カテゴリ:2008年韓国( 22 )

韓国のおみやげ (2008年5月)

前回までの分は左側の「タグ」または「カテゴリ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン

2008年5月の韓国旅行のおみやげです。
期待していただいても、思わず目を見張るような
高級品はいくら待っても出て参りません(^^;

韓国みやげ1


参鶏湯(サムゲタン)のレトルトパック。(ロッテマート)
昔は宮廷料理で薬膳効果抜群

右上
お酒、コチジャン、トウガラシの粉、辛いラーメン。(ロッテマート)

右下
ニュージーランド製のマカデミアンナッツ。(ロッテデパート)
セールだったので買ったけれど以外に美味しかった♪



韓国みやげ2


キシリトールガム、栗入りようかん。(ロッテマート)
ロッテのガムかと思いきや・・・違いました。
この羊羹は過剰包装で値段と比例して味も・・・(>_<)


五味子茶。(ロッテマート)
粉末タイプ。5つの味がするって言うけれど不思議な味。



韓国みやげ3

左上
シートパット(パール、Q10、アロエ)、アイブロー(THE FACE SHOP)
シートパック30枚はお土産にしたのであっという間になくなりました。
アイブローの反対側はブラシになっていてすごく使いやすい♪
韓国のコスメショップはどこも試供品やおみやげを入れてくれます。
ポーチは要らないと思ったけれど幅と高さが絶妙で使っています。(*^。^*)

右上
BBクリーム。(MISSHA(ミシャ)」)
イッコーさんお勧めのBBクリーム(ミーハー丸出し)
実験台→次女。便利で良いらしいです。
私はお肌が弱いので恐くて使えず。

左下
綿棒。(ロッテマート)
軸が木製でしっかりしています。
依然購入して夫が気に入りリクエストされました。
これ全部で2,000ウォン、安いリクエストで助かります(笑)。

右下
角質取りのスプレー、指サック状の小鼻のマッサージに使うもの
(the ETUDE House(ザ・エチュードハウス))
このふたつしか買わないもに(たぶん日本円で1000円ちょっと)
小顔にすると言われる左端のマッサージ器と
どう見てもアナスイのパクリと思われるコンパクトミラー、
ヤクルトとカルピスを混ぜたようなジュースみんな頂きました。



韓国みやげ4

ポシャギのポーチと扇子入れ。(仁寺洞)
この手のものは仁寺洞が安くて種類も多かったですね。
たくさんかっておみやげにしました。



韓国みやげ5

韓紙(ハンジ)。(仁寺洞)
厚みのある手漉き和紙のような感じ。
いろいろな葉っぱやデザインがあって迷いに迷いました。
新聞紙の見開きの大きさで2,000ウォン。
口紅のパレットとクォン・サンウのポストカードと
この韓紙と同じ大きさのクォンサンウのポスターは
免税店でいただきました。
ちなみにキョンちゃんはポスターはトイレに貼ると言っていました。
コラーッ!と怒った私は丸めたまま置いてあります(^^;)。



韓国みやげ6

カップ&ソーサー。(仁寺洞)
スープカップにもなりそうな大きさです。
パッと見た瞬間に気に入って自分用に買いました。
作家さんのらしいけれど私には全くわかりません。。。


最近はあまり欲しいものもなくなりました。


これは2008年5月11日から14日までの
3泊4日の韓国旅行記、最終です。
これから行かれる方の参考になれば幸いです。
長々お付き合いくださりありがとうございました。


[PR]

by anello63 | 2008-08-11 02:18 | 2008年韓国 | Comments(2)

空中レストラン (2008年韓国編)

前回までの分は左側の「タグ」または「カテゴリ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン

成田ーソウル(仁川国際空港)間、往復ともアシアナ航空。
フライト時間、行きソウルへは約2時間半、
帰りは気流のせいで成田へは約2時間弱です。
もちろん新作映画どころか映画はやっていません。

機内食

往復ともビーフでコチジャン(チューブに入ったもの)が付いていました!
コチジャンはおみやげですね♪
パンと帰りのお蕎麦が美味しかったです(^^;


