2017年スイス旅行 6日目その2 氷河特急



2017626日(月)


氷河特急 Glacier Express(グレッシャー・エクスプレス)は、ツェルマットからサンモリッツまでを8時間かけて走る列車です。

「世界でもっともゆっくり走る特急列車」と、言われています。

昔は先ほどバスで通って来たフルカ峠を越える際、車窓から氷河が眺められたので「氷河特急」と呼ばれたそうです。

現在は峠を越えずにトンネルを抜けるようになったので氷河が見られなくなりました。

私たちは中間辺りのアンデルマットからフィリズールまでの4時間乗車します。

アンデルマットを1154分発に乗車しました。


b0120541_00514491.jpg



列車が到着するまで駅の売店などを見ていたら、

構内には氷河特急のグッズも売られていました。

氷河特急名物「傾いたグラス」は22フランです。


b0120541_01001356.jpg


車内は暑いとネットでも書いてあったのに、あらぁ~?冷房が効いていて涼しい~

窓が大きく天井も一部を残して全面ガラスのパノラマ車両。日除けになるようなカーテンも全くありません。

通路を隔てた側はずっと陽が当たっていたので日焼けしちゃうかも。

通路を挟んで4人掛けのボックス席になっていました。
結構ゆったりして快適です。

b0120541_23363325.jpg




テーブルには氷河特急の食事のメニューも置いてありましたが・・・

本日のランチはツアー会社で用意されたサンドイッチとリンゴ、ペットボトルのお水、小さなチョコ。


b0120541_00515090.jpg


ハイライトが近づくとドアの上のディスプレイにサインが出て、説明をイヤホンで聞くことが出来ます。


b0120541_00534721.jpg




ディセンティス駅 

この駅で鉄道会社が変わるため、20分ほど停車。 

ツェルマット~ディセンティスはマッターホルンゴッタルド鉄道(MGB

ディセンティス~サンモリッツはレーティッシュ鉄道(RhB


b0120541_23442356.jpg


14キロ続いているライン渓谷は「スイスのグランドキャニオン」と言われているそうです。

手前はライン川。


b0120541_23405415.jpg




パンフレットと途中、車掌さんが配ってくれた乗車記念の美味しいビスケット。


b0120541_23410079.jpg



私たちは2号車でしたが1号車に乗っていたのは日本の団体さんでしたが(違う旅行会社)。

なんと発車して間もなくエアコンが

壊れたようで車内の半分から後ろは熱波地獄。我慢しきれなくなった人たちは連結部分に立っていたり、ほかの車両で空いた席があれば移動されたようです。

空調の不備は旅行会社のせいでは無いけれど添乗員さんも大変だったでしょうね。

目的地はどこまでだったかわかりませんが途中で皆さんホームに降りたようです。


最後尾の車両のデッキ部分から遠ざかる景色を。

(先ほどのディセンティス駅から向きがかわり、1号車が最後尾になりました。

この時、私たちの車両は後ろから2両目でした)


b0120541_23421825.jpg




氷河特急の最大のハイライトは高さ65mのランドヴァッサ-橋を通過することです。

橋は5本の石造りの柱に支えられています。


前にも乗車したことがあるという男性が「そろそろ」と言うので、私もデジカメの電源を入れ半押し状態にしてもう片手にはスマホを。


スタンバイOK!

ドキドキ




・・・まだですか?


まだのようです。


b0120541_23460476.jpg



アホのようにずっと半押し状態だったのでデジカメが熱を持って来たので、電源を切って・・・


そんな事を何回か繰り返しているうちに・・・


何やらメッセージが!


なぬっ?


うそぉー!!!!!!



なんと、ここでまさかのデジカメの電池切れ!




アタフタ、アタフタ

気が付けば、もうトンネルが見えて来ちゃいました!

b0120541_01394760.jpg



これです、これです。

いっぱい映り込んでしまったけれど撮れてよかった。

見られて良かったです。

スマホがあって良かった!



b0120541_23444723.jpg




フィリズール駅に到着

あっという間の氷河特急4時間の旅でした。

景色も素晴らしかったしドキドキの場面もありましたがとてもいい思い出になりました。


b0120541_23445310.jpg



フィリズール駅に到着するとアンデルマットからバスを飛ばし先回りしていたバスのドライバーさんのチリーさんが手を挙げて笑顔で出迎えてくれました(左上)。

感激

ここからバスで今夜の宿泊先のチューリッヒに向かいます。

b0120541_01580885.jpg


チューリッヒの街

b0120541_23470178.jpg




チューリッヒ市内のレストランでの夕食

ラクレットは期待通りの美味しさでポテトととても合います。

今夜ビールにしましたよ(*^^)v

下の真ん中の小さな玉ねぎのピクルスは可愛い。

これは初めて見ました。

b0120541_23471759.jpg




今夜は空港近くのヒルトン・チューリッヒ・エアポートに泊ります。


b0120541_23473913.jpg


明日はいよいよ最終日になってしまいました。


[PR]

by anello63 | 2017-07-27 03:03 | 2017年スイス | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://anello63.exblog.jp/tb/27012888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by weloveai at 2017-07-27 08:48
素敵な旅ですね
4時間の列車の旅もあっという間に終わったんですね。ランドヴァッサ-橋の写真が撮れてよかった、ここがメインだったでしょう。
小タマネギの形も色々あるんですね
ラッキョウとは全然形が違いお洒落な感じです。。
どこの会社のツワーか教えて頂けますか?
身動きできないので行かれるかどうかは別なんです(笑)
Commented by salam2002 at 2017-07-27 12:25
懐かしく拝見しています。
傾いたグラス、我が家にあるはず・・。
Commented by anello63 at 2017-07-27 22:35
☆ゆすらうめさん、
氷河特急と言うと、この橋を渡る列車の写真が出てきます。
ツアーによっては氷河特急に乗ってもこの橋を通らないものもあるようです。
4時間は飽きずに済むギリギリの時間かもです(笑)
旅行会社はJTB旅物語です。ツアーコードはE353。
今回は添乗員さんに恵まれました。
ひとり参加だと割高ですね。
Commented by banban0501 at 2017-07-27 22:45
JTBの旅は 安心できますね

見どころ ちゃんと抑えているし
料理も 日本人好みの指導が入るようです

以前 日本で知り合ったイタリア人
日本語の勉強してJTBのガイドに
なるのが目的だと言ってましたよ

採用基準が難しいそうです
Commented by htokuyama3 at 2017-07-28 06:04
素敵!素敵!
いつかスイスにも行きたいなあ~~
友人が6月後半に北イタリアとスイスに行ってきましたが(以前もスイスに行ってます)連日暑くて参ったと言ってました
お天気もお仲間も添乗員さんにも恵まれて良い旅でしたね 
Commented by anello63 at 2017-07-29 11:18
☆banbanさん、
JTBと言っても「旅物語」は実店舗無しの格安旅行会社です。評判はイマイチですかね。
JTBは大学生の就職先にも人気ですね。
Commented by anello63 at 2017-07-29 11:21
☆美波さん、
世界中温暖化でスイスアルプスイコール夏は涼しいと言うのは過去のお話になって来たのかも。
あー、でも6月後半雪が降った所もあるそうです!
Commented by anello63 at 2017-07-29 15:02
☆salamさん、
順番違ってごめんなさい。
(書いたはずなのに消えていました)
氷河特急のグラスはロゴも可愛いし、ワイン好きだったらきっと欲しくなってしまうかもです。
どこ行っちゃたんでしょうね?
名前
URL
削除用パスワード

« home--- << 2017年スイス旅行 7日目ザ... 2017年スイス旅行 6日目そ... >>