「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:2011年ロシア・北欧( 18 )

北欧のガイドブック 追加分


2011年の旅行で参考にしたものです。
北欧のガイドブックや関連本って案外少ないですね。
『弾丸トラベル・・・』[以外は長女が以前買ったもの。
『北欧トラベルダイアリー』はイラストが可愛いです。

b0120541_11514697.jpg

左 『北欧トラベルダイアリー』2008年4月発行
右 『北欧タラベル案内』2007年6月発行



b0120541_1150771.jpg

左 『弾丸トラベラル ☆パーフェクトガイド』2011年10月発行
右 『FiNLAND WiNTER GUIDE』2006年7月発行



b0120541_1150542.jpg

左 『giorni 北欧』2011年8月発行
右 『北欧スタイル』2007年8月発行



今朝、また朝顔が咲きました♪
b0120541_11521448.jpg




やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
[PR]

by anello63 | 2012-07-26 12:02 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(5)

北欧のガイドブック


2011年フィンランドとサンクトペテルブルクに行った時のガイドブック

b0120541_2212241.jpg

左 『るるぶ北欧』2011年4月発行
右 『タビトモ北欧』2011年発行



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2012-07-25 22:19 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(0)

フィンランドのお土産


フィンランドは物によって消費税が違いました。

お土産などは23%、レストランでの飲食や食料品などは13% 
ゴンドラのチケット代9%、絵はがきは23%だけど切手は0%でした。
(2011年11月29日~2011年12月6日現在)

◆医薬品、書籍、客用運賃、宿泊、TV視聴料金、文化・娯楽サービス、
運動・健康サービスは9%、 新聞・雑誌購読、郵便は0%
(地球の歩き方 YAHOO!知恵袋より抜粋)


温度計(方位磁石付き)
オーロラを観に行った夜、見たら0℃でした。
本当に0℃だったのか安い(4.9ユーロ)ので凍ったのか・・・(^^ゞ
温度計


たくさん売っていたトナカイの毛皮。1枚10ユーロ
形も風合いもあまりにリアルすぎて怖いと不評。
一番失敗したと思っているのが私ですから(^^ゞ
2枚にしておいて良かったかも。。。
トナカイの毛皮


甘ったらしいけれど大好きなスタバの瓶コーヒー。
左がフィンランドで買ったもの(250ml)  2.19ユーロ
右が娘がNYで買ってきたもの(405ml)
同じ種類なのにNYの方がミルクが多いみたい。
スタバ瓶コーヒー


ムーミンのレーズン 12箱入り1.95ユーロ
4.5×3.5×1.5㎝の小さな箱にギュウギュウに入ったレーズン。
レーズンだけ、レーズンとドライピーチ、
レーズンとドライアップルの3種類が入っていました。
レーズン


こちらもスーパーでのお買い物

左上:ミーの反射板ストラップ 4.12ユーロ
右上:100%キシリトールガム @2.78ユーロ
左下:オイルサーディン 0.99ユーロ
右下:スポンジワイプとペーパーナプキン


上:ゲイシャチョコ 3.29ユーロ 飛行機の中でもらった時は
美味しかったけれど家に帰って食べたら普通でした(^^ゞ
下:ブルーベリー入りホワイトチョコ 1.35ユーロ ←美味しい
左:サンタクロース村
チョコレート


マリメッコ トートーバッグ、ポーチ、折りたたみ傘
マリメッコ


スーパーでマリメッコのペーパーナプキン
すごーく薄い(24×24センチ 20枚入り @1.85ユーロ)
マリメッコのペーパーナプキン


ヘルシンキの空港でムーミンシール
それぞれ2枚入り @2ユーロ
ムーミンシール(2枚組)


ムーミンショップで
スポンジワイプ、ペーパーナプキン2種類、ミント
ムーミンペーパーナプキン
スポンジワイプは北欧のふきんですがすごい吸収力。
いろいろ使えて便利です♪


PARATIISI(パラティッシ)スープボウル(17センチ)
iittala Taika ペーパーナプキン24×24cm
イッタラのペーパーナプイキン


上の右端のボックスの中味は・・・
イッタラペア食器
iittala(イッタラ)Origo マグカップ 250ml
iittala(イッタラ)Origo デザートボウル


