「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2015年台湾( 11 )

台湾こぼれ話

添乗員さんに聞いた、台湾こぼれ話

これを言えば受けること間違いなし!
台湾の標準語は北京語ローカルには台湾語
が広く使われている。
「謝謝(ありがとう)」と言われたら「メンケーキ」と言いましょう。
台湾語で「どういたしまして」の意味だそうです。
これを言うと相手の反応は効果抜群だそうですよ。

台湾に来たらしたい5つのこと
1 食べる 小龍包、アップルマンゴーや釈迦などのフルーツ
2 リラックス マッサージを受ける
3 故宮博物院に行き「白菜」と「豚の角煮」を見る
4 夜市に行く 台湾はほとんど外食。冷蔵庫が無いので生ものは氷の上に乗せるだけ。お腹を壊しやすいので注意。

台湾は1日5食、しかも外食。
自分の家で作るより買ったほうが安上がり。
そう言えば夜10時過ぎ屋台に並ぶ行列を見かけました。

台湾のウーロン茶
台湾のレストランで出されるのはお水では無く、ホットのお茶(ウーロン茶)。
台湾産のウーロン茶の色は黄色です。

1位 茶王 標高1500mあたりで1年に1回しか採れない。
2位 阿里山高山茶 標高1200mあたりで1年に2回採れる。今年のお茶は最高らしい。
3位 凍頂ウーロン茶 標高800mあたりで1年に4回採れる。

台北 タピオカミルクティー
「50嵐」で有名なタピオカミルクティー
かなりの甘さ。「珍珠茶 微糖」でオーダーしましょう。

和食も人気
一風堂(ラーメン)、大戸屋、くら寿司など。
台北駅前の三越地下には讃岐うどんの「丸亀製麺」がありましたよ。

コンビニ
一番多いのはセブンイレブン

一番高級(価格)なホテル
北投區の「加賀屋」 従業員は金沢の加賀屋で修行したそうです。

屋根の上の気になるタンクは何?
雨水を貯めておくタンク

ビルの上の小屋は何?
鳩小屋
 
明治神宮の大鳥居は・・・
木造としては日本一の大きさを誇っている明治神宮の大鳥居。
今ある2代目も台湾の阿里山の檜(樹齢1500年超)

台湾は土葬
お墓はちょっとかわいい

台湾の人口
約2330万人、ほとんどが漢民族

都市
第1の都市 台北、第2の都市 高雄、第3の都市 台中

時差
台湾はマイナス1時間

年号
台湾の年号は「民国」。
民国年に1911を加えると西暦年となり、2015年は民国104年。
賞味期限などで、この表記の物もありました。

b0120541_1415126.jpg



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-10-01 01:42 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(6)

2015年台湾 5日目故宮博物院 そして帰国

2015年9月5日(土)晴れ

ホテル(ギャラリー ホテル)の朝食は6時半から。
レストランは1階。ロビーも吹き抜けになっています。
食べる物はそこそこあったけれど、食べたいものはこれだけでした(笑)
結構好き嫌いが多い。

b0120541_23591829.jpg


食後はまだ時間があるのでホテルの近くを散歩。
日差しが強くて日影を選んで・・・ 
ちょっと行った所に「中国電視公司」がありましたがTV局ですかね?
タレントさんとかいないかな?と見まわしたけれどいる訳ありません。

b0120541_002777.jpg


台湾のタクシーは結構綺麗ですね。
やはり日本車は人気だそうです。
安くて便利だけど今回は利用しませんでした。

b0120541_01048.jpg


台湾のポスト。
緑色は台湾国内専用、赤色はエアーメールや速達専用みたいです。

b0120541_014276.jpg



暑くてホテルに戻ると汗びっしょり。
着替えてトランクをバスに乗せて、台湾最後の観光に出かけます。

故宮博物院
世界四大博物館(他はルーブル、エルミタージュ、メトロポリタン)のひとつ、歴代中国皇帝のコレクションが展示されています。
8時半のオープンを待って入りました。
1階から2階、3階へと主要な展示物の説明を聞きながら観て回りました。
朝早いのでじっくりと目の前で作品を観ることも出来ました。

この2点を観なくてはここに来た意味が無いと言われるのが302室にある「翠玉白菜」と「肉形石」です。
去年「翠玉白菜」は日本に貸し出されましたが海外の貸し出しは初めてだったそうですよ。
館内は全て撮影禁止ですがこちらで見られます。

後半はフリーで観て回りました。観ていなかった所などざっと一通り観ましたが、以前見た皇帝が着ていた物などは見当たらず・・・数が多すぎるので入れ替えて展示しているんだったと思いだしました。
以前の方が見ごたえがあったような気がします。

b0120541_021411.jpg


ミュージアムショップは出口の外にあるので手にスタンプを押してもらうと再入場できます。
お土産は「翠玉白菜」と「肉形石」が付いたストラップ、「翠玉白菜」のマグネット、マスキングテープ。

b0120541_09469.jpg


暑い中、建物をバックにツアーの集合写真を撮りました。

b0120541_23453086.jpg


2時間ゆっくり観れましたけれど、帰る頃は物凄い人。
「翠玉白菜」(長辺は約19cm)と「肉形石」(大きさは5cm強)の302室に並ぶ列が階段の下の方まで長くなっていました。
翠玉白菜は天然の翡翠で長寿や純白の意味があることや、葉先に施されているキリギリスは子孫繁栄の意味がありお嫁入り道具の一つと考えられているようです。

列の後ろは1時間待ち?近くでは見られそうにないですね。

空港に向かう車窓から信号待ちのオートバイが見えました。
4人乗りですね。
台湾もオートバイが多いけれど、ベトナム程では無いですね。

b0120541_025034.jpg


12時ごろ桃園国際空港に到着。
ここで添乗員さんにお別れして、各自でチェックインしました。
比較的空いていてスイスイ出国手続き完了!

