南三陸町応援ツアー in 福興市


2011年5月28日(土)~29日(日)0泊2日で
『南三陸町応援ツアー in 福興市』に行って来ました。

夫が被災地を見るツアーは無いのかな?と言った翌日の新聞で
まさにそんなツアーがあることを知りました。

現地までは往復バス。車中泊。
ツアー代金18800の内5000円は支援金となる。
朝食(お弁当)付き
旅行会社 クラブツーリズム近畿日本ツーリスト
(ゴメンナサイ!間違えました)
すぐに申し込んだのが5月25日。
福興市でのお買い物コースとボランティアコースという
直接支援に繋がるツアーです。
もちろん私たちはお買い物コースですよ。ねんざした足が痛い&腰が痛い(私)だの、五十肩(夫)の夫婦には力仕事によるボランティアはムリムリ(^^ゞ
当日ボランティアを希望した人の話によると軽作業らしいとのことです。

23:00JR東京駅そばの駐車場集合。
翌朝7時ごろ南三陸町に到着。
2時間おきくらいにトイレ休憩があったので、
寝たような寝られなかったような・・・
台風が近づいているので外は雨。


途中の車窓からはのどかな田園風景が広がっている。
田んぼには既に苗が植えられている。
原発さえなければ安心して美味しいお米も作れるはず。

田園


バスの中で津波の様子や町の人たちの話のビデオを見たり、
語り部ガイドさんの話を聞いたりしました。
ある所に来て急に景色が変わった。
それはTVで何度も流れた南三陸町の津波の被災地。
バスは走っても走っても瓦礫の山が続いていました。
津波は恐ろしい破壊力を持って何もかも奪い去ってしまう。

南三陸町の津波のシンボルのような建物の残骸の前でみなさんと黙とうを捧げました。

つめ跡

◆ 動画 ◆

10時から1時まで志津川中学での「福興市」に参加。
地元の元気いっぱいの太鼓やブラスバンドの演奏を聴いたり、
横手の焼きそばや八戸のせんべい汁などを食べたり・・・
近隣はもちろんあちこちから販売の応援が来ていました。
想像以上にたくさんのテントが出ていました。
私たちが帰る頃にお相撲さんたちも応援にやってきました。(でも名前はわからず・・・悲)

現地は4月中旬から電気が入ったけれど水道はまだ1%の復旧率とか。
使わせていただいた仮設トイレもボアンティさん(?)がそばにいてしょっちゅう掃除してくれるのでとても清潔な感じがしました。

中学3


雨でぐちゃぐちゃの足元にも関わらず多くの人たちはみな笑顔。
ここには映っていないけれど町長さんもいました♪

中学2


自衛隊も頑張っていました。

自衛隊


教室で開かれた別の語り部ガイドの方(4人)の体験談を聴きました。
流されて5時間後に助かった男性のお話に家族愛を感じたり、
やはりみんなで支えあって生きていかなくてはいけないなぁと実感。

語り部トーク


中学校は高台にあります。
眼下には津波のつめ跡とその先に海が見えます。
震災前は風光明媚だった面影もなくなってしまいました。
でもこの町は大丈夫!パワーを感じました。
きっとどこよりも早く復興出来る気がします。

上から

この福興市は今後毎月最終日曜に行われるそうです。
ツアーもあるそうですよ。

帰り、横を走るトラックに貼ってあった大きなシールに書かれていた
「がんばろう、日本!負けるな東北」


[PR]

by anello63 | 2011-05-31 01:41 | 東日本大震災 | Comments(12)

Commented by 美波 at 2011-05-31 06:36 x
お久しぶりです時々お邪魔してるんですが 読み逃げでゴメンナサイ
50肩がひどくて ずっと 痛みで夜中に目が覚め 一日中 体調不良、、昨日は注射で今朝は 4時に目が覚め 久しぶりに少し寝た感じ。。
imaさんご夫婦 パワフル~~ でも読んでいて 涙が出ちゃった いい企画ですし それにお二人が参加されることにも うれし涙
私も 岩手で牛を飼ってて それを直営レストランで売っている 仲間[青年の船]に 売り上げ協力という形での応援をしたり 支援は 色々な形で 継続的に無理なくするのが良いわよね・・

人口の多い都会ではこんなバスツアーという企画も 現地を名まで知ってもらい ふれあい 買い物も クラブツーリズも 良く考えたわね!
石川では 避難してきた人たちへの支援の輪も様々な形で広がっています 日本 皆で差さえあって頑張ろう!ですね
Commented by kuuzaemonn at 2011-05-31 11:11
こんにちは。
あのビル。  当たり前だけど実在してるんですよね。