夫にはネックウォーマー(17ユーロ)
フリースのは持っているので薄手の物を。
夫のお土産


フィンランド
時差は日本時間の―7時間
電圧:220v/50HZ プラグ Cタイプ
レート:1ユーロ≒105円
(2011年11月29日成田空港で両替時)



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2012-01-18 23:58 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(14)

ロシアのお土産


ロシアはあまり良いイメージを持っていなかったのですが、
ピンポイントで訪れたサンクトペテルブルクの街は、
歴史の重厚を感じさせるそれは素敵な所でした。

サンクトペテルブルクで最も行きたかったエルミタージュ美術館。
外観も白とペパーミントグリーンでロマンチックな色合いです。
他の美術館と違うところは王宮だったという建物全体と装飾品の素晴らしさでした。

カレンダー(28.5㎝×58㎝)と、エルミタージュ美術館
カレンダー(150ルーブル)


琥珀の間(撮影禁止でした)のマグネットとエカテリーナ宮殿 
「琥珀の間」のマグネット(50ルーブル)


ロシアと言えばマトリョーシカ
日本のだるまを真似したと言われているそうです。
作りはその値段に比例します(笑)
上の物は10ピース。一番小さいものは目も点に近いです。
下の物は少し細長い形で5ピース。上の3分の1くらいのお値段。
笑っちゃう、お顔です♪
マトリューシカ(上1200ルーブル、150ルーブル)


ロシアはバレエでも有名です。
高校生の時、学校でバレエ観賞会で初めて観て(白鳥の湖)、
優雅さにうっとりしました。
今回はパスしました。
水の都とも言われるサンクトペテルブルク。
川や運河もたくさんありました。

ガラスのバレリーナのオーナメント
聖イサアク大聖堂とピョートル大帝像、運河
オーナメント(230ルーブル)


シンブル(指抜き)を二つ買いました。完全なる観賞用ですね。
前と後ろを撮ってみました。全部手描き、木で出来ています。
左はトナカイのそりに乗っている人 右はマトリューシカ風
シンブル(左5ユーロ、右68ルーブル)


成田空港でルーブルを両替したけれどユーロやドルも使えました。
ルーブルの小銭が残ってしまったのでスーパーでお塩を買いました。
グランドプレイス内のディスプレイ
お塩(31.5ルーブル)


ホテルのショップで買った琥珀のブレスレットとネックレス。
繋げて長くも出来ます。2組。
一番高価なものはミルク色の琥珀。
これは普段用にジャカジャカ付けられます。
琥珀ネックレス


これもホテルで買ったチンチラのショール。
ものすごーく、ふわふわの肌触り。
そして、ものすごーくお買い得でした♪
チンチラショール


サンクトペテルブルク時差は日本時間の―6時間
電圧:220v/50HZ プラ Cタイプ
レート:1ルーブル≒2.96円  1ユーロ≒105円
(2011年11月29日成田空港で両替時)



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2012-01-17 00:58 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(8)

サンクトペテルブルクとフィンランド旅行記7,8日目


2011年12月5日(月)・6日(火)

帰国日も外は雪。
ベランダの床にも雪が舞い込んでいました。

このホテルの作りはちょっと変わっていて面白い。
ホテルの中の廊下側のドアから入ると部屋の奥に窓とベランダに出られるドアがあります。

そのベランダに出られるドアを開けると、ご覧の通りどの部屋とも共通のベランダになっています。
ベランダ側のドアは中からは開くけれど、外側からは鍵がロックされていて部屋に入れません。入れたらコワイけど!
この時期、閉めだしはもっとコワイ。

ホテルのベランダ


3日間滞在したホテルの4階のレストラン。
なかなか雰囲気のいいレストランでした。
朝なのに天井を見上げれば満天の星が輝いているよう。
ポーズを撮っているのは私たちのグループの人ではありません。

