2009年 トルコ旅行記8日目 帰国


これより前のトルコ旅行記は右側のカテゴリ、またはタグの
「2009年トルコ」よりご覧ください。

ライン

2009年2月6日(金)

機内では映画「少林少女」を観たあと爆睡。
ウトウトしながらなのでほとんど記憶なし。
夜中にパンとお水回ってくる。
いやしくも爆睡していても鼻だけは利くんですねく(#^.^#)

機内食は2度出ました。ヘビーです。

帰りの機内食


富士山を上空から久々に見ました。
やはり姿がなんとも美しいです。

富士山が見えました


トルコ航空はエコノミーなのにタオル地のスリッパと歯ブラシや
アイマスクなどのセットも配られました。
スリッパは長距離移動のバスの中で使用。
いと、嬉し(*^_^*)

トルコ航空アメニティ

イスタンブール2月5日夕方6時頃出発したトルコ航空機も
無事日本時間2月6日お昼過ぎに成田に到着。

2月5日(木) スタンブール 17:50T発 TK50(直行便)
2月6日(金) 成田 12:25着 
飛行時間 約11時間35分


2日目の朝から長距離をずっとひとりで
安全運転を心掛けてくれたドライバーさん、ありがとう!

同じく2日目から丁寧なガイドを務めてくれて、
日本のことも詳しい現地ガイドのバルシュさん。
空港まで見送ってくれてありがとう!

そしてトルコへは、もう50回くらい行っているらしい添乗員の北川さん。
ポイントポイントで的確なアドバイスをいただきました。
私が旅行して来たなかで最高の添乗員さんでした。

今回、ツアーのみなさんがとてもよい人ばかりだったことが
この旅行をさらに楽しくしてくれたのだと思います

冬にも関わらず温かく、お天気にも恵まれ、
トルコは自然も人も食べ物もとてもいい印象でした。
また行ってみたいと思う国でした。

辛抱強くお付き合いして読んでくださってありがとうございました。
あと少し買ってきたお土産編などもそのうち載せたいです。


クラブツーリズム
「夢とロマンのトルコ感動スペシャル8日間」
出発日、往復直行便、カッパドキアへの移動は国内線を使用、
この3点をキーワードにこのツアーを選びました。


[PR]

by anello63 | 2009-04-29 01:15 | 2009年トルコ | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://anello63.exblog.jp/tb/10826695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 讃岐おばさん at 2009-04-29 14:56 x
トルコ旅行記、ありがとう~、お疲れさまでした♪
そうそう、添乗員さんで旅行の印象も変わるよね。
いいツアーでよかったね(^_-)-☆
さてさて、いつ行けるかな、早く行きたいな~
Commented by anello63 at 2009-04-29 20:51
☆讃岐さん、
内容がてんこもりだったので手をつけられなくなって、
だらだら間延びしてしまいました(^^ゞ
初めはトルコ行きは乗り気じゃなかったけれど思いのほか素晴らしいところだったので本当に行ってよかったです。
トルコは真夏は炎天下日陰のない遺跡を歩いたり、ちょっと厳しいかもしれないですよ。
もうじき讃岐さんは台湾ですね、おいしいマンゴー食べて来てくださいね。
Commented by バーバ at 2009-04-29 21:53 x
トルコ旅行記、楽しませていただきました♪
良いツアーを選ばれたようですね^^
ところで、中学・高校時代はトプカピ宮殿と発音していたような・・・・・
その宮殿に枕のようなエメラルドってありましたか~?
撮影禁止だと分かっていても画像を期待してしまいました(笑)

私の周りでは続々、ツアーをキャンセルしている人が増えています
SARSの時はガラ~ンとした成田から飛び立ちましたが、今回は私もちょっと尻込みしています(^^ゞ
Commented by anello63 at 2009-04-30 01:05
☆バーバさん、
ありがとうごいました♪
大変に楽しい旅でした。
バーバーさんも「トプカピ組」ですね。
>その宮殿に枕のようなエメラルドってありましたか~?
ふむ~・・・記憶にありませんが。
大きなエメラルドのついた短剣というのはありましたけれど。
見逃したのかも・・・
残念ながら「撮影禁止」とわかっているとやはりなかなか撮れませんね。
ちょうとゴールデンウィークまっただ中で予定を立てていた方は大変でしょうね。
Commented by banban0501 at 2009-04-30 07:14
トルコ旅行記 たくさんアップしていただき
詳しく解説もあって 楽しませていただきました