もうすっかりお腹も空いて機内食まで待てないと言うことでフードコートでランチにしました。


夫は肉骨茶(豚肉の漢方煮込み)ヌードル(小鉢・ドリンク付き 250元)
私はエビワンタン麺(小鉢・ドリンク付き 250元)ワンタンは美味しいけれど麺がビーフンみたいな・・・(泣)

b0120541_072998.jpg


台北14:40発 CI018  成田経由ハワイ行き(ハワイまで行きたい!)

なかなか離陸しないと思ったらラッシュで離陸待ちの飛行機が5機ほど一列に並んでいました。
こんな光景は初めて見ました。

1時間ほど待たされた後ようやく離陸。
流石に機内食には手が出ず。
フルーツはアレルギーで食べられないリンゴだし・・・一口のスイカが美味しかったです。
あとこのお菓子が美味しかった。台湾で売っていたのかな?

b0120541_08788.jpg


映画は新作の「アデライン、100年目の恋」を観ました。


無事成田に夜7時ごろ到着。
新百合ヶ丘までバスでこの日のうちに我が家に帰れました。

今回のツアーはコンパクトにあちこち観られて、食べ物も口に合ったようで、夫も台湾が気にったようです。
添乗員さんのガイドが良かったと言うのが大きいです。

読んでくださった皆さまありがとうございました。



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-29 02:28 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(12)

2015年台湾 4日目その3中正紀念堂・忠烈祠


2015年9月4日(金)

九份を後に中正紀念堂に着いた時は、ちょうど衛兵交代式が始まる直前でした。
ジャストなタイミング。
故蒋介石総統を偲ぶ為に建てられた青い(瑠璃色)と白い大理石の純中国式の建物。
紀念堂の階段は89段あり、亡くなった年齢と同じ数。

b0120541_282642.jpg


右下:巨大な故蒋介石総統の像が置かれていてその前で交代式は行われました。
左中:オレンジ色の屋根は音楽庁と戯劇院。
左上下:塀の窓はいろいろな形で可愛い。

b0120541_29491.jpg


台北に入り、
最後のツアー会社推薦のお土産屋さんに強制連行されました。
九份の滞在時間とほぼ同じ時間、ここに監禁状態でした。
流石に途中でフラフラと外の空気を吸いに行きましたが。
パイナップケーキとお茶のお店です。
パイナップルケーキはやはり手作りの物に限るのだそうです。
ジャムはパイナップルだけれど安い工業で作られたものは中身がトウガンだそうです。
2日目にスーパーで一つ買って食べたけれどパイナップルもトウガンも区別が出来ません。
あのパイナップルケーキも普通に美味しかったです。
次女のリクエストはその安いパイナップルケーキ。
その方が軽くて美味しいと言うことです。まぁ好みですからね。
プーアル茶は血糖値の上昇を押さえる働きもあり、花粉症にも効果的らしい。
「ダイエット」に反応する女性陣。モチロン私も(#^^#)
20年物プーアル茶

b0120541_294097.jpg


ようやく解放されて次の観光に向かいます。

忠烈祠
革命や戦争で亡くなった約33万人の将兵が祀られています。
毎時ちょうどに行われる衛兵交代式、最後の回を見学しました。
時間的にも観光客も少なくなりゆっくりと奥の建物も観ることが出来ました。

b0120541_2112189.jpg


夕食は台北の中山にある金品茶樓
今回のツアー初めての小籠包登場!
初めに出て来た小籠包は4個ずつね、あらっ?猫舌の私でも全然熱くない。
と思ったら次から次へと種類の違う小籠包が登場。
エビとかカニみそとか、もう覚えていないけれど後から来たのはアッチイチイ!
スープも来たけれど撮れてない(‘◇’)ゞ
うん、美味しい、美味しい♪
小籠包のタレはお醤油1にお酢3が美味しいとか。
お腹いっぱいになって食べきれません。
円卓だと他の人とも気さくにおしゃべり出来て楽しい。

b0120541_2125325.jpg


食後、ホテルでチェックインしたのは午後7時。
ロビーでタクシーを待ってどちらかへ行く人たち。
韓国国籍のご夫婦は後で聞くと30分かけてバスで士林夜市まで行き11時ごろに戻られたとか。


ホテルの最寄り駅はMRT(地下鉄)板南線の昆陽。ホテルからは歩いて15分。
私たちは地下鉄に乗って台北車站(台北駅)へ。

右上:自動券売機で切符を購入。
路線図に乗っている数字が料金。とってもわかりやすいです。
1 画面にタッチして、購入する切符の金額を指定する。
2 お金を入れる。
3 切符(トークン)が出てくる。
台北駅まではひとり25元(≒100円)。
右下:さすが地下鉄、ホームへのエスカレーターも深いです。
左上:ホテルの最寄り駅「昆陽」。
左下:切符(トークン)

b0120541_2145087.jpg


台北駅の地下通路も人であふれていました。
台北駅は台湾鉄道、台湾高速鉄道、MRT(地下鉄)の3つの駅があり、地下鉄だけ少し離れているのでそのまま地下から行けると思ったら無理でした。
案内図も看板もたくさんあって行けると思ったのが甘かった。
もう迷子状態。。。

b0120541_2164358.jpg


一度地上に出てから地下に降りて行くとすんなり到着できました。
台北駅で行って見たかったのはここ。
以前のスットコドッコイぶりを披露した(汗)ブログに出て来た台北駅のこの場所と同じ場所とは思えないくらい明るくて綺麗でした。
そしてやっぱり天井が高くて広―――い!
いるいる、やっぱり床に座り込んで食べたり休んだりしている人たち。
TVで観た光景。飲食店やお店もたくさんあるみたい。