朝食

朝のうちに防寒具のレンタル一式も返してしまったので、
昨夜見た郵便局に行きたいけれど雪道で転ぶのも怖い。
昨夜のスッテンコロリン事件が脳裏をかすめる。

よくお風呂場を出た所やその辺で滑って転ぶリリーさんが
今回は珍しく滑ったと言わないので聞いて見たら
「いや、滑ったけれど言わなかった」だそうです(爆



レヴィのホテルからキッティラ空港まではバスで20分弱。
雪のためか遅れてやってきたバスに乗り込みホテルを後にしました。
車道は綺麗に除雪されていました。

(バスの中から)
レヴィの街1


レヴィ 午前11時45分 0℃
レヴィの街2


レヴィ メインストリートのクリスマスツリー
空に二つの円盤が!UFOかと目を凝らしたけれど
バスの天井のライトが写り込んでいたもの(^^ゞ

レヴィの街3


キッティラ AY0448 13:35発  ヘルシンキ行き
国内線の空港なので小さいです。
でもキャビンアテンダントさんは綺麗でした♪
 
キッティラ空港


キッティラ空港で添乗員さんと一緒に写真を撮ったり、スーパーで買ったドーナツと飲むヨーグルトをパクつきました。甘いけれど美味しい!


オーロラを観に来たのに結局観られなかった無念さは、3月に今度はカナダに行ってリベンジを果たすと意欲満々の親子がいました。3月とはまた具体的・・・
ロザンナさんはクルージングでオーロラを観られる所があると言い出すし・・
オーロラを観た人はハマるらしいのです。

機内ではお隣が同じツアーのお友だち二人ずれの方でした。
サウナの時もたくさんおしゃべりした方で話がはずみあっという間にヘルシンキに着いてしまいました。

金魚さ~ん! 「やっぱり旅が好き♪」で検索して頂いて、
ここにたどり着いて頂けましたか?
やっぱりアドレス間違って教えてしまいました。ゴメンナサイ!

キッティラ空港でおやつ



ヘルシンキ 15:00着

ヘルシンキ空港に着くと人が多くて活気が違うと言うか、
夢から覚めたような感じ。

・・・ああそうだった!レヴィでは人も車も少なくて、
時間もゆっくりと流れ寒いのに自然の大きな暖かい懐に
包まれていたような暖かさを感じていました。

ヘルシンキ空港


ヘルシンキ空港のショップ
ヘルシンキショップ


ヘルシンキ空港のショップ
もちろんもっといろいろなショップもあったけれど、
自分の興味のある所ばかり撮っていてもので(^^ゞ
b0120541_1382988.jpg


ヘルシンキ AY0073 17:20発 成田行き
成田まで9時間40分

出発前、飛行機の機体に付いた雪を除雪。
雪を払わないとかなりの重くなってしまいます。
窓にも雪が・・・除雪車が綺麗に落として行ってくれました。
おかげで出発が30分ほど遅れたような・・・

窓の除雪で思い出すのがエジプトに行く時に乗り継ぎのイスタンブールでの魔の3時間機内閉じ込め

飛行機の窓に付く雪


私たちの座席は後方でガラガラだったのでリリーさんは真ん中一列を占領でき、他の3人は窓側と通路側ふた席をそれぞれ確保できゆっくりできました。

本当はオーロラを観られるチャンスはあと1回残っていたのです。
機内の窓から運が良ければ観られると添乗員さんが言っていました。

でも、雪だったし・・・涙。
眠い、でもオーロラが出たら・・・眠い、でもオーロラ・・・・
キャビンアテンダントに聞きにいったらやはり今夜は無理ということ。
そうと分かれば安心して・・・おやすみなさい。

FINNAIRの2回の食事。

帰りの機内食
気配で目が覚めた時、2度目の食事が置かれていたのに気が付きました。
こんなにぐっすり寝たことはかつてなかったですね。
歳をとったせいでしょうか?(汗)




12月6日(火) 無事成田到着。

予定は午前10時到着予定でしたが
ヘルシンキで除雪作業などがあったために成田到着が30分ほど遅れました。
今回は北は小樽、南は福岡からの参加されている方がいました。
各地からの移動が格安という特典があったそうですが、
乗り継ぎを予定されていた方で間に合わないと言う方がいました。

旅行保険を掛ける代わりに持っているのがセゾンブルーのアメックスカード
海外帰国時、スーツケース1個を自宅まで宅配という特典つき。
いつも往復宅配便を使っていたので嬉しい♪
2011年6月頃からそうなったらしいけれど、8月のハワイの時は気が付きませんでした。

身軽になって成田から新百合ヶ丘までのバスでは爆睡しました。
新百合ヶ丘でみんなでお昼を食べて自宅へ。

到着時、成田の気温7.7℃
誰もいない自宅は北欧よりもっと寒く感じました。


辛抱強く、旅行記を読んで下さってありがとうございました。
次回はお土産をちょこっと公開です。


フィンランド
時差は日本時間の―7時間
電圧:220v/50HZ プラグ Cタイプ
レート:1ユーロ≒105円
(2011年11月29日成田空港で両替時)



