2017年 夫婦で台北2日目その1  龍山寺、十分

2017年4月19日(水)

部屋は19階の廊下の突き当たり。
広いベランダ付き。もっともお向かいのビルから丸見え。
ベッドの横のドアは浴室とトイレ。
浴槽は大きくて、夜は窓から正面に中正記念堂のライトアップが見えました。
洗面が2個あり便利。
シャワーブースが浴室の反対側にありトイレもそちら側。
広すぎ~、一部屋分くらいありそう。
一番よかったのがトイレにウォシュレットが付いていたこと(笑)。


2日目は朝いちで十分に行き、天燈上げをして十分瀑布を観に行く。
と、言う私の予定はもろくも崩れ去りました。。。

夫の方から6時起床と言っていたけれど、お疲れのようでベッドから出られないようです。
旅行前も3連勤で疲れていたのが効いているようです。
私はどんなに疲れていても旅行に出ると元気になってしまうのです。

まぁ、急ぐ旅でもないし・・・
暇なので駅まで駅弁を買いに行こうとしたら、お腹が空いていないから半分も食べられないと言うので、しっかりその言葉を信じてしまいましたよ。
(今にして思えば十分行く前にもう少しお腹に入れておくか、食料を買って行けば良かった。。。)

台北駅の中の駅弁やさんは8時半からとの事なので、コンビニでおにぎりのような物と私用に美味しいミルクティ、ホテルの地下の喫茶店の前に出ていたワゴンでサンドイッチを購入。
超、安上がり(*^^)v

b0120541_035492.jpg


ホテルに戻る前に台北駅東3出口付近をひとりフラフラと朝のお散歩。

b0120541_043073.jpg


ホテルに戻ると、まだお休み中の夫。
気配で起きだして軽く食べて、台北駅に着いたのは8時半前。
トホホ、予定より2時間遅れ。

窓口で9時発の自強号の指定席を買おうと思ったら満席とのことで、次の指定席は10時12分発。

ドヒャー、あと2時間もあるけど確実に座りたいのでそれで行きましょう!

b0120541_05181.jpg


2時間ほど時間があるのでMRT(地下鉄)で龍山寺へ。
龍山寺駅構内でオープンちゃんと遭遇。
たくさんグッズを売っていたけれど、要らなかった(笑)

b0120541_051850.jpg


龍山寺駅出口1から公園を抜けて行きます。
龍山寺は清時代の1738年、大陸福建省泉州から渡ってきた漢民族の移民たちによって創建さたそうです。
移住してきた当時、生活環境が悪く疫病が流行したため、神のご加護と平安を祈る為に建てられたとのことです。

b0120541_055636.jpg


龍山寺

たくさんの観光客や地元の人がお参りしていました。
参拝の仕方がイマイチわからず他の人のを見ながら・・・
本殿前方の左右に配された一対の「銅雕龍柱」。
1920年代の作品で、台湾では石製の柱が一般的ですが、台湾唯一の銅製の龍柱だそうです。

b0120541_063173.jpg


龍寺山の御本尊は、本殿の正面に聖観世音菩薩。

b0120541_06525.jpg


本殿に祀られているのはすべで仏教の神様で、後殿には主に道教の神様が祀られているそうです。こちらは学問や商売、子宝、恋愛などそれぞれの分野によって分かれています。
祀られている神様は、
文昌帝君、大魁星君、紫陽夫子、馬爺、天上聖母、太陽星君、太陰星君、註生娘娘、池頭夫人、十二婆者、水仙尊王、城隍爺、龍爺、福德正神、關聖帝君、三官大帝、華陀仙師、地藏王菩薩、月老神君

b0120541_072533.jpg


恋愛の神様「月老神君」の前で今回も占いを。
今回も1回で裏表が出ました。
赤い糸を頂きましたが3回グルグル回すのを忘れてしまうは、赤い糸を途中で失くしてしまうは、不吉な予感(汗)。

b0120541_074814.jpg



台北駅に戻り・・・十分に行くためにまず瑞芳まで行きます。
台鉄ホームはMRTに比べて暗いです。

b0120541_0981.jpg


車内はガラガラでした。

b0120541_095790.jpg



瑞芳駅到着。
ドーっと降りる人が多く、九分に向かう人はここからバスに乗り換えます。
ホームもいろいろ楽しいです。

降りた同じホームから十分行きの平渓線の電車に乗って行きます。
ここからは30分くらいですが混んでいてもちろん座れませんでした。

この平渓線に乗った途端にいきなりの土砂降り!ヒィー!

b0120541_0102743.jpg


十分に着いた時もそれは変わらず100均で買ったポンチョを急いできました。
線路の上で天燈上げをしているのを見たら、どちらでもいいと言っていた夫が「上げよう!」
空いているところのお店で4色を購入して願い事を書いて、4面写真を撮ってもらって上げました。
うわぁー、まっすぐ上がっていきました♪
上げる頃には雨も上がり、静安吊橋を渡り、十分瀑布に向かいます。

b0120541_010564.jpg


夫は高所恐怖症で吊橋は渡りたくないはず。
渡り終わったら左側の道路をまっすぐ行くと「十分瀑布」の案内があるのでそれを目指して行きます。
しばらく行くと右手に公園があり遊歩道を降りて行くとまたしても吊橋。
結構揺れます。
30分ほどで滝に到着。
階段の昇り降りが多い。
帰りベビーカーを担いで滝に向かって行く若い夫婦。大丈夫かな?
私は滝が大好きで念願の滝を観られて良かったです。
滝のそばの公園のような所で真っ白なカラーの花が咲いていたのが印象的です。

朝から何も食べていなかったので十分で食べたお店がひどくて、私は一口でギブアップ。

b0120541_0112344.jpg



さて、次の目的地は市政府駅。
朝、電車の中から見た時にMRTと繋がっていそうな予感がしてガイドブックを見たら、十分から南港駅がそれらしい。
案の定、南港駅から市政府駅は直ぐでした。

b0120541_0115367.jpg


南港駅。
新しく「Global Mall」というのが出来たようです。
地下は飲食店だけです。1階はデパート?
地下を一回りして市政府駅に急ぎます。

b0120541_0185821.jpg



















やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2017-04-28 01:37 | 2017年台北 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://anello63.exblog.jp/tb/26819027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by htokuyama3 at 2017-04-29 13:16
流石旅の達人さん! 何度も台湾に行ってるのに現地の人任せで いつかこんなところにも行ってみたいわ 父の教え子の方たちも見なもういらっしゃらないし。。自力で行かなきゃね! 素晴らしい!
Commented by anello63 at 2017-04-30 00:09
☆美波さん、
現地にガイドをして下さる方がいるなんて最高じゃないですか(*^^)v
ベトナムのハノイに行った時、一緒に行った友人の甥御さんが案内してくれました。
現地の人しか行かない所や穴場の美味しいお店に連れて行ってもらってとても良かったですよ。
名前
URL
削除用パスワード

« home--- << 2017年 夫婦で台北2日目そ... 若葉台のテレビ朝日アトリウム >>