私 考えたんですけど、東京まで新幹線で行って、そこからJR東日本で1万円乗り放題を使って福島に行く!
これいいと思いませんかぁ@@?
行きたいなぁ~
今だから 是非、行きたいなぁ!
Commented by banban0501 at 2011-05-31 15:20
動画 拝見しました

ほんと 言葉になりません

テレビでみていたのとは 違う印象です

もちろん 現実の方がすごいってこと
よくわかりました

クラブツーリズムさん いろいろな
企画を考えているのですね~

これも ひとつの復興支援ですね!
Commented by anello63 at 2011-05-31 21:20
☆美波さん、
読み逃げはお互い様です(*^_^*)
私も五十肩をやったことがあるので痛さはわかりますが、
注射はしたことがなかったので美波さんのはかなりの重症なんでしょうね。
夜中に痛さで目が覚めてしまうのは辛いですよね。
ジャンプして着地した時は声も出ないほど痛くて思わずうずくまってしまったり、肩がぶつかった時も・・・
痛くなくなるまで1年半かかりました。
今年の初め頃から私も反対側の肩が痛いのは、もしや・・・(泣)
災害の支援は出来る人が出来ることを続けて行く♪ですね。
Commented by anello63 at 2011-05-31 22:07
☆kuuzaemonnさん、
南三陸町役場防災対策庁舎はこのまま残すのではないかしら。
TVで見たより大きくて威圧感を感じましたよ。
どうしても今、福島に行きたいのね~
kuuzaemonnさんの優しい気持ちと、とっても行きたい気持ちはわかるけれど・・・
福島のどの当たりにお住まいかわからないけれど、
お相手の方に確認してからがいいのでは?

Commented by anello63 at 2011-05-31 22:31
☆banbanさん、
動画観てくれてありがと。
バスの中からデジカメで撮ったものです。
反対側の席の方がもっと遠くまで見渡せたのですが。
防災対策庁舎の屋上の鉄塔から撮った津波の写真を観たけれど、それはもう恐怖のなにものでも無いですね。
Commented by weloveai at 2011-06-01 17:03
被災地を実際に見ますと言葉にならのでしょう。
参加型の支援をありがとう。
地元の方に元気、やる気を出して頂ける様になる事を願います。
主人の実家が福島で、こちらも気になる所です。

Commented by いかさし at 2011-06-02 00:42 x
感動しました。
がんばれ東北!!
Commented by anello63 at 2011-06-02 18:54
☆ゆすらうめさん、
ご主人のご実家も気がかりですね。
原発が復興の妨げになっていますね。
本当にため息の連続です。
津波の破壊力はコンクリートを砕き、何もかも押し流す恐ろしいものですね。
あまりに長く避難生活が続くと心が折れてしまいそうです。
この時期に全く政府は何をやっているんだろうと怒りを通り過ぎてあきれ果ててしまいます。
Commented by anello63 at 2011-06-02 19:05
☆いかさしさん、
北海道も津波や噴火で何度も災害に遭っていますが、
やはり今回は広範囲で宮城県以外でもバスの車窓から
ブルーシートを屋根にかぶせた家や道路を直している所もありましたよ。
被害を受けた人も相当な数になってしまいましたね。
Commented by youko at 2011-06-15 23:18 x
まだ悲しみが癒えないうちに
被災地のツアーなど考えられません。

見ておきたい気持ちはわかりますが、
避難して大変な生活をしてる方の事を考えて下さい。
静かに見守ってあげられませんか?
Commented by anello63 at 2011-06-16 01:39
☆youkoさん、
被災地の方はどう思っておられるのでしょう?
あの被災地の様子を見て、私は静かに見守ることは出来ませんでした。
一日も早い復興を願っての「福興市」です。
大変な金額が集まっているのになかなか行き届かない義捐金ですが、参加すればツアー代金からわずかですが寄付金が直接渡すことが出来るのです。
福興市で飲食・買物することがこの町の復興に少しでもお役に立てればと参加しました。
私たちが現地でバスを降りたのは福興市の会場と津波に遭った防災センター付近だけです。
観光課の方の案内や説明、町の方の貴重な経験談などもうかがいました。
観光課の方も観光客が来ることで活気が生まれる、是非来てこの被災された町を見に来て欲しいとおっしゃっていました。
先日は南三陸町の佐藤町長様からツアー参加者へと言うことでお礼のメールを頂きました。
『まだまだ復興には長い時間がかかります。
ぜひ、この町の惨状を広くご周知いただき、この過酷な状況の中でも頑張ろうと立ち上がっている町民たちをどうか応援ください。』と最後に結ばれていました。
福興市は毎月最終日曜日に行われるそうです。
名前
URL
削除用パスワード

« home--- << 『南三陸町応援ツアー in 福... LED電球 >>