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2012-01-14 02:35 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(18)

サンクトペテルブルクとフィンランド旅行記6日目その2


2011年12月4日(日) オーロラ観測3日目

フィンランドサはサウナ発祥の地。
街歩きして冷えた体を温めるべくホテルのサウナに入ります♪

リリーさんがこちら、こちらと先頭に立ってサウナのドアを開けたとたんに・・・

キャー!ドアの向こうに全裸の男性が。
「Sorry!」と、思わず言ってドアを閉めたリリーさん。
見ればドアにちゃんと「Men」と書いてありました(^^ゞ
ちょうど通りかかった男性が女性のサウナは反対側と教えてくれました。
私たちって揃ってあわてん坊・・・汗
見た!とか見なかった!で大爆笑。
誰も見なかったことに(笑)

サウナ

サウナ自体は日本で見るのとほとんど同じです。
左上:シャワー室 軽くシャワーを浴びてからサウナに入ります。
ドアのすぐそばにあるロールペーパーはおしりの下に敷きます。
サウナ室は黒いドアの向こう側。さすがに入っている方がいたので撮影はパス。
サウナ室の奥の方にある石にお水を掛けると水蒸気と共に一気に室温が上がる。
見る見る汗が噴き出して、鼻の中もヒリヒリ。
汗をダラダラかきながらも話は盛り上がるけれど熱い・・・

左中:更衣室には鍵付きのロッカーがあります。

左下:シャワー室からジャグジーに行く木目のドア。
ジャグジーは男女共用なので入る人は水着着用です。

右上:ジャグジー 左側のドアは男性用のシャワー室に繋がっていうようです。私たちも水着を着ました。

右下:更衣室。着替えてここに座ってまたおしゃべりです。
ツアーの方ともだいぶ気心も知れてきたので、
話もつきず、ものすごく楽しいひと時でした。



お目目クリクリの可愛い、トナカイ。
フィンランドはこんなに可愛いトナカイを食べてしまうんですね。

トナカイ


ホテルの敷地内にあるレストランで、さぁ私たちも頂いてみましょう!
顔を思い浮かべてはとても食べられません。
かわいそうだけど食べました(爆
たくさんいるので大丈夫なのだそうですが・・・アーメン!

トナカイ料理

それぞれ2皿注文して4人でシェアして頂きました。

左上:トナカイのミートボール
小さいように見えるけれどゴルフボールより少し小さいくらい。
ソテーより食べやすいですね。
隠れているけれどてんこ盛りのマッシュポテトとリンゴンベリー、刻んだピクルス付き

右下:トナカイのソテー 
大量のマッシュポテトとリンゴンベリーとピクルス付き
温かいうちに食べた方がいい。ちょっと臭みが気になります。

野菜サラダ


リリーさんが日本から持参した和風のドレッシングがナイスでした。
(左:ロザンナさん、右:リリーさん)
何度か海外の食事でサラダにドレッシングが欲しい時がありました。
そんな時に他のツアーで持ってきた方がいて
私たちも美味しく頂いたことがありました。偉いぞ、リリーさん!
今回はキョンちゃんが梅干し、ロザンナさんがワカメスープ、私が春雨スープを持参して行きましたがドレッシングまでは気が回りませんでした。

ドレッシングを持つりりーさん


この旅行の二つ目のメインであるオーロラ観測も3日目にして最終日。
この夜は雪がシンシンと降っていましたが、添乗員さんの後に付いて
また10時頃から観測ポイント目指して行きました。

前日は岩かげのような所に実をかがめるようにして各自座ったりしていましたが、この日は風も少しあり寒かったです。
ジッとしていると寒さが増すようでみんなが体を動かしたり、
どなたかが体や柔らかいと言うことで柔軟体操みたいのを披露したら
添乗員さんも私も実は・・・と、180度開脚したりワイワイガヤガヤ。


雪もやがて止んだのですがどうしても雲が晴れない。
頭上の雲がスッポリ開いて煌々と光る星が見えたり隠れたり・・・

フィンランドの空港で買った安物の温度計はやはり凍ったらしく0℃を指しています。
0℃ってことは無いはず。
いったい何℃くらいあったか気になります。
午前2時過ぎまで頑張ったけれど結局オーロラは現れてはくれませんでした。