仁川国際空港

仁川国際空港は2005年に来た時はもう出来ていましたが、
まだまだ店舗数も少なくて時間をつぶすのが大変でした。

今回はこんなに広かった?と改めて驚きました。
かなりの店舗が入っていましたが
まだまだ空店舗のところもたくさん。
どんだけー!って言いたいくらいです。

ゲートの数も画像では隠れているけれど
これは「101-132」って書いてあるんです。


アシアナ航空を使うのは初めてでした。
初めて機内に入ったとき、匂いに閉口。
キムチ?コチジャン?何の匂いかわからないけれど、
飛行機には酔わないけれどちょっと気持ち悪くなりました。


帰りの機内。小さい飛行機で私たちは後ろのほうだったけれど
空いていたので3席を占領して横になっている人も何人かいました。

帰りの機内


空港内のスタンドに韓国タレントの雑誌がありました。
記念に1冊くらい買えばよかったし、欲しかった。。。

空港のスタンド



いつもは絶対に窓側の席には座らないけれど、
どうやら閉所恐怖症から脱皮したらしので、
帰りは窓際に座りました。

離陸直後の韓国の砂州がとても綺麗で夢のようでした。
窓側の人ってこんなに素敵な景色を楽しめていたのね。
雲の上も素晴らしい♪

窓からの眺め


[PR]

by anello63 | 2008-08-09 20:42 | 2008年韓国 | Comments(4)

2008年 ソウルの歩き方

2008年 韓国旅行記 

前回までの分は左側の「タグ」または「カテゴリ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン

☆ソウルの両替

2008年5月11日(土) 仁川空港銀行 
   10,000円 → 97,450ウォン(手数料込)

2008年5月13日(日) 南大門 
    新世界百貨店本店(本館)前の
    通りに出ていた両替商のおばちゃん♪ 
   10,000円 → 99,500ウォン(手数料なし)


ライン

☆ソウルの地下鉄に乗る

ソウルは地下鉄が発展しているので覚えてしまえば
表示もわかりやすく安いうえに大変便利です。

ストラップタイプのT-money。(カード式もあります)
SuicaやPASMOとほとんど同じでチャージも出来ます。
地下鉄の自動改札のタッチパネルに当てて改札を通ります。

ティーチモニー


ソウル市内の地下鉄の乗車券の販売機はコインのみのようです。
お札しかないときは窓口で。

地下鉄乗車券売り場


綺麗なタイプの地下道入り口(南大門 新世界百貨店本店(本館)前)。

地下道入り口


地下鉄のホーム。
電車が来ると扉が開きます。

地下鉄ホーム


地下鉄の電車の座椅子はステンレス製。
冬は暖まりすぎてヤケドすることは無い?などとちょっと心配。

地下鉄電車内


ライン

☆街を歩く

街のあちこちに置いてある無料のタウン誌。
ガイドブックよりも詳しい地図やクーポンが載っているのでゲットしましょう。

無料のタウン誌


ライン

☆観光に便利なバス

ソウルシティツアーバス


ライン

☆参考にしたサイト

「コネスト」
「ソウルナビ」


[PR]

by anello63 | 2008-08-09 19:01 | 2008年韓国 | Comments(2)

韓国旅行 ラマダホテル & スイーツ ソウルセントラル

前回までの分は左側の「タグ」または「カテゴリ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン

ラマダホテル & スイーツ ソウルセントラル

行く前はまだ新しいホテルで知名度が低くて
タクシーに乗るとき不安と言っていたので
これをプリントアウトして持って行きました。

ホテルの部屋

私たちの部屋はホテルタイプの19階、3泊しました。
セキュリティーボックス有り。
床はオンドル式とどこかに書いてあったけれど
全く気がつきませんでした。(鈍感?)