b0120541_2181796.jpg


地下街もあるから行ってみようと言うことになったけれど・・・
買う物、見る物無しで速攻パス。
本屋さんが好きな私たち。地下鉄の市政府駅そばの「誠品書店」に行こうと思っていたけれど、地下鉄台北駅の構内にあった「誠品書店」(とても小さい)を覗いたら、日本語じゃないから買っても仕方が無いし行かなくてもいいと夫。
あらら、どうしましょう。他の予定は全く考えていなかったので先ほど地上に出た時に目の前にあった三越(何故台湾に来てまで三越、と言うなかれ)の地下で次女へのお土産のパイナップルケーキ探しへ。台北駅にも売っていただろうに・・・と、後で思うのであります。
三越綺麗です。ほっとします。
お腹は一杯だけれど冷たいものが食べたいと言うので〆のマンゴー(200元)♪
大きなサラダボールのような器にてんこ盛りで出てきました。
私は黒糖が好きじゃないのにたくさんかけてくれました(涙)
マンゴーは、それはそれは美味しかったです。
胃にかき氷の冷たさが届くのがわかるくらい冷たくて、量も多くて二人で食べたけれど氷は残ってしまいました。
右下:台北地下街、ここはガラーンとしています。
左上:台北駅前、大きなビルは三越
左中:台北駅駅舎、地上から
左下:台北駅の地下鉄ホームにキムタクの大きなポスターが。

b0120541_2253375.jpg


10時半頃ホテルに到着。
今夜のホテルはギャラリー ホテル(麒麟商務會館)
スクリーンを上げるとガラス張りなので部屋の方からお風呂が見えちゃいます。
ロビーは吹き抜けになっているので高所恐怖症の夫は初めギョッとなっていました。

b0120541_2262811.jpg



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-27 02:37 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(6)

2015年台湾 4日目その2 九份

2015年9月4日(金)

以前も訪れた2回とも雨ザーザーの九份でした。
1週間のうちで8日雨が降ると言われるほどの九份。
100均のカッパも用意。急な階段が多いので一脚も。準備万端です♪

七堵駅前から待機していたバスに乗り、つづら折りの山道を九份目指して上ります。
中腹からすでに基隆湾が見え隠れしていました。
雨は降りそうで降らない。
同じツアーの中で足の悪いご婦人がひとり、バスで降りた所で待っているとお連れの方に言うと添乗員さんが帰りは違うバス乗り場から帰るので一緒に行ってくださいとのこと。

杖を突きながら優しいお孫ちゃん(大学生?の男子)に手を引かれ、時に腕をつかまりながらゆっくり急階段を上ります。娘さんも一緒だけれど手を出さず。
セブンイレブンの近くの駐車場から来ればそんな事は無かったのに、ここからだとほとんどの階段は上りです。

b0120541_20134795.jpg


軽便路を通り、九份で一番の有名な「阿妹茶酒館」の階段下の広場へ。
ここまで添乗員さんが連れて来てくれてここでフリータイム。
台湾は初めてという方が多いのになんとフリータイムは45分!

ひとまず「阿妹茶酒館」の建物を撮って・・・(笑)

b0120541_20163371.jpg


山に張り付いたように建っている茶芸館やカフェからこの基隆湾を眺めるのが最高。
でも今日はそんな時間が無いから展望台から眺めます。

b0120541_2017045.jpg


九份で一番のお気に入りの「九份茶房」。
入ってみたら月日を感じます。。。
団体の観光客は時間が無いのでゆっくりお茶をすることもままならないから店内でお茶する人も少ない。

b0120541_20173783.jpg


九份茶房からセブンイレブンの入り口方向の細い通路は見通せないほどの人混み。
お土産さんが並ぶその通りはパスです。
猫ちゃんやワンちゃんがあちらでゴロン、こちらでゴロンしていました。
食べ歩きできる物とか、さっと出来上がる飲食店は人でにぎわい、細い通りはざっと見て回る観光客で溢れかえるという構図です。
左上:両側にびっしりと並ぶ店舗。
左下:頼阿婆芋圓

b0120541_20185342.jpg


屋根の上に地球儀が乗っている「天空之城」。
ここも上品な感じでとても落ち着くところ。

b0120541_20181228.jpg


あっという間に時間になり集合場所に行くと新郎新婦の記念写真の撮影中でした。
「みなさん、見て~!」という感じ。
ここは映画「悲情城市」に使われたお店。
とてもスタイルが良くて綺麗な花嫁さんでした。お幸せに!

b0120541_20201589.jpg


あっという間の九份でした。
ただただ雑然としたした感じで、これでは九份の良さがわかりません。
私がここをお気に入りというのを理解できないかも。
今年の9月のシルバーウィークでも海外人気トップ1は台湾でした。
きっと、ものすごい混みようだったでしょうね。

2007年5月に訪れました。
もうすっかり満喫してもう台湾には来ることは無いかもと、その時は思っていました。
「阿妹茶樓」
「天空之城」
「九分茶坊②」
「九分茶坊①」



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-25 20:39 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(10)

2015年台湾 4日目その1 太魯閣峡谷

2015年9月4日(金)
朝5時半朝焼け。10階の部屋の窓から太平洋が光って見えました。
花蓮シャトー デ シン ホテル (花蓮翰品酒店)

b0120541_1494199.jpg


ホテルのレストランの朝食。
種類も多い。その場で作って頂いた麺がとっても美味しい。

b0120541_1534017.jpg



朝7時に花蓮のホテルをスタートして、待望の太魯閣峡谷へ。
バスの中から見える山の地肌の白いのはみんな大理石だそうです。
花蓮は大理石の産地でこの太魯閣も浸食によって20kmのわたり峡谷が続いています。
私たちはほんの入口までの観光になります。

