フレッシュなオレンジジュースとバナナも♪
チーズや乳製品を止めたら長年悩んでいたアレルギーの痒みが無くなったので、あまり多くは食べないようにしなくちゃね。

b0120541_2251326.jpg



今回のツアーはメープル街道800キロ全て走破するとのこと。
是非紅葉のメープル街道に行ってみたいとロザンナさんひとりがノリノリだったのですが、例年9月下旬が最盛期で私たちのスケジュールだと、かろうじてナイアガラでの紅葉が間に合うかもと言うことでした。
もう完全に諦めムードで来たのですが直前になって今年は紅葉が遅れているので丁度いいかもとの話でした。

見事に走る車窓からは赤や黄色に染まったカエデの樹々が飽きるほど続いていました。

紅葉の名所、アルゴンキン州立公園、ライオンズルックアウト。
見渡す限りずっと先の方まで紅葉が続いています。
雨が降っていますが素晴らしい景色。

b0120541_22514237.jpg


アルゴンキン州立公園ビジターセンター。
こちらのガイドは日本人の佐久間さんでした。(画像下中)
10月29日「旅サラダ」でこの辺りの放映あり。

アルゴンキン州立公園はオンタリオ州にあります。静岡県や宮崎県とほぼ同じ広さを持つ広大な公園。
公園内には2400以上の湖沼や1200キロに及ぶ川もありアウトドアにも最適とか。
オオカミやヘラジカ(公園内に2000頭いる。画像左下)、ムースやビーバーなども生息しています。
実物の大きなヘラジカを見てみたかった。

b0120541_22522317.jpg



大自然を後にカナダの首都オタワに到着。
ここではもう雨も上がりました。

ランチ 「BIER MARKT」
フィッシュ&チップス スープと甘いケーキとコーヒーか紅茶付。
サクサク美味しい白身魚のフィッシュと美味しいフライドポテトですが、多い!

今回のツアーは全て紅茶やコーヒーが最後に出るので食前酒はパスしてしまいました。
ここもパブのようなオシャレな所でみなさんはビールを楽しまれていました。
両替したカナダドルの出番がなかなかありません。
(使おうと思えばいくらでも使えますが)

b0120541_22522793.jpg


首都オタワ 国会議事堂
平和の塔を持つ中央棟と東西の棟の3棟で構成される、ネオ・ゴシック様式の建物。
広い前庭の芝が気持ちよく、

b0120541_22523087.jpg


リドー運河(世界遺産)
カナダのオタワ川が流れるオタワ市とオンタリオ湖畔のキングストン市とを結ぶ運河である。
ダウンタウンから下流へ、なんと7.8km。冬にはギネスブックにも認定されている世界最長の無料のスケートリンクができます。
スケート靴を履いて通勤通学する姿が見られるそうですよ。

b0120541_22523420.jpg


バイワードマーケット
(このあたりでフリータイムありでした。)
1840年代から続く歴史ある市場。完全に観光化されている割にパッとしないかも。
オバマさんが食べたというメープルの形のクッキー(かなり大きくて甘そう)を売っているお店がありましたよ。(画像右下)
周りにはたくさんの露店が出ていたり、お店がたくさんありました。
添乗員さんお勧めのお店でメープルシロップを購入しました。

b0120541_22523782.jpg




オタワをサラッと観光した後はまたバスに揺られ、宿泊先のローレンシャン高原に向かいます。
夕刻にモン・トランブランビレッジ内のホテルに到着しました。
チェックインして荷物を整理した後、集合してホテルの近くのレストランに徒歩で行きました。
坂道の両側にはかわいいショップが並んでいます。

「Fat Mardi's」
メインはチキンでした。
サラダとマッシュポテトとミニの人参、パン。
デザートとコーヒーか紅茶。

b0120541_22524184.jpg


ホテルに帰る途中にコンビニのような物があり、開いていたけれど欲しいものは既に昨日購入済みです。



今夜のホテルは、Holiday Inn Express & Suites Tremblant

今回の旅行で一番広かったホテル。
ベランダにも出られましたよ。
心配だったお風呂も熱いお湯が出ました。
このホテルもwi-fiフリーです。
ほとんで検索することもなく使ったのはLineだけだったのでipadは要らなかった。邪魔だし重いだけでした。。。

b0120541_22524439.jpg




やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-10-25 12:15 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(2)

カナダ 1日目

2016年10月13日(木)から20日(木)までカナダの紅葉を楽しんできました。

『羽田発着 エアカナダ往復直行便利用 錦秋のカナダメープル街道ぐるり周遊8日間』


1日目 2016年10月13日(木) 晴れ

羽田 17:40発 AC006便 トロント 16:45着(飛行時間約12時間)