バスルーム

バスタブは無くてシャワーのみ。
水圧は問題ありませんでした。
曲者のシャワーとテレビの電源などの入れ方は
フロントでお聞きください。


ホテルロビー

フロント、ロビーなどはショボイです。
名前から期待したけれど普通の清潔なホテルという感じです。


1階レストランの朝食は19,000ウォン+サービス料10%です。
(2008年5月現在)
アメリカンスタイルのバイキング。
食事なしのツアーなので、ここで2回食べました。
高いじゃないのさぁー、と思ったけれど美味しかったです。

1階にスタバとコンビニ、道路の向かい側にもコンビニがあります。

名前にある通り地下にスパがあったのを
忘れていた私たちっていったい・・・
まぁ行く時間はなかったけれど。


[PR]

by anello63 | 2008-08-09 17:43 | 2008年韓国 | Comments(2)

2008年 韓国旅行記 4日目その2

前回までの分は左側の「タグ」または「カテゴリ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン


2008年5月14日(水) 帰国へ

「春のワルツ」のフィリップ役、
「私の名前はキムサムスン」のヘンリー役のダニエル・ヘリー

笑顔が素敵でちょっとコロッとまいってしまいました。
のぞいたコンビニでお茶のパッケージにてご対面。
こういうのはすぐに目に着いてしまう(*^_^*)

ダニエルもちょっとお気に入り

以前泊まったことがあるホテルの地下のお店の前には
しっかり「私の名前はキムサムスン」の紹介の看板。
日本人の観光客狙いは間違いなし。
やだわぁー、と言いながらも私ったらデジしてるし・・・

ヨン様が目に入らないのはどういうことでしょう?
私が関心をもっていないせいか、韓国ではもはや過去の人?


今回の旅行ではソウルのみということで
仁寺洞でお茶をして韓国タレントの
活躍ぶり(特にクォン・サンウ)をちら見するという目的は
あちこちで楽しませてもらって
70パーセントほど達成いたしました。

ええ、まだちょっと足りませんが(^_^;)
今回も韓国の人たちにもとても親切にしていただきました。

携帯とデジカメの充電プラグもすっかり忘れていて
夜中の12時過ぎにホテルのフロントでお借りしました。
とんでもない観光客ですいません!
最終日に返却するときその方を探したけれど、
見つからなくてお礼もできなかったことが心残りです。
  
あっ、それからバスルームのドアノブを壊したのは
初めからそんな感じでしたが、最後の日に
とどめを刺したのは私かも知れません。m(ーー)m

お天気もよく、ホテルの立地、居心地もよかったし最高でした。
そんなこんなで午後の便で帰国しました。



成田からのバスの中からは東京タワーも見られます。
よかった、よかった♪

東京タワー

本日万歩計(自宅にて) 19864歩

ライン

ふ~む、10月にサンウ様さいたまスーパーアリーナーね・・・
土曜日は仕事で行かれませんね。
諦めがつくというものです。
来日の様子をTVでみよっと。
しかし見逃すこと多し(涙)。。。
[PR]

by anello63 | 2008-08-09 12:56 | 2008年韓国 | Comments(0)

2008年 韓国旅行記 4日目その1

前回までの分は左側の「カテゴリ」または「タグ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン


2008年5月14日(水)やっと最終日

朝から快晴!
19階(だったと思う・・・)のフロアーのエレベーターホールの窓から
パノラマ風に撮ってみました(^.^)。

ホテルの窓からの眺め

同じフロアーの私たちの部屋からはこの景色は見えません。
高所恐怖症のキョンちゃんは背中を向けていました。


ホテルの朝食

このツアーの何が不便かと言うと朝食が付いていないこと。
でも食事付きでマズイところへ連れて行かれるよりましかも。
エレベーターを降りた横にレストランがあれば行ってしまう・・・
で、きょうもホテルのレストラン。
最後なのでコーヒーも飲んで思いきりゆっくりくつろぎました。