朝、7時半頃なので観光客は私たちの他はわずか。
東西横貫公路入口 いきなり広がるパノラマの大迫力!
大きな橋の架かる下を見ると、まるでコンクリートのような水の流れ。
雨の後は濁ってこのような色になるそうです。大理石色ですね。
ここから赤い矢印の門をくぐり、その先の小さなトンネルをくぐって行きます。

b0120541_155187.jpg


白い大理石で作られた橋(橋の欄干には全部顔の違う100頭の獅子)を渡ます。
切り立った岩肌の横に走る筋は道ですね。
深みはこんなに済んだ綺麗なエメラルドブルーの水。

b0120541_1563691.jpg



駐車場の階段を降りるとカフェがあり展望台になっていました。
ここからの眺めも見事です。
パワーを感じましたよ。
左上の方に禅光寺、右下の方に長春祠が見えます。

b0120541_158890.jpg


b0120541_15782.jpg


上:禅光寺、
下:長春祠、ここには東西横貫公路の工事中に亡くなった212名もの方の霊を祀ってあります。
(下に流れる滝は湧き水)

b0120541_201561.jpg


赤い橋「長春橋」を渡り下の展望台へ。
右下の展望台に立ったら、ここでもパワーを感じました!

b0120541_211773.jpg


帰るバスの中から先ほど歩いて渡った100頭の獅子が乗った大理石の橋が遠くに見えます。橋脚は赤でした。

b0120541_215431.jpg


地肌には長い年月を感じさせる地層のうねり。

b0120541_221923.jpg



いや~、良かった良かった♪
何が良いって、景色もモチロンだけれど観光客が少なかったこと(笑)


太魯閣峡谷の余韻に浸ったまま、大理石工場と併設された宝石店へ。
台湾の十二支の豚は日本ではイノシシです。
猪年生まれの夫は気になって添乗員さんに聞くと、日本には昔、豚がいなかったと言うことです。

b0120541_23545.jpg



花蓮駅に戻り(ホテルは比較的駅のそばでした)、ツアーの予定では特急列車で台北へ行って観光してから九份の観光でした。
それが列車に乗る前になってから添乗員さんから九份を先に行くことにしますと聞かされました。
えっー! まさかのお言葉。
「九份の夕景観賞」とあったので、このツアーに決定したのに・・・ショック。
反論を唱える人もなく・・・泣
テンション急降下。。。

花蓮駅前には大きな大理石がゴロゴロ置いてあります。

b0120541_251949.jpg



花蓮駅から台北駅までの予定が途中の七堵駅で下車します。
荷物は各自で運びます。エスカレーターがあって良かった。

b0120541_263086.jpg


b0120541_264892.jpg


b0120541_27115.jpg


昼食は駅弁(お茶付き)です。パイクー(豚カツ風)弁当。
夕暮れ時の九份を見れないショックを引きずって、食欲も無し。
メインは骨付き豚肉の揚げ煮みたいな物。他におかずもたくさん入っていましたが。
(画像にマウスを置いてみてください)

特急列車自強号 10時15分発
車両は新しくて座席も広く、揺れも無く快適。トイレも綺麗です。
列車に揺られている間に、またいつか九份に来ればいいと思ったらちょっと落ち着きました。

b0120541_2112615.jpg


七堵駅には12時ちょっと過ぎに到着。約1時間45分ほどの列車の旅を楽しみました。
七堵駅も広くて新しいけれど、改札を出た後下りのエスカレーターが無くてヒーヒー言いながら階段を降りました。

b0120541_212254.jpg


ここからバスで九份に向かいます。
お天気も何とか降られずに済みそうです。



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-25 02:15 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(6)

2015年台湾 3日目高雄発台東・花蓮へ

2015年9月3日(木)
朝食はホテル内で。
高雄で泊まったホテル、エレベーターホール前の等身大の人形、見覚えあり!
2006年の台湾旅行のブログを見たらやっぱり同じホテルでした。

b0120541_16261381.jpg


出発までホテルそばを散歩。
上中:公園二路方面に行き公園を通って五副橋辺りへ。
下中:途中にあった可愛い家。犬が多い。
中右:朝の愛河。昨夜は川の向こう、河東路を歩いたので今度は手前の河西路を。
大きなガジュマルの木が印象的でジョギングをしている人が気持ち良さそうに通り抜けて行く。

b0120541_16281268.jpg



ホテルを8時に出発してもう少し南下してから、今度は南廻公路を横断して台湾の東側を北上して台東へ向かいます。
トイレ休憩を入れて3時間の移動です。長いね。

カットフルーツの盛合せは100元。安ーい!その直前にマンゴージュースを飲んだので断念。物欲しそうな顔だったのか同じツアーの人がマンゴーを一切れくれました。
ところがそろそろマンゴーの限界か?舌がピリピリ。危険信号!
これ以上食べたらアレルギーが出るかも!

b0120541_16285296.jpg


バスでは八田來了(パッテンライ!!)と言う台湾で出されているアニメのDVDを流してくれました。
これが結構面白くてしっかり最後まで観てしまった。
水利技術者として日本統治時代に台湾の烏山頭(うさんとう)ダムの建設に大きく貢献した人物、八田與一(金沢出身)の物語。台湾の教科書にも載り、台湾で最も多くの人に知られている日本人と言うことです。