後日、どこかのHPでこんな記事を見かけました。
『レヴィの町は、明かりが多いためオーロラ観測には適していないが、大きいのが出れば、町なかで見ることもできる。暗闇のなかでもっとはっきりとオーロラを見たいなら、町から北へ20分ほど歩いたところにあるシルッカ湖(Sirkanjarvi)まで行くのがおすすめ。南の湖畔からなら北側に湖があるため視界が確保でき、街灯もほとんどないため観測には最適。ただし観測小屋はないので、寒い中ただひたすら待つことになる。もちろんトイレもない。
暖かい小屋のなかで待ってのんびり観測したいなら、オプショナルツアー「オーロラ・ウオッチ」に参加するのがおすすめだ。』


こんな絵ハガキがたくさん売られていました。
燃えるようなオーロラが観たかった。

オーロラの絵ハガキ


とぼとぼ歩いてホテルへの帰り道にレヴィの小さな郵便局がありました。
メイン通りとは反対側で立ち寄ることが無かったけれど、
皮肉にもオーロラ観測3日間この前を通ったのに最後の帰り道で気が付くなんて。。。
こんなに可愛い郵便局って日本では見かけません。

窓に顔を押し付けて中をのぞくと、可愛オーナメントや置物ががいっぱい!
値札が付いているので売り物なのでしょう。
もっと見たい!
午前2時過ぎではやっているはずもないですね。



郵便局の窓辺


もう、明日は帰国です。



フィンランド
時差は日本時間の―7時間
電圧:220v/50HZ プラグ Cタイプ
レート:1ユーロ≒105円
(2011年11月29日成田空港で両替時)



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2012-01-11 00:55 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(4)

サンクトペテルブルクとフィンランド旅行記6日目その1


2011年12月4日(日)オーロラ観測3日目


朝8時過ぎの部屋から見える景色ですが外は暗いです。
粉雪が強風に巻きあげられながら舞っていました。
当たらなくてもいいのに・・・予報通りの雪になりました。
今日も雪の中を街歩きに行ってみましょう!
うー、さぶ!

部屋の窓から


冬は日照時間が短く朝9時ごろに明るくなり、午後3時にはもう真っ暗。
フィンランドの北の方に位置するレヴィは12月になるとカーモスと言って
太陽が一日中昇らないそうですが、昨日も太陽は出ていました。

ピーカンのお天気が好きな私は気が滅入ってしまいそうで
北欧に暮らすのは無理のようです。

レヴィの街


レヴィはスキーリゾートなので他には犬ぞり、トナカイそり、スノーモービル、
スノーシューハイキングなどのアクティビティが充実しているとのこと。

ツアーのオプションが中止と言うことでしたが下の画像の中にある
インフォメーションセンターの前で今、まさにこれからスノーモービルに
乗り込もうとしていた男性がいました。
スタートして目の前の林に入ったとたんにガリガリやって、
説明していたらしき人が飛んで行きました(笑)

左上:駐車場にてバッテリー充電中の車。初めて見る光景です。
左下:停車中の車、運転席と助手席にハスキー犬!
右上:インフォメーションセンター せっかく中に入ったの・・・ここで犬ぞりを申し込めば良かったと後でみんなで後悔しきり
右下:スノーモービル
12時頃です。 

車


ワールドカップも開催される国内最大級のダウンヒルスキー場で有名なレヴィ。
上:スキーギアのショップも多いです。
左下:ホテルの入り口でウォーミングアップ中?
右下:たしか毎晩9時頃まで煌々とライトが点いていました。
前の日は月も出ていましたよ。
この山を登りきった奥にもゲレンデは続いています。