今年2008年2月に放火にあい焼け落ちてしまった崇礼門(南大門)
シートに覆われているけれど、右側に回り込むと中を見ることができます。

シートに覆われた南大門


中ではのんびりと数人の作業員が作業中。
焼け焦げた太い梁などが横に積んでありました。

復旧中の南大門

あれだけの太い材木はもうなかなか韓国では手に入らず、
独特の建築の技術を持った人も少なく、
莫大な費用もかかるので再建までにはまだまだかかりそうです。



開店準備中の南大門市場はうず高く積まれて商品と
迷路のような路地とですでに活気が感じられます。

私はもうウォンはほとんど残っていないし、
買うものもないので冷やかしながら通り抜け!
帰りにもここを通ると、人であふれていました!
あまりの人の多さとあふれる雑多な商品で頭痛くなりそう。
足元を見ると↓

道しるべ

クォン・サンウとソン・スンホの映画「宿命」のポスター。
どこの地下街か忘れたけれどDVDとかCDが
めちゃくちゃ安かったお店のウインドー。

今から思えば韓国語はわからないから買わなかったけれど、
それでもいいから買っておけばよかった後悔しきり・・・

同じ頃から韓国ドラマを見始めたキョンちゃんはとっくに
飽きちゃっているので興味はなさそうです。
上のポスターはたぶん若い子に人気のある「神話」

ポスター




ロッテ免税店は遠かったぁ・・・
地図もあるし、以前行ったこともあるに地下道を通ったり
路地に入ったりしたのですっかり「ここはどこぉ~?」状態。
建物を左に折れれば免税店の入り口があるのに・・・

10分くらい悪戦苦闘したのち(;一_一)、たどり着いた免税店で
お出迎えしてくれたのはRain(ピ)と、パク・ヨンハ
 
Rain(ピ)


パク・ヨンハ

各免税店でタレントを起用しているのは日本の観光客目当て?
特にヨン様ファンじゃないけれど、ふたり足してもやっぱり
ヨン様のオーラにはかなわないわねぇ。
(以前はロッテ免税店はヨン様でした)
思い切り中途半端な韓国ドラマファンの
私から見てもインパクト弱すぎ~!
ヨン様どこに行っちゃったんでしょう?

韓国ではたとえ免税店や専門店でさえ怪しくてブランドものは
買う気がしませんがキョンちゃん日頃のストレス発散とばかりに
買ってしまいました。。。アーメン((+_+))


その後、ロッテデパートの地下食品売り場へ移動♪
地震があったら怖いけれど、
綺麗にディスプレーされたキムチの壺。

キムチの壺

済州島のコーナーもあったり、変わったお惣菜をチェックしているうちに
こばらが空いたので軽く・・・大好きなねじりドーナッツと
プルコギの春巻き風。

デパ地下


めちゃウマでございました。
別々のコーナーで買いましたがウォンはないので
800ウォン、2000ウォンをカード払い!

おやつ


初めてこのデパ地下を訪れた時は興奮したものですが、
ロッテマートを見た後なので・・・クールにお買いもの。

[PR]

by anello63 | 2008-08-05 17:14 | 2008年韓国 | Comments(4)

2008年 韓国旅行記 3日目その2

前回までの分は左側の「カテゴリ」または「タグ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン

2008年5月13日(火) 雨

シティバスで次に降りたのが新羅免税店です。
ここで少しお買い物をして最後に
マカロンが大好きな次女へのおみやげを。

マカロン


ひとくち食べて思わず顔を見合わせて笑ってしまった
新羅ホテルのマカロン。

ハードなボックスに合皮のロープと高級感ただようのに
期待はずれのお味でした。(お値段は日本と同じくらい)
形はいまいちだったけれど次女の作ったマカロンのほうが美味しい!


新羅ホテルでお茶

マカロンを売っているお店から見えたティールーム。
のども渇いていたのでちょっと休憩♪
運ばれて来たのはアイスティーだった?と思うような
うすーいアイスコーヒーでした。

もっと演奏も聴いてゆっくりしたかったのにキョンちゃんの
「もうバスが来るわよ」で、シティバス乗り場へ!
お茶をした時間は5分くらい。。。

次に行く昌徳宮(チャンドックン)の無料の日本語ガイドツアーの
最終時間が迫っていたからですが・・・


昌徳宮は’97年に世界文化遺産になってから
個人の自由見学ができなくなりました。
入場チケットを買い、日本語のガイドツアーの
開始時間まで門の所で待ちます。
普段の行いに関係なく、この頃には雨もあがりました。