車窓からは右側は海。左側は山が延々と続きます。
今日のバスは4列シート。台湾の観光バスは下の階は運転席と荷物入れ&トイレ。上の階が座席となっているそうです。

台東に着いてから田舎料理のランチです。
上:チンジャオロースとごぼうの揚げたのが美味しかった。
下中:デザートに出てきたのが見慣れない福神漬けを思わせる花のような物。
味は甘酸っぱい。
洛神花(ラクシンカ)と言うハイビスカスの一種だそうです。英語ではRoselle(ローゼル)。体に良いそうです。それを聞いてもうひと口。でもたくさん残りました(笑)

b0120541_16444858.jpg


台東は釈迦の産地です。昨夜ホテルの部屋で食べたあれです。お釈迦様の頭のようなので付いた名前です。

添乗員さんが葉に包まれた檳榔を見せてくれました。
檳榔(ビンロウ)
ドングリのような緑の実。
噛んで楽しむ嗜好品の実で、覚醒作用があるらしいです。口の中が真っ赤になるそうで、噛み終わったら吐き出します。
特に台南や高雄の道路脇に若い女性がセクシーな格好で小さな小屋の中で売っていました。
「檳榔」の文字が氾濫し、通って来た台南や高雄の山肌にはヤシに似た檳榔の木が数え綺麗なほど生えていました。

b0120541_1631329.jpg



次は・・・ここは初めて来た所「三仙台」
離れ小島に3つの岩が並ぶ。この岩の上で3人の仙人が休んだと言う伝説が残っている。

b0120541_16313969.jpg


2015年9月中旬まで補修工事で橋を渡れませんでした。
たとえ渡れたとしても連続したような太鼓橋はカーブがキツイので歩くのが大変そう。
足元はゴツゴツした岩や石ころで歩きづらいけれど、時折白いサンゴが混じっていました。
右上:ミフクラギ(海マンゴー)の花

b0120541_16354463.jpg



三仙台から花蓮まで2時間。
途中、バスの中から左手に白い北回帰線の塔も見えました。

バスの中では「きみまろ」のDVDが流されました。
私はあまり好きじゃないけれど、近くの女性はこの前観に行ったばかりだったとのことで、とっても嬉しそうに観ていました。

花蓮に到着!
チェックインしてすぐに5時半からの阿美族文化村での民族舞踏ショーへ向かいます。
これはとっても楽しみにしていたもの。
約1時間の阿見族伝統の歌とダンスのショーです。

b0120541_16363483.jpg


右:バンブーダンス
左下:阿見族の結婚式は花婿さんが背負子に花嫁さんを背負って回るそうですよ。
最後は見学者も一緒にダンスを。夫はこういうのが大の苦手。途中に飛び入りでお客さんを招き入れることもちゃんと予想していて、空いているのに最前列には座ろうとしない用心深さです。お蔭で私は写真が撮りづらかった。。。

女性の衣装も可愛くて、想像以上にこのショーは楽しかったです。
観られて良かった~♪

b0120541_16373668.jpg


花蓮
台湾の8分の1の広さ
人口 33万人のうち半分が阿美族
特産は大理石 白い大理石は一般的、ほかに黒もあり緑が一番高価

夕食はホテルで広東料理。
麻婆豆腐は辛いけれど美味しい。
デザートは信玄餅に似ています。

b0120541_1638811.jpg


レストランは円卓で他の皆さんと一緒にお食事です。
ここで北投石の話題も出て・・・
朝、バスが発車してすぐにお土産屋さんに強制連行されました。
初日から添乗員さんは折に触れバスの中で台湾の北投石の話をしていました。
添乗員さんの首にも手首にも白い北投石が。
北投石のネックレスやブレスレットはアクセサリーでは無く、着けることによって自然のラジウムを発しそれが体に活力を与えてくれるとか。
日本の玉川温泉にもあるらしく参加者の中で足の悪い人が何度か通ったらしいけれど、見た所即効性は無さそうですね。
それでも興味のありそうな方が何人もいらして熱心に耳を傾け質問などされていました。
この添乗員さんは説明も上手だし、説得力もあるので中高年者が多い団体なのでどこか体に不調をきたしているらしき人は皆さん買われたようで既に身に着けていました。。
何かの数値で価格が違うらしいけれどブレスレット1本が6万円越え!ヒェーでございます。
本当に効くんでしょうかね?効けばお安いものですが。
モチロン私は肩こりとアレルギー持ちですが買いませんでしたよ。
と言うか買えません(#^^#)


食後は腹ごなしにホテルの周りを歩いてみました。
何も無さそう・・・
小さなクリニックや薬局、美味しそうなパン屋さん、タピオカティーなどのジュースやさんなどがありました。
セブンイレブンで美味しかったミルクティーの同じシリーズの炭焼ミルクコーヒー(30元)。
ミルクたっぷりで濃厚で美味しい。

b0120541_1638537.jpg


明るい薬局に入って、どこかのブログで見た小さな「タイガーバーム」を発見!
直径3cmにも満たない小さなタイガーバーム(40元)。

b0120541_011990.jpg



ホテルは花蓮翰品酒店(シャトー・デ・シン)
今回のツアーで一番部屋が良かったです。大きなベットが二つなのに全て4人分セットされていました。バスローブやヘルスメーターも付いていました。

b0120541_16395210.jpg




やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-21 16:53 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(7)

2015年台湾 2日目その2、台中&台南そして高雄へ

2015年9月2日(水)

朝の散歩を終えてこれから台中の観光へ。
8時に出発。ホテルからバスで15分ほどで着いた所が仏教寺院の宝覚寺。

建物の中に本堂!(画像にマウスを置いて!)