スキーショップなど


やはりスーパーは楽しい。

上:さすがフィンランド生まれのムーミンたち。あちこちにたくさん。
左下:フィンランドの人気食器 
ガーン!アラビアやiittala(イッタラ)も半額で売っていました。
既に買ってしまった。よっぽど買おうかと思ったけれど重いので無理でした。
右下:世界一コーヒーの消費量が多いフィンランド。
フィンランドのコーヒー「ロバーツコーヒー」(左側)はフィンランド航空でサービスされるコーヒーもここのでした。スターバックス的な存在だそうです。
飲みやすく美味しかったです。
娘からリクエストされていた缶入りはちょっと見つかりませんでした(涙)

b0120541_22341737.jpg


左上:ドイツのノイシュバンスタイン城の絵が描かれたとても魅力的な瓶は
グラス付きなので明らかにお酒だと思うのですが容器だけ欲しかった(^^ゞ
右上:パンの種類も多いです。
バラ売りでしかも量り売りのドーナツを買いました。
左下:なんとmarimekko(マリメッコ)のウニッコ柄の哺乳瓶が4.15ユーロ
右下:大きな肉の塊。私の手が小さく見えます(^^ゞ

スーパーの商品


「Coffee House」
サーモンのキッシュ(5.1ユーロ)とカプチーノ(2.6ユーロ)
コーヒーには小さなチョコが付いてきます。
キッシュは大きく塩辛くて食べきれませんでした。

ランチ?


ホテルに戻ると入口に大きな除雪車。
あちこちの道路は除雪されていますね。
午後2時でこの暗さって・・・

除雪車


この画像の右奥の方で事故発生!
同じツアーに参加のセレブな夫婦の奥さまが滑って後頭部を切ったらしい。脳震盪を起こしたらしく目が覚めた時何故ここに(そのまましばらく雪の上で横になって救急車を待っていた様子)いるのか分からなかったそうです。
血が出たので良かったみたいですが、ご主人が救急車を呼んでほしいと添乗員さんに頼み、車の中で応急処置をし病院には行くことは無かったそうです。
もう添乗員さん大忙しです。

私たちの間ではひそかに「セレブの夫婦」と呼んでいました。
・・・が、海外旅行保険には入っていなかったそうです。
アメリカでは救急車に乗っただけでもかなり高額料金を請求されるって聞いたことがあるけれど・・・
フィンランドはどうなんでしょう?
翌日から何事も無かったようにしていたので大事に至らなくて良かったです。


フィンランド
時差は日本時間の―7時間
電圧:220v/50HZ プラグ Cタイプ
レート:1ユーロ≒105円
(2011年11月29日成田空港で両替時)



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2012-01-08 23:15 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(6)

サンクトペテルブルクとフィンランド旅行記5日目その2



2011年12月3日(土)オーロラ観測2日目

レヴィの街で気にいったショップ「EBBA&ERKKI」
階段を降りて行くとありました。

「EBBA&ERKKI」の入り口


ここも「EBBA&ERKKI」
b0120541_1385393.jpg


そして、ここも「EBBA&ERKKI」
「EBBA&ERKKI」


またまた、ここも「EBBA&ERKKI」
(このぐらいにしておきますね(^^ゞ)
「EBBA&ERKKI」

私たちが泊まったホテルはスキー場の麓にある
スキー客のための街のような感じです。
ウエアもスキー用具もレンタルがあるので手ぶらで行ってもOKです。
昼間、同じツアーの人たちで滑った人もいたようです。

ここのゲレンデには短めの距離のゴンドラがあったので4人で乗ってみました。
明るいうちは比較的寒さは感じなかったけれど
さすがに暗くなるとすぐに寒くなってきます。

往復チケット(7.5ユーロ) 

他に誰も乗る人はいなかったのですぐに乗れました。
どんどん街の灯りが小さくなって、
スキー場がライトに照らされて白く輝いていました。
上はマイナス5℃です。
足元の雪がサラサラ、キラキラしています。


ゴンドラを降りたところには大きなホテルとレストランがあったけれど、
もう誰もいない。。。夕方5時半ぐらいなのに真夜中のようです。

ヒェー!!!!!
キョンちゃんが5メートルくらいの所からカメラを落としてしまいました。
建物の下を歩いている人も「あー!」とか何か言っています。
雪の上と言ってもカメラの角がへこんでしまった!
でも、撮影に影響なし♪

あちこち建物の周りなどを探検(笑)しているうちにリリーさんがトイレに行きたいと言い出したけれど鍵が掛って入れないとかであっという間に下界へ。

ゴンドラに乗って 


下界もシンシンと冷え込んで・・・
左下は10軒ほど出ていたクリスマーケット。

ゲレンデ近く 


その中の1軒 ほうき(?)を売るお店

クリスマスマーケット 



今夜のディナー(笑)は各部屋で日本から持ってきたカップ麺を。
私は仙台辛味ラーメン。・・・・辛い!
ボリューム少なし。ヨーグルトを買っておいてよかった♪
スーパーで量り売りで買ったのミニトマトとカステラも追加。