いつか トルコにいってみたいな~

本場のトルコ料理を味わい 尖塔のある建物群の異空間を是非
楽しみたいとおもっています

ありがとうございました!
Commented by anello63 at 2009-04-30 23:59
☆banbanさん、
ありがとうございます。
旅行記は書いているといろいろ思い出したりして
また行った気になって楽しいです。
ジャミーと呼ばれるモスクもトルコには8万ほどあるらしいです。
トルコと言う国はヨーロッパともアジアとも雰囲気は違いますね。やはり中東と言う感じです。
トルコ調理は本当に日本人に合いますよ。
是非、一度行かれてみてください♪
Commented by yoshio at 2009-05-02 07:49 x
anello63さん、 おかえりなさ~い。以下は帰国便で隣の席にいた大柄なトルコ人青年との会話のひとコマです。私「トルコ航空はスペースがあるほうなのに、足がかなり長くて窮屈そうですね。」青年「非常口のところが一番広いのだけどツアー客でいっぱいなので・・・」私「これから日本へはお仕事で?」青年「母校の東北大学へ用事があって行くところです」私「えー、それじゃ私の後輩ですね^0^ 。ご専門は?」青年「土木工学です。ボスポラス海峡の海底トンネル建設工事で大成建設とその計画に携わっていますよ」青年「イスタンブールはどうでしたか?」私「料理は日本人向きでしたが少し塩気が多かったかな」 青年「それは日本で外食するときと同じことなんです。家庭での料理はそれほど塩気はないんですよ。ところでトルコはどこを見てきたのですか?」私「カッパドキアとか・・・」青年「みんな同じルートですね。例えば日本の京都に行って金閣寺を見ても本当の京都の生活ってわからないですよね。それと同じで本当のイスタンブールは市内を歩き廻らなければ知ることが出来ません。イスタンブールはほんとに魅力ある楽しいところなんですよ。」是非イスタンブールにまた行きたくなった私でした。
Commented by anello63 at 2009-05-02 15:08
☆yoshioさん、
長~い、旅行記になってしまいました(^^ゞ
機内の非常口の席は一番ゆとりがありますね。
一度その席に座ったことがありますが、
トイレが近いために並んでいる人の視線がきになったり、
ドアの隙間からの風(?)がとても寒かったような気がします。
ボスポラス海峡に地下トンネルができるんですね。
海上が混んでいたので便利になるでしょうね。
トルコもそうですが人気スポットを回るコースはみな同じですね。
でも初めて行くにはやっぱり同じになるんですね。
ツアーで無く時間をかけてじっくり回った所はやはり違いますね。
Commented by yoshio at 2009-06-08 19:32 x
anello63さん、こんばんわ。
3月に私がトルコに行ったお返しじゃーないんだけれど、今度は私がお留守番役・・・。実は 妻が同窓会と称して現在1週間ほどイタリアへ旅行中なのです。なんでもイタリアに永住している友人がいて、その方と妻ともう一人の友人の3人が幹事となって小学校時代の同窓会を企画、20名の参加を得て金曜日に勇んで出掛けていきました。
約半年間、この計画のやり取りで毎晩私は電話受付担当(笑) 電話をかけてきた方から、「いつも夜分にすみません」なんて言われちゃったりして・・・。「夫への土産なんて考えてもなかなか難しいよね」ナーンて言っちゃったりして、黒のベルトか小物入れを催促しておきました。抜け目ないね^0^
Commented by anello63 at 2009-06-08 21:08
☆yoshioさん、
奥さま、同窓会でイタリアなんて素敵ですね♪
ちょっと想像もつきません。
でも20名もの幹事さんは大変でしょうが、
現地に在住の方がいらっしゃるなら心強いですね。
お土産は決まっていた方が買いやすいです。
なんでもいい、って言うのが一番困るんですよね。
お帰りが楽しみですね。
Commented by 関西から羽田へ at 2017-10-06 13:21 x
「2007年トルコ」ブログを拝読し、世界遺産と自然、日本人好みのトルコの人々や料理に魅せられて、いつか行きたいなーと思ってたところ、トラピックスでお得な羽田発着10日間+平和島温泉後泊特典付きで関西人には便利なお得プランを見付け このブログと同時期の2/1出発を選んで申し込みました。出発まで何度もこのブログを再読することになりますが、素晴らしいブログと写真を本当にありがとうございました。
Commented by anello63 at 2017-10-07 00:29
☆関西から羽田へさん、
こちらこそありがとうございます。
だいぶ前の旅行記になってしまいましたが、ほんの少しでも参考になることがあれば幸いです。
帰りはスイスの時のように乗り遅れを心配すること無く、安心して旅の疲れを温泉で癒せるなんて素晴らしいですね。
充分に気を付けて楽しんで来てくださいませ。
私たちの海外旅行は春以降になりそうです。
最近は4人揃ってがなかなか難しくなったので日程と先立つ物と相談しながらゆっくり決めるつもりです。
名前
URL
削除用パスワード

« home--- << オヤの付いたカードケース 2009年 トルコ旅行記7日目... >>