福島屋


2010年7月18日(日)

姉とお墓参りに行きました。
この炎天下、ご先祖様たちもさぞ暑いことでしょう。

その後はいつものコース(^^ゞ

「PIZZERIA ZONAVOCE (ピッツェリア ゾナヴォーチェ)」
b0120541_1392955.jpg

石窯で焼いたパンはとっても美味しい。
右下は姉のカブのシチュー。
私はシーチキンのペンネ。
サラダもパンもドリンクもおかわり自由で1000円。
選ぶのに困るほど種類の多かったでも「ナチュール」時代が懐かしい。


お隣のお花屋さんをのぞいて・・・
(左上のカーネーションは駅前のスーパーで見て、
あまりにも可愛かったので花の好きだった母の墓前に、この花も)
b0120541_1402466.jpg



「Fantas」でお米の試食(食べたばかりなのに(^^ゞ)、
モッチモチで美味しかったので購入したお米。
ミルキークィーンに近いお米で覚めても固くなりづらいもちもちとした食感。
宮城県産 節減栽培「たきたて」
b0120541_1412866.jpg


「FUKUSHIMAYA」で大きくカットされたフルーツが入った
ロールケーキを買いたかったけれど
この暑さだし、すぐには帰らないのであえなく断念(泣

姉と店内をウロウロしていたら店員さんから声をかけられました。
同じ町内会で幼少の頃によく遊んだ年下の女の子でした。
名乗られて名前は分かったけれど、当時の彼女の顔が浮かんでこないので
失礼ながら何度も顔を見てしまった(^^ゞ
うー、ゴメンナサイ!

私は鏡を見るたびに自分でも怖いと思うほど年々母と似てきました。
彼女は私自身よりも当時の母親に似ていたので私だとわかり
声をかけてくれたのでしょうね。

当時、町内にはたくさんの子ども達がいて学年に関係なく
男女一緒に夕方まで公園で遊んでいました。
あまり遅くなると「人さらいにさらわれる」と親に言われた時代です。
帰りはめったに思い出さないことでしたが
姉とあれこれ話しているうちにあの頃のことを懐かしく思い出しました。


[PR]

by anello63 | 2010-07-18 23:16 | グルメ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://anello63.exblog.jp/tb/13716349
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
削除用パスワード

« home--- << 暑中お見舞い申し上げます ハワイの石鹸 >>