ららぽーと立飛でランチするなら 「神楽坂 茶寮」

2016年2月11日(木) 晴れ

きよ姫と立川の「ららぽーと」でおしゃべりして来ました。

ららぽーと立飛

お天気がいいので「エッグスンシングス」のテラス席で、なんて思っていたらモノレールを降りて下をのぞきこんだら(そこから見えるの)、大行列!

祝日のお昼時想定内のことなのであっさり諦め、お隣の「神楽坂 茶寮」へ。
こちらも10分ほど待ったけれどお隣のエッグスシングスの長い列を横目に楽々テラスでストーブの前の椅子に座っていられたのでよかったです。

b0120541_14185698.jpg


きよ姫はキッズプレートが気に入ったようです。ダメもとで店員さんに聞いたらOKと言うことでした。
ドリンクとデザート付きで680円(税抜)
私は白身魚と野菜の甘酢あんかけ。お味噌汁を塩麹スープに替えて頂きました。1080円(税抜)。
ご飯がおいしかった。おしゃべりに夢中で他の味は記憶なし!(^^)!

b0120541_14191626.jpg



それぞれ行った旅行の話やあれやこれやのマシンガントーク。

きよ姫からは神戸「モンロワール」の葉っぱの形のチョコを頂きました。
かわいい形で上品な甘さで美味しいですね。たっぷり入っていたので食べ過ぎて鼻血が出ないように要注意です。

b0120541_14205072.jpg


場所を替えて「オリオン書房」の中の「本棚珈琲」
西国立ビールが気になっていたようだけど、結局
シフォンケーキプレートと珈琲に落ち着いたようです。
私は黒みつきな粉ラテ 500円 ミルクに黒みつときな粉入りなので甘くて優しいお味。ほっこりとする。つい美味しくてゴクゴクあっという間に飲んでしまって、後はお水のおかわり連発(セルフサービス)・・・汗

b0120541_14213391.jpg


きよ姫の話は聞いていて面白い。仕事は大変だけれどそんなことは少しも感じさせずに面白おかしく話すのでとっても楽しそうと錯覚してしまう。本当はとても大変な仕事で私などには絶対に勤まらない仕事。う~ん、頭が下がります。

ずっと座りっぱなしだったので少し歩かなくちゃね。
と言っても同じく「ららぽーと」の中の夕食のお店を探すコース上のみ(笑)


小龍包のお店が!
「九龍點心」
90分の時間制限があるとか。
はい、きよ姫お待たせ!ビールが飲めますよ。
台湾で美味しい思いをしたので、また小龍包を食べたい!
しかも食べ放題、いいじゃなぁ~い♪さんざん待たされていよいよです!
小龍包~♪小龍包~♪

b0120541_14223381.jpg


ええぇー!皮が厚い。。。
はぁ・・・残念。
台湾の味を忘れた頃だったらよかったかも。

なんだかんだ言ってもお変わりもして。結構食べました(笑)

b0120541_1422583.jpg


カニみその小龍包とか種類はあったけれど、違いが判らない女でございます(悲)。
タピオカミルクティ・・・自分でアレンジしなくちゃいけないらしい。
タピオカとミルクティーをそのままコップに投入しただけ・・・イカンお味。
ちょっと硬めのマンゴープリンで〆ました。

来年あたり、また台湾ですかね。
安くて美味しいと言う台北で評判の他のお店も行ってみたい。

促されて時計を見れば・・・ギョェー!
気持ちもうんと軽くなって楽しかったよ、また、会いましょう!




やっぱり旅が好き♪
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
今日もありがとうございます。

リボン

[PR]

by anello63 | 2016-02-19 15:17 | グルメ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://anello63.exblog.jp/tb/25373399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by salam2002 at 2016-02-19 20:32
弾丸トークですね。
不思議ですよね、ある時間を過ぎると
急に時間の流れが早くなる。
うふふ、台湾いいですよね。
気楽に行けるし美味しい。出汁文化だし。
Commented by anello63 at 2016-02-19 23:32
☆salamさん、
不思議、不思議!
salamさんはいつもフリーの旅。
私はアクシデントがあった場合、やっぱり言葉が通じないと恐い(ビビリです)ので、ヨーロッパや北欧は難しいです。
台湾もまだまだ行きたい所がいっぱいあって困っちゃいます。
台湾は言葉が通じなくても何とかなりそうですよね。
名前
URL
削除用パスワード

« home--- << カーブス4周年 チロルとロイズのコラボ 今度は... >>