中右 高さ30メートルの金ピカの布袋様で有名ですね。
中左 髪の毛1本に一つの悩みがあるのだそうです。
布袋様の頭には・・・悩みが無いと言うことですね。
頭(悩みが無くなる)、耳(福が来る)、お腹(お金が貯まる)をみんなでナデナデ♪
添乗員さんは若いでしょ?
下 日本統治時代に台湾中部で亡くなった日本人の遺骨安置所もありました。

b0120541_2346372.jpg


台中から次に日月潭へ向かいます。

日月潭に到着です。
エメラルド色に輝く天然湖だそうです。
東が太陽、西が月の形をしている所からこの名前が付いたとか。

b0120541_23495419.jpg


日月潭を見下ろすように建っているのが文武廟。
キンキラキンは道教の特徴。
使われている色も金はお金、赤はおめでたい、緑は魔除けと意味があるそうです。。
建物に入る時は必ず龍から入り、虎から出ると良いそうです。
添乗員さんがおみくじの引き方を教えてくれたのでフリータイムの時におみくじを引きました。
結果はイマイチでがっかり。。。

b0120541_23504088.jpg



11時から早めのランチでは日月潭の郷土料理を頂きます。
この辺りはバナナや筍、サトウキビや紹興酒が名産。

ここは山の中、古くても直さないのね。
「アパートですか?」と聞いたら「ここが食事会場です」ヒェー!
あら?見覚えありの建物前の大きな彫り物。
初めて台湾に来た時もここでランチでした。
いくらほぼ同じコースと言え奇遇です。
ここで初めてフレッシュなマンゴージュースを飲み痛く感動したものです。→こちら
あー、でもお料理の味が・・・どれも同じ。味が落ちたみたいだし、マンゴージュースは8月で終わったようなので今回はグァバジュースで。

b0120541_23534893.jpg



日月潭を後にしてバスは南下してお寺の多い台南へ。
まずはオランダ人によって建てられた城、赤崁楼。
下中:煉瓦で出来た城門と基台はオランダ統治時代の物。
牡蠣の殻ともち米で赤レンガをくっ付けている。

b0120541_23543854.jpg


延平郡王祠
オランダに統治されていた時代にオランダ人を排除した鄭成功を祀ってある。
その後、清の時代、日本統治時代、現代台湾と様々な歴史を経る。

b0120541_23562440.jpg


延平郡王祠の隣の公園
フレッシュなマンゴージュース(60元)で一休み。冷たくて美味しい!
下中:ガジュマルは親孝行の木。枝(子)が伸びて親(幹)を支えます。
この公園はとても気持ちがいい。

b0120541_23563669.jpg



台南から更に南下して台湾第二の都市、高雄へ。
高雄に入ると大きな工場が多いのは台湾一の工業都市、そして貿易都市でもあるから。

高雄の有名観光スポット蓮池潭に浮かぶ龍虎塔。
お天気もいいので塔の上からの眺めも最高です。

b0120541_23571031.jpg


龍の口から入り、虎の口から出てくると、災いがなくなり、福が来ると言われています。
モチロン、行きます!張り切って龍の塔の一番上までらせん階段を上って行きました。
そして虎の塔にも行きましたが階段が結構キツイ(6階まである)。虎の塔は上らず虎の口から出てきました。

下中:龍虎塔の正面にはお医者さんの神様を祀る慈済宮があります。
左下:左側の屋台で釈迦を買いました。
ホテルで食べたら甘いけれど何とも言えないお味のフルーツです。
やっぱりマンゴーにすれば良かったかも。

b0120541_23573622.jpg


明日の朝イチの観光のはずの寿山公園でしたが、通り道なのでホテルに行く前に寄りました。

階段を上って行くと眼下に港街、高雄が広がります。
左側の高雄で一番ノッポのビルは380メートルの「高雄85ビル」(ホテル)。
この寿山公園は夕陽が綺麗でカップルに人気で私たちが帰る頃、どんどん上がって来ました。

b0120541_23575268.jpg


さて夕食は海鮮料理です。
どれも美味しかったけれど中華ちまきのようなご飯がとても美味しかった。

b0120541_2358232.jpg


高雄は六合夜市が有名です。
今回はツアーに含まれていなくてオプションです。
自力で行くつもりだったけれど、急きょ参加することに。
ただバスで連れて行くだけだから2500円は本当にボッタくりだわ、と心でつぶやく。

食べ物が多いと聞いていたけれど本当でした。
生ものは食べないようにと添乗員さんに言われていましたがお腹が一杯だからその心配はいりません。
冷蔵庫が無くてこの暑さの中、考えただけでお腹を壊しそう。

遠くからでも一目で分かるくらい明るく人でいっぱい!
右上:有名なパパイヤジュース(木瓜牛奶)の屋台。
左上:焼き鳥のような物を売っている所もすごい人。
左下:臭い!臭い!「臭豆腐」もすごい人だかり。好きな人は好きらしい。

b0120541_2359493.jpg


右下:ここで自撮り棒を100元でゲット!
士林夜市とは比べ物にならないけれど、夜市の雰囲気を味わう。
エビとか大きな牡蠣、ホタテなどシーフードも多くて美味しそうだけれど・・・
売っている服やアクセサリーなどもチープな物が多いのはどこの夜市も一緒ですね。

b0120541_005341.jpg


100元の自撮り棒。他に150元もありますよ。

b0120541_1747123.jpg


行って観たかった美麗島駅。11番出口からだと六合夜市はすぐでした。
とっても綺麗なステンドグラス。
ウフフ、満足~♪

b0120541_23591848.jpg


ホテルは愛河のすぐそば。
前回来た時は夜クルージングをして夜景が綺麗だったので行ってみた。
人気が少ないように見えるけれど結構いて、クルージング乗り場は行列が出来ていました。
流石に船には乗らずにセブンイレブンでコーラを買って帰る。

b0120541_013328.jpg


寝る前に冷蔵庫で冷やしておいた釈迦を試食。
かすかに甘く大きな種がブツブツにひとつづつ入っているようでちょっと食べづらい。ひと口目は美味しいと思ったけれどそれは錯覚で(笑)、見た目通りあまり美味しいと言うにはちょっと辛い。

b0120541_11205819.jpg


ホテル 華王大飯店(ホテルキングダム)

b0120541_02156.jpg


ベットに入ってお休み3秒(笑)




やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-20 02:58 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(6)

2015年台湾 2日目その2 台中・日月潭

2015年9月2日(水) 

朝、8時ホテルを出発して15分歩で着いた所が台中の仏教寺院の宝覚寺。
建物の中に本堂!(マウスを置いて!)中右 高さ30メートルの金ピカの布袋様で有名ですね。
中左 髪の毛には1本1本に悩みがあるのだそうです。
布袋様の頭には・・・悩みが無いと言うことですね。
頭(悩みが無くなる)、耳(福が来る)、お腹(お金が貯まる)をみんなでナデナデ♪
添乗員さんは若いでしょ?
下 日本統治時代に台湾中部で亡くなった日本人の遺骨安置所もありました。

b0120541_045548.jpg


台中から日月潭へはバスで1時間半ほど。
退屈しないようにと八田來了(パッテンライ!!)と言う台湾で出されているアニメのDVDを流してくれました。
これが結構面白くてしっかり最後まで観てしまった。
水利技術者として日本統治時代に台湾の烏山頭(うさんとう)ダムの建設に大きく貢献した人物、八田與一(金沢出身)の物語。台湾の教科書にも載り、台湾で最も多くの人に知られている日本人と言うことです。
台湾の方が日本人に好意的なのは、こういう先人の方々のお蔭なのですね。


観終わった頃に日月潭に到着です。
エメラルド色に輝く天然湖だそうです。
東が太陽、西が月の形をしている所からこの名前が付いたとか。

b0120541_050878.jpg


日月潭を見下ろすように建っているのが文武廟。
キンキラキンは道教の特徴。
使われている色も金はお金、赤はおめでたい、緑は魔除けと意味があるそうです。。
建物に入る時は必ず龍から入り、虎から出ると良いそうです。

b0120541_0503378.jpg


右上 円形の中にもたくさんの神様。みんな表情が違うとのこと。
中左 壺の中に投げたお金が入ると願いが叶うとか。
右下 添乗員さんがおみくじの引き方を教えてくれたのでフリータイムの時におみくじを引きました。
結果はイマイチでがっかり。。。

11時から早めのランチ会場は・・・
ここは山の中、古くても直さないのね。
「アパートですか?」と聞いたら「ここが食事会場です」ヒェー!
しかもこの後、大型バスが狭い敷地内に合計4台も!
あら?見覚えありの建物前の大きな彫り物。
初めて台湾に来た時もここでランチでした。
いくらほぼ同じコースと言え奇遇です。
ここで初めてフレッシュなマンゴージュースを飲み痛く感動したものです。
その時の様子→こちら
あー、でも味が・・・どれも同じ。
味が落ちたみたいだし、マンゴージュースは8月で終わったようなので今回はグァバジュースで。
b0120541_114341.jpg


午前中はパラパラと降ったり陽が出たりでした。
蒸し暑さはかなりなものでした。

午後は台南と高雄へと参ります。


やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-16 01:07 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(2)

2015年台湾 2日目その1 台中のホテル付近を散歩する



2015年9月2日(水) 晴れ

暑い!今日は30℃を越すらしい。
モチロンお粥やパンもあったけれど、お皿に乗った薄茶のコロンとしたしたものは蒸しパンみたいなもの。
「桂冠包子」という酵母パンのようです。

b0120541_21331254.jpg


台中のホテルは繁華街から離れた台中城市商旅(シティスイーツホテル)と言う所でした。
昨夜、ロビーにスーパーの袋を持った人がいたので聞いたら15分くらいの所にあるとか。
日本語がわかる外国人の方。持っていた大きな桃を下さると言うけれど、とんでもないと遠慮するのに更に「どうぞ!」と、言ってくださる。
仕方がないので「アレルギーがあるので」と言いようやく、納得してもらう。
台湾の方に違いないと勝手に想像。(台湾の人はみんな親切♪)

ホテルの外観とロビー。ロビー奥に無料のコーヒーサービス有り。
ホテルの方に聞くとスーパーは7時ごろから開いているらしいので行ってみましょう!

b0120541_21333912.jpg


スーパー「松青越市」はホテルを出たら、右に行き4本目の通りを右に曲がってまっすぐ行くと右側と言うことです。
あっ、このスーパーに買いたい何かがあるとかでは無いですよ。
ただ単に海外のスーパーを覗いて見たいだけ。

b0120541_21335175.jpg


4つ目の通りは大きな十字路、「五權路」の信号。
ここを右折して「五權五街」の通り。

b0120541_2238186.jpg


少し手前の通りに入ってみたら・・・
おー、可愛いカフェやレストラン、ショップを発見!
まだ開いてないけど。。。
グーグルマップでズームしたらちょっと歩けばいろいろ食べる所もあったみたいです。
昨夜は遅かったので添乗員さんは他に食べる所は無いと言ったのかも。

b0120541_21341973.jpg


大きな通りの五權五街に戻り進んで行くと、ようやくありました!
スーパー「松青越市」
台湾は漢字ばかりなのでまるで日本のようです。

左上:そんなに大きくないけれど、スーパーマーケット「松青越市」
夫が「ちょっと、ちょっと・・・」と、言って指さした物が爪まで付いた鳥の足。
写真に撮ったけれどあまりにもグロすぎて・・・
右上:少し手前にあった美術園道。太極拳をやっている人たち。
この先に国立台湾美術館があります。
左下:美術園道
右下:向こうにレストランなどが見えます。