初めは洋裁メンバー4人で行く予定でしたがキョンちゃんとリリーさんは都合が悪くなり、今回は初めてロザンナさんとふたり。
午後1時過ぎにロザンナさんのご主人に新百合ヶ丘駅まで送っていただき、バスで羽田国際空港までゴー!
毎回、何かしらやらかしてしまうのですが、今回はしっかり者のロザンナさんと一緒だったので安心の旅ができました。

羽田国際空港内のポスト
b0120541_10572034.jpg


羽田空港でカナダドルに両替。
偽造防止のために全て新しくなったポリマー紙幣。
プラシチックのような手触りで右側の一部は透明で指が透けて見えます。点字のようなものもあります。
10ドル札の表は初代カナダ首相、ジョン・A・マクドナルド氏。
20ドル札の表はエリザベス2世女王。
本当に鼻を近づけるとメープルの香りがしました♪

下の古い5ドル紙幣とコインはロザンナさんの持っていたもの。
ほかに左から2ドル、25セント、10セントコイン。

b0120541_10575685.jpg



今回の参加は34名。うち、ひとり参加がなんと11名!
若いふたり連れを除くとひとり参加の最高齢81歳のご婦人を筆頭に平均年齢はかなりの高さ。
添乗員さんは40代の男性でしたが、さすがに『できる添乗員さん』でした。

機内食は3回!
1回目は朝もお昼も食べていなかったので夕方の時間にも関わらず、パンは固くの残しご飯も半分の残し・・・
2回目日本時間で23時45分頃、カップヌードルはコーンと人参が入ったもの。大きさもレギュラーサイズ&サンドイッチ&クッキー2枚・・・カップヌードルのみ食べる。
3回目に至っては深夜3時45分頃。
映画を観ながらウトウトしつつ、鮭の乗ったおかゆが美味しくて完食。フルーツのリンゴとパンは残す。
量が多すぎざます。
映画は見始めると瞼がくっついてしまう。眠くて眠くて・・・
それなのに食事が配られると目が覚めるって・・・どぅゆうこと?

ロザンナさん、行きの映画は5本見たらしい。恐るべし!

b0120541_10572744.jpg


カナダ トロント・ピアソン空港に到着。
同じ飛行機で来た日本の他のツアー客などでごった返していました。
空港は新しくて綺麗です。

b0120541_10573174.jpg


トロントのピアソン空港からトイレ休憩を挟み、ハンツビルのホテルまで向かいます。
帰宅時間に当たって道路が渋滞中、夕食はバスの中で何故か日本のお弁当が出されました。
でも、美味しい。

日本よりも遅い6時半の日没。長く綺麗な夕日と茜色の空を眺めることができました。
雲ひとつ無く、とってもいいお天気。移動だけなのがとっても残念!

b0120541_1057363.jpg


今夜のホテルはホリデイ・イン エクスプレス ホテル & スイーツ ハンツビル
使わなかったけれどジムとプールがありました。
浴室のシャワーが固定なのが不便です。一斉に使い出したためか、先に入ったロザンナさんが途中からお湯がぬるくなり、私が入ろうとしたら完全にお水でした。。。
ベットと枕が合っていて、ぐっすり眠れました♪

b0120541_1057524.jpg


カードキーの袋に部屋番号とwi-fiのkeyナンバーが書いてありました。

b0120541_10581113.jpg



こうして一日が暮れていきました。











やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-10-24 12:30 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(14)

カナダ電子渡航認証eTA

アメリカのESTAのようにカナダも2016年3月から電子渡航認証eTAが必要になりました。

ロザンナさんと一緒に日本語で丁寧に説明されたサイトを参考に申請手続きをしました。

私はすんなり認証を知らせるメールが来たけれど、ロザンナさんは保留を知れせるメールが来てしまいました。
先ほど分かったことだけど、過去にカナダに旅行に行った時にビザを取っていたので問われて「YES」としたから?(申請者識別番号UCIは無記入)
短期の旅行は「NO」で良かったらしい。
旅行会社の説明にも書いてあったけれど読んでいなかった(涙)

とにかくメールが来るのを待つしかないのかも。。。

ロザンナさんが持って来てくれたスノーマンのモンブランは中に渋皮煮の栗が入っていて美味しかったです。

b0120541_0115128.jpg



追記:2016.9.23
朝、ロザンナさんからラインがありました。
Jで始まる認識番号の認識完了のメールが届いたそうです。
ホッとしました。これで安心して行けます♪



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-09-22 23:11 | 2016年カナダ | Trackback | Comments(6)

« home---