夕食 


さて、今夜も添乗員に付いてオーロラ観測に!
明日は予報では雪と言うことで今夜がラストチャンスらしい。
場所は同じだけれど昨日よりも少し人数が減りました。
昨夜と違って雪が積もっていました。
昨日よりも寒いし温度計を見たら0℃。
0℃よりも低いと思うけれど・・・温度計は凍ったみたい。

4人組


私たちがレヴィに来る二日前にドライバーさんが夜中の2時頃、
オーロラを観たそうです。私たちも観てみたいですよね。
若いこの添乗員さんもまだ観たことがないらしい。。。

厚いレンタルスーツの中は着こんでさらにモコモコです。
お腹と背中、靴の中にもホットカイロ着用♪
ホテルから歩いて20分弱の場所は
暗くて良く見えないけれどシルッカ湖のそばらしい。

街の灯りが見えない暗いところが良いらしいけれど、
オーロラが見えるという北の方角には時々ボワッと光が見えます。
あれは車のライトらしいし、ホンノリ明るいのは雲の向こう側に
オーロラが出ているのかもと撮ってみたけれど・・・
オーロラはどんどん動くものなのに、今日も同じ所が同じようにうっすら明るい。
あれは完全に人口の灯りが雲に反射したものらしい。

雲が全然取れないのです。
今夜も頭上は晴れて星が出ているけれど、やがて雲で隠れたり・・・

私たちより2時間ほど遅く来たグループも、
朝4時頃まで頑張ったけれど観れなかったそうです。

やはりなかなか思うようにはいかないものです。
オーロラ観測2日目も不発に終わってしまいました。

 

フィンランド
時差は日本時間の―7時間
電圧:220v/50HZ プラグ Cタイプ
レート:1ユーロ≒105円
(2011年11月29日成田空港で両替時)



やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2011-12-29 21:32 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(8)

サンクトペテルブルクとフィンランド旅行記5日目


2011年12月3日(土) オーロラ観測2日目

ホテルの4階のレストランは天井がまるで満点の夜空のようです。
スキー客が多いようですが日本人は私たちだけみたいです。
街の中でも日本人は若いカップル1組を見ただけです。
朝から食欲満点です(^^ゞ

朝食 


レヴィでの3日間はオーロラ観測がメインなので
ホテルの朝食だけ付いて、あとは全くのフリーです。
10時にロビーに集合して添乗員さんに付いて街の中を案内して頂きました。

レヴィ 


街自体が小さいので3軒あるスーパーも徒歩圏内で便利です。
右上の茶色っぽい缶はトナカイの肉の缶詰だそうです。
その下は北欧らしく大きなサーモンの切り身など。
お土産になりそうなものもありましたよ。
スーパーは楽しいです。
読めないのでパッケージの写真や絵が頼りですが、
添乗員さんがお勧めの商品をいろいろ説明してくれました。

スーパー 


ショップ1 


テラス席にトナカイのシート

トナカイのシート 


レヴィ2 


ツアー会社のオプションでは今日は午前中にスノーシューハイキング、
午後は犬ぞり、明日はスノーモービルがありましたが、
スノーシューハイキング以外は中止になったそうです。

後で知ったのですが、ツアーのオプションは申し込まずに現地で直接申し込んで犬ぞりに行かれたグループがありました。
ツアーだと14000円ですが直接の人たちはタクシー代込みで5000円ほどだったそうです。ガガガーーーーン!
犬ぞりにも乗ってトナカイともご対面したとか・・・
あぁ~、ショックで立ち直れない(涙)


みなさんとお別れしてランチです。
レストラン「Arran(アッラン)」

サーモンスープとサラダのセットで両方とも食べ放題です。
大きなジャガイモとサーモンの切り身がゴロゴロ入って、
クリーミー仕立てです。
ローリエと粒コショウがたくさん入っていました。
サーモンスープは美味しいと聞いていたので
是非食べてみたかったものです。
これは本当にとっても美味しくてお腹がいっぱいになりました。

ペンネのパスタも4人でシェアしたのですが、美味しいのに
既にお腹は満腹でたべきれませんでした。量多し!