b0120541_21353130.jpg


b0120541_22572517.jpg


スーパーの反対側は緑豊かな大きな公園(美術園道)。
朝の散歩にぴったりです。
思いのほか、公園や通りの雰囲気が良くて散歩に出かけて良かったです。

b0120541_2136173.jpg


ホテルに戻り、ツアーのバスは8時出発です。
スーパーで買った物は・・・パイナップルケーキ(14元)ひとつ(*^^)v
他に買いたいものが見当たりませんでした。
バラで売っていたのでひとつだけ買いました。
バスの中で食べたらボロボロこぼれて食べづらいこと!
手作りのパイナップルケーキの中身のジャムはパイナップルだけど、機械で作っている安い物はトウガンだそうです。
多分、これもトウガンかな?でも美味しかったですよ。

ホテルのサービスで部屋に置いてあったお水と共に。

b0120541_21361772.jpg


2日目は台中→日月潭→台南→高雄へと移動しながらの観光です。


レート 1元≒4円


やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-11 00:43 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(4)

2015年台湾 1日目


ISの恐怖は台湾まで波及しないはず。
今年のヨーロッパ行きは諦めたけれど、そんな訳で夫と4泊5日で台湾へ行って来ました。
夫は初めて、私は3度目の台湾です。


◆1日目 2015年9月1日(火) 

成田 14:30発 CI101  台北 17:15着(日本時間18:15)
台北からバスで台中のホテルへ 20:30着(日本時間21:30)
(時差は台湾がマイナス1時間)

成田空港(第2ターミナル)に到着時はガーラガラでした。

b0120541_22132374.jpg


予約しておいたグローバルWifi受け取り
夫と出かける時は例外なく早め、早めの到着です。
それにしても時間が余りすぎですぅ~('◇')ゞ
最後はスタバで時間調整。

成田空港内で2時から防災訓練があるとのアナウンスがありビックリ。
そう言えば9月1日でしたね。
もちろん私たちが消火器を使ったりの訓練は無くて、アナウンスを聞くだけでしたが・・・
実際に避難訓練の真似事だけでもやってみたかったような・・・

b0120541_22132810.jpg


現地添乗員さんの女性は45歳と言っていましたが、絶対ウソです。
お肌もツルツルだし、へスタイルも服装もどう見ても30代にしか見えません。
でもガイドの説明のうまさなど全般的に見ても、今までで一番か2番の完璧さでした。

ツアー参加者は23名。見回したところ年配者多し!
女性4人組、祖母・母・息子さん(大学生)の3人組、女性2名と男性1名の3人組、女性同士の2人組が2組、夫婦が4組、男性のひとり参加。

やっと飛行時間となり、機内食は豚の角煮を頂きました。
お味の方は・・・まぁまぁです。

前日の夜は遅く、朝は早かったので睡魔が・・・
それでも最新の映画は観たい。
やったー!「ターミネーター ジェニシス」
・・・あら、配役が違うのね?
シュワちゃんじゃ無いと観ていても違和感有りすぎで途中で「スパイ」にチェンジ!

「スパイ」 内容に期待して最後まで頑張って観たけれど・・・(汗)

b0120541_22133421.jpg



台北(台湾桃園空港)に到着時、飛行機の中から見たら今にも降りそうな黒雲が広がっていました。

b0120541_22133866.jpg


空港のバス乗り場の待合室で全員揃うのを待ちました。
ここから宿泊先の台中まではバスで2時間半ほどかけて移動です。
そのバスを待っている間に外はゴロピカドン!!!!!
雷と共に土砂降りの雨も降りだす始末。

3日目と4日目の太魯閣以外は3列シートのバスでゆったりとしていて楽です。

b0120541_1255263.jpg



台北の空港で最後の一組が揃うまでの時間があったので、その時に空港内で何か食べるものを買っておけば良かったと思ったけれど後の祭りでした。
初日は夕食が付いていなかったのですが、ホテルに着いてからと思っていたのですが・・・
近くには食べる所は無くてホテルかセブンイレブンがあるのでそこで買って食べるしかないみたいです。

今夜のディナーは・・・
ホテルのそばのセブンイレブンのサンドイッチ&おにぎり&カップ麺でございます(#^^#)

コンビニの・・・なんて侮るなかれ。
特にこのカップ麺。あれこれ悩んでパッケージの写真でダメもとで選んだものの大して期待もしていなかったのですが後引く美味しさ。
お湯を入れた途端に独特の苦手な香辛料の香りで、「私は一口でいいわ」。
一口食べてビックリ。あら、美味しい!
左のボトルは濃厚なミルクティー。甘さ控えめで気に入ってしまった。

b0120541_22134158.jpg



ホテルは台中城市商旅(シティスイーツ)。
全都市(弊社基準)スーペリアクラスとなっていたけれど、この「弊社基準」と言うのは曲者ですね。
トイレのウォシュレットのダイヤルが動かず使えませんでした。
あとクローゼットの棚が埃だらけで、一瞬置いた夫の黒いズボンが埃で真っ白!

何だかんだ言いながらもお休み3秒で爆睡です(*^^)v

b0120541_22134547.jpg



本当は台中で行きたい所があったのですが・・・
タクシーを飛ばして行ってもゆっくりと観たい所だったので断念。
またいつか台中に来ることがあれば、その時はきっと。
こういう所がツアーの残念な所。


レート 1元≒4円


やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2015-09-08 02:36 | 2015年台湾 | Trackback | Comments(8)

« home---