昌徳宮は1405年に正宮である景福宮の離宮として建てられた宮殿。
焼失した景福宮が再建されるまでの約270年間は正宮とし、
朝鮮の宮殿の中で王が最も長く住んだ王宮だそうです。

昌徳宮

日本人はみんな「チャングムの誓い」を観ていると
思い込んでいるらしいガイドさんは

「この池(芙蓉池)のほとりでチャングムが走っている途中に
子どもから大人に変身するシーンが撮影されました」
(私はそのシーンは見逃したけれど・・・)などと説明しますが、
「ほぉ~!」「・・・」反応はさまざま。
さらに日本人じゃない人にはチンプンカンプン。

このときはツアー客は私たち30名ほどだけだったので、
静かで緑がいっぱいの広大な敷地にその時代の建物が
そのまま残っているのでまたまた時代をさかのぼって
王宮の時代にいるような錯覚を覚えます。

ガイドさんが日本ではなんと言う名前?と聞いていた花。
違うと思うと言ったのに結局、誰かが言った
「夏ツバキ」になってしまった「オオヤマレンゲ」
(木の下にあった札をあとでPCで見たら、
オオヤマレンゲとカタカナで書いてありました)
とっても綺麗でした!

オオヤマレンゲ


シティバスのツアーを終えて、ロッテマートでのお買い物。
かなり楽しいです♪しかもお安いです!
想像していたよりずっと広くて雑貨から食料品、
2階は衣料なども売っています。

どれもこれもまっかっかのキムチたち♪美味しそう!
でもキムチは匂うし、発酵してトランクの中で破裂して
とんでもないことになったと言う話も聞いているから、
この美味しそうな手作りキムチは日本に持って帰れません(泣)。

キムチ売り場

日本でも売っている「眞露」なんて360mlが940ウォン!(約100円)
まとめて宅急便で自宅まで送りたいくらい。


俳優さんも大活躍♪
化粧品関係は左からクォン・サンウ、スエ、ソ・ジソプ。
一番右側 シティバスにはイ・ビョンホンのお顔もね。
(画像をクリックすると大きくなります)




ロッテマートの隣にはファッションビルや↓国鉄ソウル駅があります。
広くて綺麗でびっくり。

国鉄ソウル駅



本日の夕食。国鉄ソウル駅の上にある「Spaghettia」
ふたりでシェアして食べました。
美味しかったのに全く日本語も通じなかった上に
何故かしっかりサービス料も取られてしまいました(涙)。

夕食

ホテル到着10時30分、そして今夜も就寝1時過ぎ。
本日万歩計 24,726歩(本日も歩きすぎ!)


[PR]

by anello63 | 2008-07-31 22:54 | 2008年韓国 | Comments(8)

2008年 韓国旅行記 3日目その1

前回までの分は左側の「カテゴリ」または「タグ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン

2008年5月13日(火) 雨 シティバスに乗る♪
朝から小雨。

ソウルでの両替で一番レートがいいのは、
地下商店街や路上の店舗を持たない両替屋。

この日も明洞新世界百貨店本店か隣の銀行だったか
忘れてしまったけれど、オープン前の路上で
「両替」の紙を前に椅子に座っている人を発見!
ちょうど両替するつもりだったのでお願いしました。

10,000円が99,700ウォン(手数料なし)。
ええやん!
やっぱり歩いてきてよかったかも♪


きょうの朝ごはんは「味加本(ミガボン)」でお粥ですよぉ。

味加本で朝食

キョンちゃんは有名どころのアワビのお粥。
私はこのエビのお粥。
エビがプリプリしていて美味すぅ~い!
おなかに優しいお味です。
日本と勘違いしそうなくらい日本人だらけ・・・
そう言う私も日本人。


パン好きなふたりゆえ、満腹にもかかわらず出た先にを見たら思わず覗き、
思わず買ってしまうのは仕方ないこと。。。(ホンマかいな)
やわらかなパンの中にリンゴジャム・・・また食べたい!