サーモンスープ 










 

フィンランド
時差は日本時間の―7時間
電圧:220v/50HZ プラグ Cタイプ
レート:1ユーロ≒105円
(2011年11月29日成田空港で両替時)








やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2011-12-28 02:41 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(8)

サンクトペテルブルクとフィンランド旅行記4日目その2


2011年12月2日(金) オーロラ観賞1日目

サンタクロース村ではクリスマスカードを出したり買い物も楽しめました。
そこから3時間バスに揺られて
更に北のラップランド地方のレヴィへ向かいます。

小雨が次第に小雪に変わり、やがて横殴りの雪となりました。
途中、トイレ休憩でよった所は可愛いお店でした。
午後4時半ぐらいですが、外は真っ暗。気温は2℃。

トイレ休憩

左下:女子トイレのドア
右中:手作りサンドイッチやスイーツ。
ロザンナさんのリクエストで揚げたてドーナツ(1.5ユーロ)購入。
夜食べてもモッチリと美味しかった。
右下:ムーミンの絵が可愛いジュース。
サンタクロース村のレストランでもピッチャーに入ってドーンと出た
ジュースと同じ色。ベリージュースだけれど色同様、薄い味でした。
見れば隣のファンタオレンジらしきものや、その隣のドリンクも見るからに薄い(笑)



3泊したレヴィのホテル。
Hotel Hullu Poro (ホテル フッルポロ)

日本からヘルシンキを経由してサンクトペテルブルクに入国したのですが、
トランクは初めてサンクトペテルブルクに着いてから受け取りました。
その時に同じツアーのひとり参加の年配女性のトランクが
行方不明になっていましたが無事、このレヴィのホテルに届きました♪
ひとり参加でほとんどの荷物がトランクの中だったのでお気の毒でしたが
これで心を着なく旅を続けられますね。

レヴィはワールドカップも開催されるフィンランド最大級の
ダウンヒルスキー場で有名です。
オーロラがよく出現すると言われる北極圏のオーロラベルトの中にも入ります。
私たちが宿泊したホテルのすぐそばにはゲレンデがあり、お土産屋さんやスキーウエアのショップ、レストランなどもありほとんどスキーを楽しみに来ている人たちばかりのようです。

レヴィのホテル

ホテルに到着後、レンタルウェアを地下まで取りに行きました。
既に日本でサイズを指定していたけれど確認のために部屋で試着。
ひとり分づつ、つなぎのウエア、靴、ミトンの手袋、帽子が
袋に入っていましたがまるで剣道着の入っている袋のよう。
重いの何のって・・・・部屋までがまた遠いいのでした。


私のは女性用のビッグサイズを希望していましたが(^^ゞ
つなぎのウエアはクリーニングしていないのは明らかで
(たぶんみんなのも)、男性用なのかちょっとタバコの香りが・・・(泣)
さすがにニットの帽子は自分のをかぶり、手袋もオーバー手袋的に使用。
靴は4人とも大きすぎで代えてもらいました。
靴用に持ってきた消臭スプレーをキョンちゃんがシューしてくれました。
潔癖症のロザンナさんは大丈夫だったのか???

b0120541_16142088.jpg
 
ホテル前に希望者は集合して添乗員さんに着いて行きました。

このちょっと臭くて(笑)重いウエアを来て、歩くとロボコップのようになりながら・・・
夜、添乗員さんがホテルから15分くらいの所にあるオーロラ観賞ポイントまで案内してくれました。
初日と言うこともあり・・・この日は道を間違えて1時間近くも歩いてしまいました。

この時はまだ小雪が・・・
私は日本を出発する前に天気予報をチェックしたらずっと雲や傘のマークがありました。
これは・・・と思っていたら案の定、夜10時から午前2時ごろまで頑張ったけれど雲は晴れずに、チャンチャンでした。

時折真上は雲が切れて星が見えたり、煌々と輝く月が出たり・・・
オーロラ観賞は本当は満月よりも新月の暗い夜の方がいいそうです。
寒くても寒くなくても晴れているのが観られる絶対条件だそうです。


フィンランド
時差は日本時間の―7時間
電圧:220v/50HZ プラ Cタイプ
レート:1ユーロ≒105円
(2011年11月29日成田空港で両替時)





やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。
ライン
[PR]

by anello63 | 2011-12-27 17:33 | 2011年ロシア・北欧 | Trackback | Comments(4)

« home---