今日は雨ということもありシティバスであちこち、
思いつくまま乗り降りすることにしました。


東和免税店(わかりづらい)の前の大通りに停まっていた
シティバスに飛び乗り、中でチケットを買いました。

[PR]

by anello63 | 2008-07-30 15:55 | 2008年韓国 | Comments(4)

2008年 韓国旅行記 2日目その5

前回までの分は左側の「カテゴリ」または「タグ」の
『2008年韓国』をご覧ください。

ライン

2008年5月12日(月) 仁寺洞で伝統茶

仁寺洞ギルを歩いて、どうしても入って見たくなるお店がここ。
お店の名前を見るのを忘れたけれど通りからこのランプ(?)が見えます。

好きなお店1

長いので続きはこちら♪
[PR]

by anello63 | 2008-07-25 02:05 | 2008年韓国 | Comments(2)

2008年 韓国旅行記 2日目その4

前回までの分は左側の「カテゴリ」または「タグ」の
『2008年韓国』をご覧ください。




2008年5月12日(月) 仁寺洞でランチ!


午前中は景福宮、三清洞と歩き回ったので
仁寺洞に着いた時はもう頭の中は食べ物のことでいっぱい。

でも、仁寺洞ギルと呼ばれるこの通りに入ったとたん
両側に並ぶお店を片っ端から
覘かずにはいられないふたりなのでした。

仁寺洞ギル

伝統工芸品や骨董、韓紙、ポジャギの小物やシルクや麻製品・・・
嬉し♪ 楽し♪
明洞などよりも品数も多く安いです。




でも、限界!
ランチはこの通りにあるサムジキル↓の地下1階
「古宮」の全州伝統ビビンバッ。

サムジキルと言うモール


生卵の黄身が・・・
私たちだけ?
こんなしょぼい薄焼き卵・・・泣
隣に運ばれてきた石焼ビビンバの真ん中には黄身が!

これってどうなの?違うんじゃない?
と、もちろん日本語(汗)でガイドブックを指して言うと
「インフルエンザ・・・」と返ってきました。

・・・あっ、なるほど。あっさり納得(爆)。

ちょうどこの頃、鳥インフルエンザが騒がれていて、
前の晩食べた石焼ビビンバはヤケドしそうな石の器で
混ぜている間に卵には充分に火が通ったと思うけれど、
このお店の特徴的な金属の器ではそれは無理。
ジュッ!っていう音さえしなかったし。

混ぜ混ぜしながらこのお店自慢の全州伝統ビビンバッを
口に入れながらキョンちゃんがぼそっとつぶやく。

・・・やっぱりお焦げのできた昨夜の石焼ビビンバの方が好き。
私も多少口の中をヤケドしながら食べたビビンバの方が
美味しかったような気がします。
ここのは普通に美味しい
出されたとうもろこし茶は冷たくておいしゅうございました。

それにこの金色の器、どうしても家のお仏壇のりん
(チーンって鳴らすあれ)に見えて仕方がない。。。

古宮の全州伝統ビビンバッ


お腹もふくれ、また余裕が出てきたので・・・
「サムジキル」は、フロアーがらせん状になっていて屋上にもちょっとした食べるところもあり、
やっぱり韓国といったらパッピンス(かき氷)よね、と二人で半分づつ♪

かき氷はおでこの奥の方が痛くなるけれど、
思ったほどあまったらしくもなくあっという間に完食です。

この日は1階の広場では日本と同じような杵と臼でのお餅つきをして、
草餅のようなものを売っていたり、ピーナッツと水あめのようなものを
大きな四角の枠にはめて上から麺棒のようなもので
コロコロと押さえつけて作る韓国菓子の実演販売などをしていました。

サムジキル

このサムジキルの中にはたくさんのショップがあるけれど、
素敵なショップがあってまた行ってみたいです。

こんなに思う存分ゆっくりできるのは幸せ~♪
そして次はお茶するの?


[PR]

by anello63 | 2008-07-23 17:21 | 2008年韓国 | Comments(6)

« home---